UTAの輪の中でともに学ぼう

塩川香世

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。
何をするために今という時間があるのでしょうか。
あなたは、本当の自分を知っていますか。
あなたはどういう存在でしょうか。
そして、死んだ後、どのような状態であるかご存じでしょうか。

UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。
肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、
みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 
私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。
波動の世界がすべてでした。私達は形の世界を本物として、ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。
すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。
このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、誰一人として、心で気付いた人はいなかった。誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。
しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、三十年の学びの時間を経て、私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。
だから、私達は呼び掛けます。宇宙に彷徨う私達の仲間、この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。
もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。ともに、ともに、帰ろうと。
愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。愛は、私達の心のふるさとでした。懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。
私達は、これから、250年、300年かけて、この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。
波動として、存在していることを、ただただ自分達の心の中で感じ合い、共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

あなたは目に見えません。あなたはエネルギーだからです。
日々の生活の中で、自分の作ってきたエネルギーを感じてください。
正しい瞑想をして、愛のエネルギーを心に感じられるようになってください。
何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、あなたの心で知ってください。
次元移行という意識の流れを心で知ってください。

宇宙を思って瞑想をしましょう。

1250) 学びの年月の長い人で、30年を超えている人もたくさんおられます。私が学び始めた頃1993年頃は、チャネリングというのが全盛期の頃でした。2000年頃までにチャネリング講習会というのもあって、当時は特にイエスや仏陀の時代に思いを向けてという、いわゆる自分の過去世を通して学んでいくという試みもありました。
それは、過去世を語ることが主流ではなく、あくまで学びの基本、心を見る、母の温もりを心に蘇らせ、自己供養をするためのひとつの学びの手立てに過ぎませんでしたが、チャネリングだとかチャネラーにとらわれていく人が多かったという弊害も否定できませんでした。
学びの道の回り道、寄り道ならまだしも、学びの道を外れていく危険性を含みながらだったということでしょう。その他にも学びの初め頃は色々とあって、本当に田池先生は大変だったと思います。ですが、田池留吉の意識の世界が、学びを中途半端な状態でその肉を置いていくことはあり得ないことでした。きちんと学びの基盤を整えて、そして250年後の最終時期に託すという目途が立ち自身の今世の仕事を終えたから、一旦肉を消したということです。
ということで、すでに学びの基盤は確立していますので、あとはそれぞれがどれだけ真摯に学びと向き合っていくか、つまり自分と向き合っていくかという課題だけが残されています。
250年後、昔、昔日本という国で、ともに学んだことを思い出すということで、これは250年後からすれば過去世です。しかし、この過去世を思い出すということは、一連の過去世から学ぶということとは訳が違います。非常に大切かつ有効です。日本という国を思い出す、つまりは田池留吉を思い出すということで、喜びが爆発するんです。そして、そのまますごいスピードで次元移行へ向かって突き進む、そういうシナリオになっています。

1251) しっかりと心の指針を確立していれば、もう肉に沈み肉に溺れていくということはあり得ません。ただ、真実に目覚めよという意識の流れは確実に仕事をしていますから、私達人間の心の奥底に眠っているブラックのエネルギーを容赦なく露わにしていきます。ですから、無差別的な事件は頻繁に起こってきます。テロという特殊な組織ではなくても、日常の中に非日常的なことが起こってくるんです。
社会不安が渦巻く中においても、決して見失ってはいけない本来の私達人間が生きる道をしっかりと生き抜いていくことです。
それは、自分の中にしっかりと心の針を向けて、自分の中の温もり、愛のエネルギーを信じ切る、信じ切れるように、日々正しい瞑想を重ねていくことに尽きます。
その術を私達は学ばせていただいています。どうぞ、真摯にひたむきに学びましょう。もう自分を裏切ることなく、本当の自分とともに生きていく本当の喜びと幸せを知ってください。

1252) 今あなたがあなたにできること、してあげれること、やってください。
肉のあなたの思いばかりを優先するのではなくて、あなたの中のたくさんのあなたの思いをしっかりと聞いて受け止めて、そしてともに生きていく方向に、自分の舵を切ってください。
それが本来進むべき道です。肉のあなたの役割、仕事をきちんと把握して、そして今世こそ、あなたの転換期にぜひぜひしてください。
幸せ、喜び、温もり、愛、どれもこれも分かるはずはありませんでした。分かったように錯覚をしていただけでした。錯覚です。早く目を覚まして、本物の幸せ、喜び、温もり、愛の波動を知っていきましょう。全部自分の中にあったことを知っていきましょう。

1253) 喜び上手になりましょう。どんな些細なことでもまずはありがとうと受け取ってみましょう。こんなことくらいでという思いは禁物です。
田池先生が最初に私におっしゃったのは、「あんた喜び少ないな。」でした。
何でも当たり前としてきた私には、喜び少ないと言われたことが、殆どよく分かりませんでしたが、学び始めていくと、本当にそのものズバリでした。
10年間ともに暮してきた夫を夫とも思わずに、私は本当に身勝手に気ままに生活してきました。姑の一言に何くその思いで資格取得に燃えたのですが、それが結果学びをスムーズに進めていく大きな手助けになったのでした。田池先生からは、「あんたを見てたら、学びをするようにするように全部うまく事が運んでいくことを感じる。大学受験失敗も結婚も、そして若くして夫が死んだのもお父さんが病気になったのも、ワンちゃんがやってきたのも、全部そうや。それぞれの点を結んでいったら、そう見えてくる。」こんなことをよく言われてきました。
学びをするようにするように、ああそうでした。全部自分が描いたシナリオ通りにみんな環境その他を設定しているんだということでした。
あなたもご自分のこれまでを振り返ってみてください。
喜び上手になりましょう。肉、形の世界はどんなであっても、学びをするために、自分を本当に学んでいくために、今があることを心から知って、喜んで喜んで生きていきましょう。

1254) 今世の時間がいかに大切なのか分かっていただいていますでしょうか。学びに集い心を見るということを学び始めたということは、本当にすごいことなんです。特別だとか偉いとかそういう意味ですごいのではなくて、自分達の意識の世界の実情がすごいということ、それをそれぞれがしっかりと自覚するチャンスを自ら用意したということ、これは本当にすごいことでした。
肉に生きることなんて容易いことでした。肉を持っている間は自分を誤魔化して、一時の喜びや幸せに逃げ込んで、そして死んだあとは自分の現実が容赦なく覆いつくす、その繰り返しを懲りずにやってきました。どんなにしても地獄の奥底で蠢いているに過ぎませんでした。
その流れを変えるということ、本当の意識の世界に目覚めるということは、並大抵ではありません。誤魔化しは一切通用せずに、真っ直ぐに自分と向き合う勇気が要ります。誤魔化して騙して逃げてきた私達にとって、一番難しいことです。
しかしこの道しかありません。自分の中の流れを変える、逆流を見事泳ぎ切って自ら浮上していきましょう。浮上して見えてくる世界があることを知ってください。

1255) 自分を学ぶために、本当の自分を知るために、今があること、今、肉持って様々な環境の中にあって、そして自分が蓄えてきた、作ってきたエネルギーを知ることができること、それが喜びでした。
本当に思い違い、考え違いをして何度転生の機会をいただいてきたのかということでした。悲しみ苦しみ辛さはその自分の思い違い、考え違いを自分に教えてくれていたのに、それが全く分かりませんでした。全くです。全部、全部、自分の外にあると思い続けてきたこと、本当に愚かとしか言いようがありませんでした。
しかし、愛が存在していました。確かに愛のエネルギーがあるから、何度間違いを繰り返したとしても、こうして、今世また自分を学ぶチャンスを用意してきたんです。自分の中の愛に目覚めよと自分にいざないをしてくれました。
正しい瞑想を重ねていけば、そういうことが心に響いてきます。どんなに愛されていたか、どんなに信じて待ち続けてくれていたか、本当の自分の思いは切なる思いとして、私の中に響き渡ります。
肉と意識。間違い続けてきたけれど、今世は待ち望んできた大きな大きな転換期となりました。

1256) 田池留吉を思うことがただ喜び、アルバートと呼べることが最高に幸せ、一人でも多くの学びの友がそういうふうになって、そして喜んで喜んでともに学びを進めていけたらいい、今回のUTAホール志摩セミナーでもその思いを強く感じました。
それぞれの環境、事情があると思います。ですが、学びに集われた今世を本当に大切になさってください。ご自分を大切に、本当の意味で強く賢く生き抜いていきましょう。
肉に逃げ込む、肉で誤魔化していこうとする自分の哀れさを心から感じてください。もう自分を裏切らない人生、そんな転生に今世こそしていきましょう。
体力、気力の続く限り、最大限自分を学んで今の肉を終えて、そして次の転生へと自分を繋いでいくことを大きな目標にして、そして最終的には次元移行を自分の中で必ず達成させるということを自分に誓ってください。UTAホール志摩セミナー、学びの時間をありがとうございました。

1257) 今世は大切な大きな岐路です。自覚のあるなし、あるいは感じている程度の違いはあります。ただ、大切な大きな岐路の今世だということは間違いのないことです。今世、学びに触れたあなたにとってはそういうことです。それが何を意味するのか、このことによって何を知っていただきたいのか、どうぞあなたはあなたに聞いてみてください。
正しい瞑想がすべてであり、だから正しい瞑想ができるようになってくださいと繰り返し発信しています。あなたの頭ではなく、心で知ってください。心に感じたものを頭で分かろうとする、分析しようとする、無駄なことです。本当のことはそうです、心でしか分からないんです。なぜならば、本当の世界は波動の世界だからです。しかも、田池留吉、アルバートの波動の世界だけがたったひとつの真実の世界です。
これが本当だと分かってくるのは、感じてくるのは、あなたの中からです。中からどんどん響いてくるんです。中からどんどん突きあがってくるんです。それってどういうことですか。あなたの中のあなたが激しく切実に訴えていることに心を傾け、耳を傾けてください。

1258) 17日の志摩セミナーを終えて帰阪した翌朝、ドーンと縦に響きました。ニュースで見たら、その揺れは震度4ということでした。私としては初めての体験です。震度6弱というところもあったそうな。
以下、学びの友よりのメールです。
朝の地震で、瞬時に出た思い。恐怖も、もちろんあるけれど、何もできない自分を感じました。何もできないんだ、では私はどうする・・?
手が少し震えているなあ・・ああ、この思いを見るんだ。
「心をみてください」そんな呼びかけのような思い、私の中に芽生えている。それが、あまりにもやさしくて、うれしくて。この実践を、何度も何度も促されてきたこと、それがセミナーでした。タイケトメキチ、田池先生、お母さん・・・形ではなく、自分の中で呼び覚ますこと
私が私に伝えてくることでした。何があってもここに戻って、思いを向けられる。これが幸せなのかな、そう思いました。

メールを読ませてもらい、思いが上がってきます。
ともに学んでまいりましょう。
心の針をどこに向けているかを確認する出来事がこれからそれぞれの身の回りに頻繁に起こってきます。向け先を知っていることがまず大事なことです。向ける方向は、思う方向はただ一点です。
あとどんな状況になろうとも、それらは全部、肉、形の世界のことだから、そこから瞬間的にすばやく心を、思いを離していけばいいということになります。
いつまでも引きずっていく必要はなく、ただ思いの向け先だけをひたすら定めていこうとする、それが何よりも何よりも大切なことです。
実践です。今世の学びの成果を知っていく実践の機会を用意している、何から何まで至れり尽くせりの中で、学びを進めています。
本当に信じているのか、本当に意識の世界を信じているのか、田池留吉、アルバートの意識の世界にひとつだと、本当に信じているのか、実践を通して自ら学びを進めていくということ、真っ直ぐに真っ直ぐにただひたすらに自分の歩いていくべき道を見つめながらの時間、大切にしていきましょう。

1259) 肉は厄介です。肉は複雑です。意識の世界はシンプルです。厳しいけれど、絶対に裏切らないです。肉の優しさは状況が変われば簡単に裏切っていきます。意識の世界の厳しさに裏打ちされた優しさこそが本当の優しさでした。肉基盤ではそういうことが絶対に分かりません。
今世をあなたの転換期にしてくださいというメッセージを、あなたはどの程度自分の中で咀嚼できているか定かではありませんが、今一度真剣に真摯にこのメッセージの重みを受取っていただければと思います。
ワン・ツー・スリーの瞑想で色々とそれぞれに心で試してみてください。
ただ自分のエネルギーを肉体を通して感じていく、それで精一杯というのではなくて、そこから、そこから次の一歩をどう踏み出していくのか、あなたの中は苦しいエネルギーはみんなそれを待っています。舵の切り方を誤らないでください。正しい舵の切り方を、その肉を持って教わってきたのです。

1260) 学びの友がメールをくれました。
今朝の地震があって、天変地異に思いが向きました。地震が起こったときは、瞬間、恐怖の思いが出て、でも、そのあと天変地異に思いを向けたいと思いました。
地球も田池留吉と同じで待ち続けてくれていたということが伝わってきました。言葉にならない思いでした。すごい環境で肉を持たせてもらっていることを感じました。ありがとうございます。これから、しっかりと、たくさんの意識とともに学んでいきたいです。ありがとうございます。

18日の大阪を震源とする6弱の地震によって、色々と思われている方も多いでしょう。活断層云々ではなく日本全国、津々浦々揺れてまいります。アマテラスのお勉強、喜んで進めてまいります。
 
1261) 何ひとつ不必要なものはありません。どんなことも学びの機会だととらえて、自分の中に心の針を向ける訓練を重ねていきましょう。
心を開いていく、意識の世界の中にどんどん入っていく、そしてそれはただ喜びの思いだけで、ここが大きなポイントでしょう。
ただ喜びだけがあるということ、意識の世界には喜びしかないということ、しっかりとしっかりと学んでいくだけです。
そして、委ねていけるのは、全部を託していけるのは、田池留吉、アルバートの波動の世界、意識の世界しかないということ、それを知る、確認する、確信する、学びのハードルを喜んで喜んで超えていきましょう。
愚かな肉を持って学ぶ難しさと、愚かでも肉を持っているから学べる喜びを感じながら、ひたすらに自分が決めてきた愛に帰る道を歩いていこうとする思いを着実に育んでいきましょう。

1262) 学びの友からのメールです。本当のことを学ぶのに、老いも若きもありません。男も女もありません。みんな死ぬまで元気で喜んで楽しんで学んでいきましょう。今世、待望の肉をいただき、本当のことを知る、間違ってきた自分の生き方を知る、絶好のチャンスを用意してきたんです。しっかりと目を覚ましましょう。

私は今年の二月に八十五歳の誕生日を迎えました。
九十歳までなんて、とても生きないだろうと思っていたのに、九十歳は目の前に迫っていることに驚きました。
このまま死ぬわけにはいかない。私は何一つ確立させていない。
母の温もりも今ひとつ、産んでもらってありがとうも心から思えているか?、その他いろいろの事柄が、みな中途半端なのだ。
遅きに失した、後悔しても始まらない、やるしかないのだ。
 出来たりできなかったりの瞑想を、確実に日に三十分すること、夫に出す思いを克明に見ること、の二つを実践することを肝に銘じて、日々を過ごしていました。
 軽度認知障害のある夫に出す思いは、今日こそは優しくと思っても、寝るときには、後悔の毎日です。愚かで冷たい私を見せつけられています。
 瞑想をしていたら「心を見る」。此のことを教えてもらったことは凄いこと、「心を見てそのエネルギーを知る」。ず~と言い続けてこられた文言だ。これを知ったということは,計り知れないほどの大きな宝を与えられていることか! 意識の転回は覚束ないけれど、今世このことを知ったことは凄いこと、生き方変わるものね。
 困ったことに遭遇した時、真剣に心を見ていたら解決策はおのずと湧いてくる、試行錯誤しながらも良い方向に向いていく体験を何度かしました。これは肉の次元のことですが、心を見る楽しさを知りました。
 「肉を整えることぐらいは簡単やで」と田池先生は言っておられた。肉体的にも、経済的にも大変な時期がありましたが、それを何とかクリヤーできて安堵してしまいました。
 長い長い学びの末、いまだにこのようなところをうろついていますが、来世の転生には「心を見る」ということを絶対につなげたい、と強く強く思った途端、突然怒涛のような喜びが、嬉しさが何度も押し寄せてきました。「産んでもらってありがとう」と叫んでいました。全てのものに感謝、感謝、感謝の念が湧き、涙は頬を伝い続けました。こんなにすごい喜びは衝撃的でした。湧き上がる歓喜、こんな世界があったのですね。やっと一歩が踏み出せそうで嬉しいです。 ありがとうございました。

1263) アマテラス。ともに学ぼう、そしてともに帰ろう、そういざなっていく喜びが響きます。
アマテラス。愛しいアマテラスでした。自分の帰るべきところが分からずに彷徨い続けてきたアマテラス。苦しいことも悲しいことも辛いことも全部飲み込んで、我を見よと虚勢を張ってきた哀れさを、ようやく真正面から受け止めていける機会を得ました。
「あなたの中の喜び、温もり、愛のエネルギーを知っていきなさい。そして信じて信じていきなさい。」ストレートに届いた波動の世界でした。
田池留吉、アルバートと心から心から呼びたかった思いをしっかりと確認して、心から呼んでいく喜びと幸せを味わっていきましょう。
帰っていく方向をしっかりと見定めて、そこに心の針をしっかりと合わせていきましょう。
全部自分自身が選んでいくことです。決めていくことです。強制も何もありません。ただ願わくは意識の流れとともに、意識の流れに沿って、ともに歩みを進めていこうということだけです。

1264) 苦しみはどこからくるのか、悲しみはどこからくるのか、怒りはどこからくるのか、心で分かっていますか。分かってきましたか。
分かってください。そして、思う方向を180度変えていきましょう。
肉から意識へ、肉から意識へ、どんなときもこのことを忘れずに、間違って生きてきたけれど、私は生き直します、本来の私に戻ってまいります、そう自分に言って聞かせてください。
自分の中がひとつになって力強く突き進んでいく喜びと幸せをどんどん感じていってください。
心から心から待ってくれていた、信じて待ってくれていたと、田池留吉の肉を通して、真実の波動の世界からのメッセージを私達は受けてまいりました。
真っ直ぐに本当に真っ直ぐにあなたの中に届いているはずなんです。
受けてください、受けてくださいと真っ直ぐに届く波動のすごさ、素晴らしさです。どんどん、どんどん感じて感じて、そして、必ず帰る、必ず帰るよと約束を果たしてください。約束です。ともに帰りましょう。

1265) どんな自分であってもいいじゃないですか。ただ、今、自分の出す思いを確認できる今が、ただありがたい、そうではありませんか。
ありがたいんです。今だからこそできるんです。心を見てくださいと教えてもらったから、心の針の向け先がいつも外ですよと教えてもらったから、こんなありがたい今はありません。
きちんと自分の生きていく方向を自分の中に確立できることは、すごいことです。自分の中の愛の自分を信じられることは、これほどすごいことはありません。
右往左往して生きてきました。自分の中に本当の中心棒がなかったから、不安で恐怖で、そして底知れない寂しさに翻弄してきた、そんな生き方しかしてこれなかった私達でした。哀れでした。しかし、今は、そんな自分がたまらなく愛しくてとなっていませんか。もう二度と自分を裏切らないという思いで今世を迎えたはずだ、そう思い当たりませんか。
思い出してください。思い出していきましょう。

1266) 喜んで喜んで生きていく、生活をしていく、何でも当たり前で欲を欲とも思わないできた私達には、それは簡単なようで難しいことです。
本当は、ただ今ここに存在していることが、ただ嬉しい、ありがとう、それだけでいいんです。そして、それは自分が肉という形を持ってきている意味を心から感じていなければ、嬉しい、ありがとうも少々、いいえ大きく違っています。
それでも文句を言い、不平不満を言い、暗いエネルギーを垂れ流しているよりも、嬉しいね、ありがとうと思って生活をしていくほうが、はるかに、はるかにいいです。
そういう生活を送りながら、ごめん、真っ暗な真っ黒なエネルギーしか流してこなかった、心からそういう思いが突きあがってくればくるほどに、同時に喜びが何とも言えない喜びが噴き出してくる、そんな学びの時間を持っていけば、ふと気がつくと変わっています。心に感じるものが、同じものを見ていても、同じことを聞いていても、以前とは変わっています。
心の体験です。自分の中の変化を楽しんでいってください。

1267) 思いの世界だけです。あるのは思いの世界だけです。その思いの世界に私達は生きています。あの人、この人の区別なく、ただ思い、エネルギーの世界がそこにあるだけ。
しかし、違う点がただ一点あります。思いの向け先です。何を思うか。何を信じているか。この思いの向け先で住み心地、居心地が全く違います。
形の世界に自分もまた形を持って存在しているときは、いくらでも紛わすことはできても、自分に肉という形がなければ、それは叶わないことです。住み心地、居心地の劣悪さがもろにきます。
まさに天国と地獄の違いです。いいえ、天国と地獄という表現は適当ではありません。そんな次元のものではないと言えるでしょう。
ああ、田池留吉、アルバート。そして愛。そう思いを向けられる喜びと幸せを、本当にどんどんあなたの中で味わってください。
肉、形の世界にあるあなたではなくて、意識、波動、エネルギーとしてのあなたをどんどん知って、そして苦しみから喜びへ自分をいざなっていきましょう。それができる私達でした。

1268) 私達のするべきことはただひとつだけです。そのひとつのことをしっかりとやり遂げて、今世の肉を終えていくだけです。もちろん、やり遂げるといっても、100%ということではありません。それぞれに今世予定してきたところまできちんとするという意味です。
つまりは今世を自分の次の転生に繋いでいく足がかりの手ごたえを自分なりに感じるということでしょうか。
今世は今世の予定があります。それは自分で計画してきたことです。
一番大きな計画は、今世、あなたは学びに集ったということです。
なぜあなたは学びに触れたのですか。決して偶然ではないんです。学びに触れるということがどういうことなのか、まずはそこの基本をきちんと自分の中で押さえていなければ、せっかくのチャンスが本当に無駄になってしまいます。
学びに触れさせた自分の思いを軽く見ないでください。疎かにしないでください。綿密に立ててきた自分の計画、愛、心のふるさとへ帰る自分の計画を決して無駄にしないでください。

1269) 私は大宝ホールで月に一度、「ともに瞑想会」というお勉強会をさせていただいています。学びの友とともに学ぶために大宝ホールを使わせていただいていますが、地域での学びについてのルールを少々無視したところがあります。始めるときの動機が少々不純だったので、地域をまたいでの参加という形になっています。その点につきましては、どうぞご容赦ください。
基本的にはどなたでも参加していただきたいのです。ともに瞑想をするという喜びと幸せを味わっていきたいという思いでいます。
ただ、場所の広さということで、人数は制限されます。その時々に参加者を募集するというのも作業的に無理です。誰かお手伝いしてくれる人でもあれば、それも可能かもしれませんが、それも現実的ではないでしょう。
ということで、どなたでも参加OKということが基本にありますが、顔触れが決まっているというのが現状です。
その「ともに瞑想会」も今年の8月で丸4年になります。私なりにメッセージをその都度発信していくお勉強の場なので、色々とご意見もあろうかとも思いますが、もうしばらくは続けていこうと思っています。

1270) ともにあることを確信できれば、こんな嬉しいことはありません。ともにあることを確信できれば、もう右往左往することなく、どっしりと落ち着いて生きていけます。肉、形はここにあれども思いはここにない、そういう状態で生きていくことは可能です。
思いの向け先だけを確認。意識の世界は正直です。間違った思いは自分の中に苦しみとして響きます。間違っていますよと自分に自分が教えてくれていることを、素直に受け取りましょう。
元々何もなかったんです。あったのは喜びと温もりだけでした。真っ暗な真っ黒なエネルギーを吐き出してきたから、それはきちんと自分の中で元々あった喜びと温もりのエネルギーに変えていかなければなりません。いかなければといっても、肉では何もできません。
肉は、変えていけるように自らをいざなっていることに気付いて、ああそうだった、変えていけるんだと喜んでその作業に勤しみましょう。
待ってくれていた、これからも待ち続けてくれる、そのことを感じ始めたならば、ひたすらに素直にこの道一本です。

1271) すべては自分が決めて選んでいくことです。どう生きていくか、それはもうすでにどなたの中にも伝えていただいています。ただし、心を見ることを知らない人、見ようとしない人は、結局は自分の闇の世界から出ることはありません。
自分で自分を抑え込んで苦しみの中に落としていっているという意識の世界の仕組みを心で分かってこなければ、生き方も存在の仕方も何も変わりません。
影の世界でいくら富や名声を得ても、所詮は闇の中。喜びも幸せもつかの間のものです。そうじゃない、そうじゃないんだ、そんな消えてなくなる喜びや幸せではなくて、確かなずっと変わらない喜びや幸せがあるはずだ、探して探して探し続けてきたのではないでしょうか。
私はそうです。確かなもの、何があってもどんなに時を経てもずっと変わらないものを探し続けてきたから、本当に今世の出会いは、これはこれはという思いでいっぱいでした。
出会いでした。出会いがあったから本当に道を間違えてきたことを知り、本来の軌道に自分を乗せていけたのです。
私達は形の世界の中に生きているのではなくて、思いの世界に生きているんだと、繰り返し自分に確認してください。

1272) 今日から2018年後半スタートです。そして橿原セミナーです。橿原の地でこうしてみんなとともに学ぶ時間を持てることをただ喜んでいきましょう。
田池先生とともに何度も学ばせていただいたところです。琵琶湖セミナーもそうですが、ここ橿原にも思い出がたくさんあります。
二上山を眺めながら巫女の心を温もりの中へ、愛の中へいざなってまいりましょう。
そこのところを引き金にして、どうぞアマテラスの思いをどんどん解き放していく瞑想に取り組んでください。
田池留吉の肉は無けれども、私達の中の田池留吉の世界は永遠に無くなりません。それが私達だからです。
二泊三日、肉の心と身体はリラックスさせて、しかし、意識の世界はしっかりと針を向ける合わせることをやっていきましょう。
これからも、想定内、想定外を問わず、様々な事が起こってきます。意識の世界を揺らす大きなエネルギーが存在します。ともに歩みを、ともに学びを、そういざない続けてくれている田池留吉、アルバートの思いを心で受けてください。

1273) 橿原セミナー、ありがとうございました。家に帰り、UTAブックさんのホームページで好きな言葉を見ました。大和は国のまほろば、私の大好きな言葉でした。次元移行を伝える意識の流れの計画は、日本の国を外すことはあり得ませんでした。アマテラスの国、日本。田池留吉の意識の世界という真実の波動の世界は、日本を目指してきました。そして、アマテラスの意識、私達もまた日本を目指し、そして波動として出会わせていただいたのでした。
私の住む上町台地にももちろん大きな意味があります。離れがたい思いを心に感じ、私は私の中のアマテラスの喜びの雄叫びを、田池留吉の意識の世界の中で噴き上げてまいりました。
アマテラスが真実の波動の世界に触れ、自らの喜びのエネルギーを広げていく、あなたは私、私はあなたですよのメッセージを真っ直ぐに受け止めていく、その道筋をしっかりと見極めたから、田池留吉の肉は一旦その姿を消したのでした。しかし、その肉はなけれども、私達はともに学びを遂行しています。そんな学びの場を今回もいただき、本当にありがとうございました。

1274) 金の力も神の力も全く通用しない。それがこれからさらに益々明らかになっていきます。嬉しいです。どんな苦しい時を生きてきたか。苦しんで苦しんで狂ってきた真っ暗闇の中で、もがけども、もがけども、真っ暗闇の中でした。
そんな自分の中に、やっと、やっとひとつの解答が見えてきました。そこを突破口にして、見事脱出する道がようやく見えてきました。
こんな嬉しいことはないです。目に映る形の世界は見る影もなく大きく様相が変わっているけれど、それでも、それでもあったんです。帰る道があったんです。愛を捨て苦しみの中を彷徨い続けてきた中で、愛へ帰る道を見つけた、これは本当に奇跡と表現しても決して大げさなものではありませんでした。
奇跡ではないよ、田池留吉、アルバートの思いが来ます。ですが、田池留吉、アルバートの意識の世界、波動の世界と出会わせていただいたことが私達にとっては奇跡なんです、そう私の中から一斉に声を上げています。
喜びの雄叫びを250年後に噴き出していく準備を万全に整えて、今世の日本とお別れです。

1275) 田池留吉を思っていればいい、究極はそうです。それさえきちんとできていればということです。
思うは田池留吉です。思うはアルバートです。思うは母なる宇宙です。
肉を持っている限り、肉の思いはあります。しかし、弱めていくことは可能です。それは肉ではできません。田池留吉を思う瞑想を重ねていくことによって、知らずのうち弱まっていくんです。
また、田池留吉を思う瞑想を重ねていくといっても、欲では続かないでしょう。田池留吉を思うことが嬉しいとまずなってください。呼びたくなるんです。何とかしてくれといって呼ぶのではなくて、ただ呼びたくなる、アルバートと叫びたくなる、そのことをそれぞれに体験してください。
嬉しいだけです。嬉しいんです。思うことが呼ぶことが嬉しい。
思いを馳せることが嬉しい。ともにある幸せを、どんどん自分の中で広げ深めていってください。

1276) アマテラス、何が何でもアマテラスの供養に取り組んでください。愛しい、愛しいアマテラス。ともに帰れる喜びをあなたの心に深く深く広く広く感じてください。
田池留吉、アルバート。ともにともに生きていくことをあなたの心にしっかりと蘇らせてください。
私達は帰ります。母なる宇宙へ帰ります。愛を捨てた私達でした。ですが、今世出会わせていただきました。田池留吉の肉を通しアルバートの波動の世界に出会わせていただきました。私の中の確かな現実でした。
ともに行く道しかありません。一本道が真っ直ぐに続いていることを心は感じています。
波動の世界に、田池留吉、アルバートの波動の世界にひとつだと心から伝えてくれた思いに応えていく道だけが喜びの道です。
繰り返します。今世をあなたの転換期に必ずしてください。必ずしてください。自分との約束を果たしてください。

1277) 間違ってきたことを喜んで認めそして受け入れていく、それができる今が嬉しいとなってくる、そうなってくれば、どんなにすごい凄まじいエネルギーを感じようとも、それで自分を落とし込めたり、そのエネルギーを助長したりはしません。自分を見失うこともありません。
きちんと自分と向き合っていくことがどんなに自分にとって優しいことなのかということに尽きます。自分を自分の優しさ、温もりで包んでいく喜びの中にあったことを感じて、ただただ嬉しいでしょう。嬉しくてありがたくてというふうになってくるはずです。
それが私達です。自分の中の優しさ、温もり、喜び、ただそれを信じて信じて生まれ変わっていきましょう。
ありがとう、心から心から自分に伝えていける喜びの道を、ともにともに歩いてまいりましょう。

1278) 大宝ホールで地域合同のスカイプ瞑想会がありました。参加される方の積極的な反応を期待します。とくにこうするという形はありませんので、どんどん手を挙げていただければ、それに沿った形で学んでいけるのではないかと思いました。
たとえば、テーマーを決めてみんな一斉に瞑想をする。そしてその今の瞑想で感じたもの、感じたことを聞いてもらう。私もそこで何らかの思いを言わせてもらう。それらを聞いたうえで、それではまたみんな一斉に瞑想をしましょうというように1時間を使っていくというのもいいかなと思いました。
とにかく大宝ホールにいる方達が主役です。私はともに瞑想をさせていただき、異語を通してときには種水を通して参加させていただければ、充分幸せです。喜びの1時間を共有してまいりましょう。

1279) 目を閉じて思う、ただ思う。田池留吉を思う。出会いを思う。そして、しっかりと自分に問いかけてください。
私は意識の流れを信じているかと。
意識の流れが伝える次元移行をどう感じているかと。
肉が本物だとする思いがまだまだ根深くあるのではないかと。
先日の橿原セミナーで巫女という言葉を出しました。巫女の思いを引きずったまま今世を迎えた私達だったことをあなたはどのように思っておられますか。
以前に卑弥呼に思いを向けてというお勉強を田池留吉の肉があるときにさせていただきました。私はもう嬉しくて嬉しくて、卑弥呼という言葉の響きとともに、心に響いてくる喜びの思いを素直に語らせていただきました。もちろん、卑弥呼の世界はちっぽけでした。ですが、それはそこから大きく心を広げていける喜びのお勉強でした。
私はアマテラスが本当に愛しいんです。アマテラスの光と影を心に広げてきた過去からの思いを、田池留吉の肉と今世の自分の肉を通して、しっかりと学ばせていただきました。
アマテラスの目覚めがあったからこそ、意識の流れは予定通り粛々と遂行し、全宇宙とともに次元を超えていけることを確信しています。
田池留吉、アルバートの波動にひとたび触れたアマテラスの思いは、もう決して後戻りはしないです。
どうぞ、後ろ向きな思いで学ぶことなく、自分の歩みを一歩前に踏み出してみてください。アマテラスの供養をよろしく。

1280) 今世の出会いを本当に大切にしてください。出会いです。田池留吉の肉との出会い、そして学びとの出会い、もちろん、そこからしっかりと学んでいくという大前提がありますが、とにかく、自分自身の今世の計画を心で分かってください。
どんなに緻密に計画してきたか、それはひとえに本当のことを知りたいと、自分の中の思いが切望してきた証しです。
自分の中に蓄えてきた真っ暗な真っ黒なエネルギーをどんどん感じて、そしてその思いが何を叫んでいるか、本当のところ何を叫んでいるか、どうぞ、心で受け止めてください。
母の温もりがそれを可能にします。温もりが溢れてくればくるほどに、真っ暗闇の思いが語るんです。叫ぶんです。帰りたい。帰れるのか。本当に帰れるのかと。
何度も何度も聞いてきます。そのたびにあなたが肉を持っているあなたがしっかりとそれに応えてあげられないようではダメなんです。
ともに帰ろう。しっかりとはっきりと応えてください。それがただひとつの喜びの道だということを、本当に学んでください。

1281) 思うは田池留吉です。どんなときも忘れずにいてください。どんなときもです。生活をする中では、それぞれに様々なことがあります。受け入れがたい事も起こってくるでしょう。受け止めていくことに時間を要する現象もあります。それでも事実を事実として受け止めて受け入れて、そして、思うは田池留吉だけです。
間違って生きてきた自分を認めながら、そんな自分の中に田池留吉の世界、母の世界だけが真実なんだと、真っ直ぐに思っていけるかによって、その後が全く違ってきます。肉から意識へ自分を解き放つ、それしか自分を救う道はありません。
今世、そしてそれから250年に至る時間の中での転生。自分の中の愛、本当の自分に目覚めていく計画を織り込んでいます。当然これからの転生は、今世と比べられないほどの厳しい転生です。
それは必然です。それだけ私達は切望しているんです。自分に本当の自分に目覚めていくことを。
自分に目覚めていくために立てた計画です。自分の中の愛が仕事をしているんです。自分にしっかりと応えていきましょう。

1282) 今世という時に自分を繋いできた重みは、学びに触れた人であるならば、心に感じているはずです。
これまでの転生とは全く違う人生の時間にしてください、今世を自分の転換期にしてください、このメッセージがあなたの心に届いていますか。
メッセージ通りにあなたの今世をお過ごしください。田池留吉、アルバートからのメッセージをしっかりと心で受け取って、ということはその波動を心で受け取って、どうぞ、本当にご自分を大切になさってください。
そして、ともにある喜びを、波動の世界を心に感じ、次元移行の流れに乗って、さらに真実の世界を極めてまいりましょう。
肉、肉で自分を苦しめてきた間違いを心から詫び、自分を見誤り見失ってきた過去の自分とともにしっかりと生きていくことが、自分の未来を変えていくことを知ってください。
過去も未来も今という一点にひとつであると心で知っていけば、目の前が開けてきます。感じる嬉しさを禁じ得ません。

1283) 今学べる素晴らしい環境の中に私達はあります。学びに集わせていただき、それぞれに学んでまいりました。その時間はたっぷりとありました。
とこのように、すでに過去形の文章になっています。そうです。あとはそれをどのように活かしていくかというところです。
よって、今それぞれがそれぞれに持てるものを総動員して、今世の学びをしてください。
とはいえ、肉の心と身体はゆったりとすることをお勧めします。ポイントを外した学び方では、がつがつしても結果は出ません。
真摯に、素直に、ひたむきに、という姿勢が大切です。
学びはいわぱ反復トレーニングです。しかし堂々巡りではありません。中心がぶれずに着実に前進という軌跡を描く、そんな学びの歩みを目指してください。螺旋階段を思い浮かべてみてください。上から見ればぐるぐる回っていますが、横から見れば確実に上がっている、そういう学び方を心掛けていきましょう。

1284) 梅雨明けして本格的に夏です。連日の暑さ、体温以上の猛暑日も続くと予報にあります。暑いことは暑いですが、たっぷりと汗を出したあとの爽快感を味わいながら、思う喜びとともに生活をしていきましょう。
今、今という時を喜んで過ごしてください。気の遠くなるような長い時間を経て、ようやく今世を迎えました。
意識の世界の計らいにより、ようやく今世を迎えたのでした。
真実の波動の世界に触れる幸せと喜びの中に、自らをいざなってきた自分自身の思いをどうぞ、どうぞ大切にしてください。
思うは田池留吉です。思うはアルバートです。そして思うは母なる宇宙です。ともにともに歩みを進めて、そして必ず次元移行達成という計画を完遂してください。

1285) 自分を見失ってきた、見誤ってきた、苦しみ悲しみの元はここです。喜び、幸せ、温もりを追い求めてきたけれど、苦しみ悲しみの元をそのままにしてきたから、それらは儚いものでした。
それでも生まれてくればまた同じことを繰り返していきます。儚く消え去っていくものに思いをかけていく人生を展開していくしかできませんでした。苦しみ悲しみの元はこうだ、元がこうだから、苦しみ悲しみを引きずっていくんだと誰も伝えてくれませんでした。
自分を見失ってきた、見誤ってきたなんて、到底思えませんでした。
そして、今世を迎え学びに集い、自分の肉を通して学んできたということですが、どの程度学んできたのか、学んでいるのか、それはそれぞれ自己採点してください。
肉からの脱却は難しいという現実は確かにありますが、それでも、今、様々な現象から私達に気付きを促し、修正を促しているんだということは、読み取れると思います。しっかりと読み取っていきましょう。そして、本来苦しみ悲しみは何もなかったことを心から知っていきましょう。

1286) 次元移行へと意識の流れは着実に粛々として流れています。色々な現象により形の世界が崩れていきます。崩れていくんです。どんなに守ろうとしても崩れていきます。
心を見るしかありません。しかし、今殆どの人が心を見るということを知らない、分からないというのが現実です。幸いにも学びに触れた私達は、心を見ることを伝えていただきました。どんな心を、どんな思いを垂れ流してきたか。特に祈りのエネルギーがどんな凄まじいエネルギーなのか、それぞれの肉体を通して学んでこられたと思います。祈って救われるのならば私達はとっくの昔に救われています。
肉、形の世界が崩れていけばいくほどに、祈りのエネルギーが満ち溢れてきます。祈る心をしっかりと見ていきましょう。何に向かって祈っているのか。何を思って祈っているのか。その思いの間違いが形となって自分達に示しているんだということ、それぞれがそれぞれの心で知っていくようになっています。
正しい思いの向け先を見失ったまま生きてきたことを嫌というほどに知らされていくでしょう。知らされてということですが、それは決して苦しみではなくて喜びなんだということが心で分かってくれば、それはいい状態だと思います。

1287) 自分に本当のことを伝えていける時間を私達は用意しています。今の自分の肉を通して、そして今の自分の環境の中で、様々な思いが出ます。
学んできたから、苦しみだけを膨らませていくということはもうないと思います。ブラックを感じてもそれがよかったとか、嬉しいありがとうと変わっていく、変わっていけることをそれぞれが体験されていると思います。
もちろん、私達は人としての優しさや思いやり、気配りも発しています。ただし、それはどんな時も変わらないかといえば、そうとは言い切れません。条件、状況、環境が変わってくれば、同じ相手に対して真逆の思いを出す可能性があることを心得ておかなければならないでしょう。
それが肉、形を基盤とした人間の心模様、心の世界です。
そういうことを私達は学んでいるのではありません。自分に本当のことを伝えていけるか否かを学んでいます。伝えていくためには本当のことが何であるのかを心で分からなければなりません。
あなた、学びのポイントを外していませんか。要チェックです。

1288) 愛へ帰ろう。愛へ帰ろう。ただその呼び掛けだけがしっかりと聞こえます。
どんなにこの時を待っていたか。待ってくれていたか。今を外してもうあとはないこともしっかりと心に伝わってきます。
間違い続け狂い続け、自分を奈落の底に突き落としてきた冷たい自分の世界から、そんな自分の世界へ、愛へ帰ろう、愛へ帰ろうと呼び掛けがひっきりなしに上がってきます。
消えてなくなるものばかりに執着してきた己に辟易しながらも、そんな自分だったからこそ、出会いを切望してきた思いを感じることができたのだと思っています。
出会いでした。千載一遇の出会い。その出会いを用意してきた私達ほど幸せな存在はないと私は断言できます。
一方、肉、形の世界では様々な事が起こっています。確かに複雑な世の中で生きにくい世の中です。心に眠る闇、心の歪みが色々なところから露見しています。加えて自然災害の様子にも変化が見られます。身近なところで見てみましても、6月18日の大阪北部を震源とする地震から僅か1か月の間に、西日本豪雨そして連日の猛暑と慌ただしく報道されています。
そのような肉、形の世界の現象からあなたは何を思っていますか。心に上がってくる思いはどんな思いでしょうか。

1289) 巫女の心、巫女の思い。悲しく辛く寂しく、しかし神の声を聞けるあなたは偉い、素晴らしいと自らを奮い立たせるしか生きていく道はありませんでした。そんな巫女の心、巫女の思いを、どうぞ、母の温もりの中へ帰してあげてください。ともに戻っていこうと、今、肉を持っているあなたがあなたに勇気と本当の優しさでもって抱きかかえてあげてください。
そして、もう何も求めなくていい、本当のことは本当の優しさ温もり喜びは自分達の中にあったことを確認してください。

学びの友から以下の反省文がメールで届きました。一読してみてください。
何度生まれても、何度死んでも、転生をどれだけ繰り返しても、私は巫女として生きました。その人生において、幸せだった時は無かったです。全部失敗。真っ黒の上塗りをして、どうしようもない自分を助長してきました。日本でも、他の国でも、常に同じ心を使ってきました。
今世、チャネラーとなり心を少しでも開いたのは、そんな苦しみの自分を救うためでした。何年も何年も過去世の自分の心を聞きました。苦しみと恨みと呪いの中で死んで行った自分。チャネラーとしての自分を大きく前に出して、崇め奉られる事を願い、最期は常に同じでした。
石もて投げられて、死んで行く自分。最期は絶望だけ。己を表し、苦しみだけで死ぬ自分。同じ事を繰り返してきました。真っ黒の宇宙しか知らなかった。真っ黒の壁を自分の周りに作り、決して人を信じず、我さえも信じず、全てを足蹴にして捨てて来ました。そんな自分が、苦しみを語ってきました。どれだけ苦しかったか。死ぬしか無かった自分の過去世。最期はいつも自死しかなかった。人を恨み、憎み、呪って来た自分。そして自分さえ抹殺しなければならなかった心。そんな自分が今世、初めて普通に生きられました。田池留吉と出会い、初めて人を信じていいんだと教えて頂き、自分は肉じゃないと分かった。肉の自分は真っ黒しかない自分。
でも、反省を通して垣間見えた、本当の自分の優しさに驚いたのです。
反省のあと、心を開いて初めて見えた本当の自分は、どこまでも優しい自分でした。その自分こそ田池留吉なんだと心で知りました。「私は愛でした」そう思います。過去世で数えきれないくらいやってきた巫女は、今世を境にもう終わります。今世は方向転換させて頂けたのです。田池留吉に出会えたことは奇跡です。でも、私は強く強く望んで生まれて来ました。
必ず出会うと、真実に出会うと望んで生まれて来たのです。まだまだ先は長いです。でも、この道しか無いことを、知っています。巫女だった過去世は、今応援してくれています。今世も、やっぱり自死を願って来た私だったけど、過去世も応援に回ってくれて共に共にと願ってくれています。
初めて普通の人として生きられた今世、哀しかった過去もみんな変わって来ています。ありがとうございます。これから、私はこの道を共に歩いて行きます。田池留吉、ありがとうございました。巫女として苦しみの中に生きた過去世の私も今、喜んでおります。愛しか無かった、その中で自分が作った闇の中で蠢いてきただけだった。気付かせて下さってありがとうございます。私は愛でした。そう、喜びで叫ぶ過去世と共に、これからも学んで参ります。

1290) 意識、波動の世界に生きている、存在しているんだという喜びを知っていけば、肉、形の世界にとらわれる思いが段々と薄れてきます。弱くなってきます。
それでも肉を持っているから、その肉を通して様々な情報が入ってきて、そこで肉の表面の心は揺れるでしょう。全く揺れないなんて考えられません。そんなのは嘘です。
ただし、その揺れる心の揺れがどの程度なのか、それを深部にまで広げていくのか、それとも、そこで意識の転回をさっさとしていくのか、実践を通していつも学べる環境に私達はあります。それを学びととらえられない人はみんなその肉の流れの中に、濁流に飲み込まれていくでしょう。
こんなすごい学びに触れているなんて、私達は幸せ者です。
肉の終わるその瞬間まで、楽しんで喜んで自分と向き合っていきましょう。
思うは田池留吉、思うはアルバート、そして思うは母なる宇宙です。

1291) 自分がどんなに幸せで恵まれているか、学びを知り母の反省、他力の反省を通して、自分の流してきたエネルギーを心に感じていけばいくほどに、伝わってくるでしょう。そんなことは自然なことです。当たり前なんです。自分の中がどんなに荒れ狂い続けてきたかを感じられる今がどんなにありがたいか、今世ほど幸せな人生はないはずです。
お金じゃないんです。物でもありません。人でもありません。そんなもので幸せになれなかったことを心から知っていける今世でした。
それは、自分の中の宇宙、その凄まじい宇宙のエネルギーを肉体を通して知っていけたからです。なぜ知っていけたのか。温もりの波動に触れたからです。微々たるものでもいいんです。本来の自分の中の温もり、喜びのエネルギーに触れていけるチャンスが今世にはあったんです。
それが今世という時間でした。どうぞ、今の肉体を持っているこの時、そして学びに触れているこの時、本当に大切になさってください。

1292) 本当の喜びを分かち合える、共有できる友が学びの友です。
肉の関係など一切関係なく、ともに今肉を持って、田池留吉、アルバートと心から呼び思える、肉を持ってきた本当の意味を心から知り、今世生まれてきて本当によかった、ありがとう、ありがとうと喜びをただただ喜び合えるそんな学びの友が、一人増え二人増えていくことだけが嬉しいことです。そうしていくことが、宇宙を変えていけるんだと確信しています。
肉の私達には何もできません。ただしっかりと心の針を向けて合わせて、ともにある今を喜んでいこうと、そのことを肉は素直に真摯にやっていこうとすればいいだけです。
ただそれだけですが、それは肉を中心とした生き方をしてきた私達にはとても難しいことです。
肉のことならば慣れ親しんできたことだから事は簡単です。取り繕い誤魔化す術を知らずのうちに心得ています。何とかすれば何とかなる、何ともならなくとも何とかしてみせる、そうして生きてきた時間は膨大です。
そこからいかに方向転換をしていくか、心に感じ響く度合いによって違ってきます。気付いた人から始めてください。ともに進んでまいりましょう。

1293) 私達は帰ります。約束してきた通り、今世の出会いを持たせていただきました。心から待ってくれていたことを知り、間違ってきた自分の歩みをしっかりと抱きしめ、そしてともに行こう、いざ行かんの力強いいざない、呼び掛けに応じていくことが、本当の喜びの道であることを知りました。
世の中、濁流は容赦なく打ち寄せてきます。ですが、濁流、激流に飲み込まれず沈まず、清流、意識の流れに乗っていきましょう。
もう私達の目指す道ははっきりと見えています。その道をどうぞ、あなたも自分の心の目で見てください。しっかり見て、そしてともにある喜びを心で受けてください。
苦しいとき、悲しいとき、辛いとき、どうすればいいのか、今世の肉を通してしっかりと伝えていただきました。そうです。心の中にすべてがあったことをしっかりと思い起こし、ただただひたすらに、母を、田池留吉を思ってください。ともにある喜びを心から心から伝えていただいたことを、あなたもしっかりと心に広げてこれからの時を迎えてください。

1294) UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。参加された方、どうでしたでしょうか。その時、その時にふっと心に上がってきたものを通して、互いに学ばせていただきありがとうございます。
どうぞ、心で感じた波動の世界、波動の世界に生きている私達なんだと、まず信じてください。
セミナーの最後に語らせていただいた通り、肉、形の世界は崩れていきますが、私達の心の世界、意識の世界はどんどん広がっていくことを信じられるようなあなたの学びであってください。
そしてともに歩き、ともに行きましょう。酷暑、猛暑の中、約50名の方々が集い、2日で4時間をともに学ばせていただきました。
互いに体調管理には気を付けて、今世の肉の人生、実り多き人生として、そして250年後の再会へと繋いでいってください。

1295) 淡々とやっていくだけです。淡々とやっていくことが喜びだからです。
本当の喜び、温もりを私達は知っているんです。ただ遠い昔に捨て去ってしまいました。そして捨て去ってしまったことにもなかなか気付けませんでした。今世こうして肉を持って学びに触れ、あなた間違っていますよ、何が間違っているのか、なぜ間違えてきたのか、気付いてください、待っています、いつまでも待っていますと何度も伝えていただきました。
根本的に間違ってきたこと、だからその根本を180度変えていくことを、様々な表現を通して、これまでに学んでまいりました。
自分を信じることさえ、どういうことなのか分からなくなってしまった私達に、信じています、私はあなた、あなたは私、ひとつと堂々と真っすぐに言ってくれました。
ひとつが嫌でした。区別差別、競争、闘いを好んで同列を決して許さなかった心に届いた波動は衝撃的でした。
衝撃的な波動を受けたのが今世だったのでした。間違いなくその波動は届き、そして意識の流れの計画は順調に遂行しています。よって、形の世界は崩れ去っていくことは必至です。
崩れ去っていくこと、崩れ去っていくものに、いつまでも心をとらわれず、どうぞ、本当の自分の世界に自由になってまいりましょう。

1296) どんな思いで今世生まれてきたのかを思えば、私はただただ今の時間が嬉しくてありがたくてということに尽きます。間違い続けてきた自分に本当のことを伝えていける今を自分に用意してきたことを思って幸せです。
心からの望みが叶ったこと、そしてその道は厳しくて険しいけれど、ただ厳しくて険しいのではなくて、それが本当の喜びと温もりなんだと感じられるから、私は、この道をただひたすらに進みます。
思うは田池留吉、思うはアルバート、そして思うは母なる宇宙を合言葉に、私の中の無数の宇宙達とともに喜びで存在していく道、この一本道を進み続けます。
こうして思いを語らせていただくことが喜びです。ともに行こう、いざ行かん、喜びで力強くいざなわれています。ただただこの道を真っ直ぐに突き進んでいくこと、自らに伝わってくるこの思いに、ただただありがとう。

1297) すべてみんな田池留吉の意識の世界が残してくれています。意識の流れの計画を順調に遂行していくために必要なこと、必要なものはすでにもう、田池留吉の意識の世界が布石を打ってくれています。
だから、私達はその意識の流れにしっかりと乗っていけばいいんです。
頭を回す必要もなければ何も要らないんです。一点を見つめてともに生きていく喜びと幸せを感じていけばいいだけです。
すべてはすでに整えられています。田池留吉の意識の世界が肉を持ったという時点で、もうすでに整えられていたんです。田池留吉の肉もまたその意識の世界の計画にしっかりと応じてくれました。
次元移行という意識の流れを遂行していくために必要なものは完全に整えられていると、少なくとも私自身はそのように確信しています。
よって、肉は何不自由なく、また何かあってもいいタイミングで様々なところから協力者が出現してくるということです。それはひとえに、意識の流れを滞りなく遂行させていくためのものです。と、私はそう解釈しています。

1298) いついつに、どこそこでセミナーがありますとお知らせしたら、今だったらとりあえず300名位の方は参加されると思います。大体それくらいの規模でセミナーを進めていけたらいいのではないかと私は思っています。
セミナーは二泊三日であっという間に過ぎ去ってしまうけれど、顔触れが殆ど決まってくるから、互いに密に学びを進めていけるのではないでしょうか。と言ってももちろん、300名に絞るという意味ではありません。
ただ、セミナーがあればセミナーに参加しよう、参加したいとする思いがあって、それが実現できる環境があってという方は、それはそれは幸せな方でしょう。そういう方が300名もいればいいんじゃないですかということです。
そのお一人お一人が、真剣に喜んで田池留吉を思い、アルバートを思い、母なる宇宙を思い、次元移行に思いを馳せていけばいいんです。そんな時間と空間を共有できれば、最高に幸せだと私は思っています。
ともにある喜び、そしてともに行こう、いざ行かんのいざないを心に感じ、ともに波動の世界を学んでいくことが、私達のたったひとつの喜びだと、私の中からは伝わってきます。

1299) 田池留吉を思う、愛を思う、まずそれをしましょう。最優先にそれをしましょう。思うことが目的です。思いの先には何もありません。思うことがすべてです。
肉はあれこれ采配して段取りを整えていけばうまくいくと思っているでしょう。ですが、田池留吉を思うことがなければ、結果的にはうまくいきません。表面上、とりあえずは取り繕うことはできても、また違うところから綻びが見えてきます。
田池留吉を思う、愛を思うということを学んでいない人は別として、私達は学びに触れたのですから、思う思いの向け先がいかに大切であり、それがすべてであるかを、じっくりとしっかりと学んでいきましょう。
思いがすべてであることを知ることです。そして、何を思うか、どこに心の針を向けるか、ここが一番のポイントです。
見て聞いて心が揺れてもいいんです。様々な現象で揺れる心を確認しながら、それでもそれでも田池留吉を選び取ってください。自分の中の愛を信じる方向に心を向けていってください。

1300) 自分の生き方、価値観、それらがすべて全く見当違いだったことを、今世の肉を通してようやく自分に伝えることができました。大きな成果でした。
自分の生きていく方向をしっかりと見定めて、本来の自分の軌道に戻していこうと自らをいざなっているこの愛のエネルギーを、心から感じていける喜びの中にあります。
肉に塗れ、肉こそすべてと生きてきた思いを心にしっかりと認め、そしてそんな自分とともに生き直していけるチャンスを今世いただきました。
田池留吉の意識との出会い、真実の波動を感じさせていただいて、これで歩みを曲げては、もうどうしようもありません。
千載一遇のチャンスでした。自分を蘇らせていってくださいと信じて信じて待ってくれていた思いに触れ、心から泣きました。中から突き上げてくる懺悔の思いがとても心地よかった。肉、形の世界では決して味わえない体験でした。
お金で幸せになれない。神もダメ。神の声を聞いてどんなに狂ってきたか、自分をないがしろにしてきた結果をたくさん、たくさん受けてきました。
それを伝えてくれて、そして、私とあなたはひとつだと言ってくれた思いを裏切ることはもうあってはならないんです。
心して学びましょう。

1301) 人も周りの現象も気象もみんなみんな伝えてくれています。もう時間はないことを。変わっていきなさい、変わっていくんですよ、そう意識の流れをしっかりと心に感じて喜び、喜びの人生を広げていってくださいと。
すべては喜びの中の出来事。何ひとつ不必要なことはありません。
人間の心の狂気が露わになってくるのも、気象状態に異変が生じているのも、みんなみんな喜びの雄叫びなんだと心で分かるまで、荒れ狂っていきます。それが意識の流れの指し示す方向です。
目覚めを促す力強い本当の優しさの波動です。心で受けて受けてしっかりと受けてまいりましょう。
250年後に繋いでいく準備、捗っていますか。
待ってくれている大きくてどこまでも広がっていく喜びの波動の中で、ともに生きていく喜び、ともにある喜びを共有できるよう、今世の準備を怠りなく進めてください。

1302) 台風12号も過ぎ去り、さて次はいかなる現象と出会えますでしょうか。
その時々の心の動きを確認です。もちろん、日々の生活において瞬間飛び出る思い、エネルギー、喜んで受けていきましょう。
心の針の向け先を確認。ずれていればずれていることを確認して、速やかに向け先を確認。ずれているか否かをどう判断するのか。それはそれぞれの心にきちんと伝えてきます。しっかりと伝えてきています。
それを見逃していては、方向が大きくずれているのに、何の手立ても打たないということで、苦しみを積み上げていく結果となってしまいます。
自己判断を誤っていけば、自ら苦しみの中に沈んでいくことは必至です。すべては自分の世界があるだけです。自己確立の大切さを知ってください。

1303) どんなに足掻いても苦しみを膨らませていくだけです。肉で何とか何とか、それは苦しみの一途を辿る道です。
そこから心を離していきましょう。肉で何とかならないことが、これから続出してきます。何とか何とかできるうちはまだまだです。何ともできない事態に遭遇したとき、自分達ができることはいったい何だろうかと、初めて真剣に思っていくでしょう。
思う、心を向ける、心の針を合わせる、そのトレーニングを日々続けてください。何を思うか、何に心を向けるのか、どこに心の針を合わせていけばいいのか、知識で知っています。
それを具体的に日々の時間の中で実践してください。あなたのその肉がなくても、自分に今やっているトレーニングをしっかりと伝えていけるように、闇黒の中に固まっていくことのないように、寂しさ苦しみの痛みを感じながらも、それでも温かい広がりのある世界に自分を解き放していけるように、今、肉を持っている今、しっかりと学んでいきましょう。

1304) 私達は自分の思いの世界に生きていることを、しっかりと心で知ってください。形の中にありながらそれをするには困難ですが、形の中ではなくて、思いの中にあることを知っていけるのは、形として目の前に展開されていく世界があるからです。そこから様々な思いが引き出されてきます。見たくない、触れたくない思いも数多くあるでしょう。
ですが、しっかりと確認していきましょう。確認できる今を大切にしてください。そして、自分は自分の思いの世界に存在しているとはっきりと知ってください。
その思いの世界が喜びなのか苦しみなのか、それだけなんです。そして何をもって喜びと感じるのかです。喜びは不変の喜びでなければなりません。条件、環境等によって左右される喜びは本物の喜びではありません。
ということは、喜びは自分の外に感じるものではなくて、自分の中に元々あったものだということが、自ずと分かってくると思います。
そんな宝物を肥溜めに沈めたままでは、到底幸せになれるはずがないということ、今世の肉、環境、時間を通して確認してください。

1305) 瞑想です。正しい瞑想です。正しい瞑想ができなければ何も分かりません。頭を回す下らないことをしても、それは下らないことだから、下らない結果しか出ません。意識、波動の世界を学んでいるんです。その世界を頭で分かろうとする、解釈しようとする、それがどれだけ己が偉いことなのか、まだまだよく分かっていない人がいます。
頭優先に生きてきた人生が長かったから、それも当然と言えば当然ですが、それではいつまでたっても自分の中が好転しません。
実り多き人生とはかけ離れた人生でしょう。
いいえそんなことはないと思っておられる人があるかもしれませんが、もしあなたがそう思っておられるならば、人生の意味そのものが全くお分かりになっていないということです。
あなたの人生、どんな人生ですか。何を基盤としていますか。ふたつにひとつの答え、しっかりと答えてください。

1306) 猛暑、酷暑の毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。体調管理をして、瞑想をする喜びの時間を持ってください。
瞑想をする時間、思う時間です。身体と心を緩めてそして思うんです。
欲で思うのではなくて、ただ思う。思うことが喜び、そんな時間をたくさん持ってください。
たくさん持てることが幸せなことだと思います。肉に向いていれば、ゆったりと落ち着いてそしてしっかりと思えないです。
どうしても肉のあれこれに思いがいくからです。肉のあれこれを思っていればそれで生活が成り立ちいいということかもしれませんが、ちっともよくはありません。本当の人生を生きていないからです。
ただ息を吸って食して寝て、笑って泣いて怒って、時が来れば死んでいく、それだけの人生なんてどうしようもありません。
生まれてきたこと、生まれてこれたこと、心から心から自分にありがとうと言えるような人生の時をお過ごしください。

1307) 何度間違い続けても、それでもやり直す、生き直すチャンスを用意してきました。帰りたいと叫んでいるからです。どうぞ、素直になりましょう。
帰りたい、帰るんだと切望している思いを心から救い上げてください。
肉のあなたは程々でいいんです。もっと大切な、いいえ何よりも何よりも大切なあなたの思い、本当の自分の中に帰るという思い、その思いに従順であってください。
絞り出すような心の叫びです。これまでの転生では一撃のもとに抑え込んできました。本当の優しさ、本当の喜び、本当の温もりに出会えなかったから、知らなかったから、そうできたんです。そうする以外に生きていく道はありませんでした。
だけど、今世は違うんです。出会えたんです。知ったんです。意識の流れはその姿をはっきりと現して、力強いいざないを仕掛けてくれています。
喜びです。ただただありがとうだけです。間違いの山積みの中に埋もれていた意識に、どこまでも優しくそして厳しくメッセージを送り続けています。心で感じてください。そして喜んで応じていきましょう。

1308) 何が一番大切なのか。田池留吉とともに生きていくことです。田池留吉、アルバートの意識の世界とともに生きていくことです。
心で知ってください。学びに集ってきた友よ、どうぞ、あなたの今世の時間、大切にしてください。田池留吉とともにアルバートとともに生きていく喜びを心から心から感じてください。
ともに行こう、ともに次元を超えていついつまでもともにある喜びを広げていこう、確かなメッセージを残してくれました。
瞑想を重ねてください。自分の中にすべてがあります。信じていけるような自分に蘇ってください。
確かな布石が打たれています。あとはそれぞれ次第です、ともに行くのも行かないのもあなたの選択決断ですというメッセージ通り、意識の世界は粛々と動いています。
250年後の最終に向けて、ともに心を向けてまいりましょう。

1309) 橿原セミナーまで2週間。楽しみにしています。田池先生との思い出がたくさんある場所で、ともに思いを向けそして語る、その波動を受ける。
こんな時間と空間を今回もまた設定してくださいました。お世話いただくスタッフの方達にはありがとうです。
私は幸せです。次元移行へ向けて、250年後に展開していく地球上最終の出来事を堪能して、そしてさらなる意識の世界へと思いを馳せていきます。
宇宙。宇宙を本当に心から思いたかった。だから母なる宇宙に思いを向けられる今が何とも嬉しい限りです。
間違ってきました。宇宙を闇黒に落としてきたけれど、母なる宇宙への道をしっかりと心に感じて、本来の自分に戻っていく、戻っていけることを知った私は、本当に幸せです。
肉の喜び、幸せを貪欲に追い求めてきた過去。そして、もうそれは自分を裏切ることだとはっきりと知った今世。白黒がはっきりとしています。
自ら苦しみの中に突き進んでいった愚かな過去とともに、ただただありがとうと思いを広げていく道があるだけです。

1310) 喜びの道を生きていくんだ、本当の喜びの道を。そう大きな強い決断をして生まれてきたこと、その思いは私を力強く牽引しています。
何もかも予定通りとはいえ、出会いを実現できたことに、本当にありがとうございましたしかありません。
これから起こりくる出来事、想定内、想定外にかかわらず、しっかりと受け止めていく心の準備をしていきましょう。
喜びで受けていくこと、本当に間違い続けてきたけれど、ようやく自分の生きていくたったひとつの方向が見えてきましたとしっかりと言える、思えること、それらはお一人お一人の大きな課題だと思いますが、意識の流れに乗ってともに歩みを進めてください。
次元移行への道、厳しく険しいですけれど、喜びの道です。帰ってきてくださいとの呼び掛け、いざないを自分の心で確認して、確認できた人からどうぞ淡々と歩みを進めてください。

1311) ともに学べる仲間がいるから幸せです。宇宙の覇者を目指し闘い続け闘い抜いてきた意識の世界に衝撃的な出会いを私達は今世持たせていただきました。田池留吉の肉を通して感じ響いた波動の世界。この中に私達すべての意識が生きているという衝撃的な事実を真っ直ぐに伝えていただきました。
「どうぞ、あなたの心を見なさい。」と厳しくもあり優しくいざなわれたことが、本当に幸せなことだと、しみじみ思います。
私はこの道一本、心に感じ響き広げていける喜びとともに次元移行の流れにしっかりと乗っています。肉の私は平々凡々、愚かです。しかし、意識の私の世界をしっかり心に感じているから、私は本当に幸せです。田池留吉、アルバートを思う、一瞬心の針を向ける合わせる喜びを知っています。
肉、形の世界では絶対に味わえなかった喜びと幸せ。それは正しく思うことから始まりました。
改めて確認してください。何度も何度も確認してください。
ともに学べる仲間がいるから幸せだと本当に感じられるのは、自己確立の結果です。自己確立をしてください。あなたの中の愛を信じることです。あなたの外には何もありません。外に向ければ闇です。そこのところが最大の学びの難関です。

1312) 肉から心を離す、難しいトレーニングです。しかし、果敢にそして真摯にトレーニングです。ただし、このトレーニングはいわゆる修行とは全く違います。修行からくる波動は冷たいです。そうではなくて温かい温もり、喜びの中なんですが、それは真実はひとつだという確たる思いがありますから、厳しさを伴ってきます。しかし、その厳しさは何をも寄せ付けない冷たさではなくて、ともにという思いです。
本物を知っていきましょう。もう偽物は通用しません。なぜならば、真実の世界からのメッセージが肉を通して確実に伝わったからです。この事実、決して軽々しく考えないでください。真実の世界が肉を持ったという事実、すごいことです。
肉、形の三次元の意識に真っ直ぐに伝えてくれた波動の世界。意識の世界の計画は一分の狂いもなく遂行されています。

1313) 自分を解き放つ、簡単なようで難しいです。ですが、こだわりだとか掴む心、少しでも弱めていかなければなりません。
苦しいはずです。苦しいことは止めよう、苦しんでいる自分が間違っているんだというフレーズ、思い出してください。
苦しみの上積みをするのではなくて、苦しみから自分を解き放していく生き方をしていきましょう。
ここだけは絶対に譲れない、そういうものを一つ離し、また一つ離し、何もない本当に何もない世界に生きていければ、どんなに幸せであるかということでしょう。
何もない世界ではないんです。あるんです。広がっていく温もり、喜び、本当の自分がそこにちゃんといるではないですか。
その本当の自分とともに生きていく、ひとつになって存在していく喜びと幸せを、今肉を持っている今、心にどんどん感じていきましょう。
それが喜び人生です。そうは思いませんか。

1314) 母の中へ帰る、愛の中へ戻っていくとも表現しています。
最終目的、自分達の心のふるさと、愛へ帰っていく道を今世から一歩進めてください。
そのためにあなたは生まれてきたのでしょう。そのためにあなたは学びに集い、自分の中のエネルギーを確認する時間と空間を用意してきたのでしょう。
自分の切なる思いから目を逸らさずに、真っ直ぐにしっかりと見つめて、そしてもう決して自分を裏切ることのないように今世を終えてください。
なぜ自分は生まれてきたのか、いつもいつもそこへ戻って、そして、今、肉ある今を大切にしてください。
日々世の中騒がしいです。色々とテレビ、新聞、ネット等で情報が入ってきます。まさしく濁流なんだなあと実感してください。その中で、いったい自分は何をするべきなのか、どうぞ、心から真剣に思ってください。

1315) こだわり、掴む心を解き放つということを書きましたが、それは本当に大事なことです。楽に生きていきましょう。何もない、どこまでも広がっていく、喜びと温もりの中にどんどん進んでいこう。
自分に誠実に真摯に生きる、自分が本当に望んできたことをしっかりと心に思い起こし、そしてその思いを大切に大切に育んていく、これこそが喜び人生だと私は確信しています。
思える喜びを知りました。思えば通じる喜びを知りました。拒否し閉ざしてきた意識の世界に真っ直ぐに伝えてくれた波動の世界を、私はどんなことをしても忘れることはできません。
こんなに待ってくれていたのか、本当の自分の思いをしっかりと感じ、ああ間違ってきた、本当に間違ってきた、ごめん、私は私に詫びました。
しかし、如何せん肉がある私は、愚かな自分を日々見ています。そうではありますが、私の意識の世界は決してもう後戻りすることはありません。
前進あるのみ。思える喜び、思えば通じる喜びを知った事実はとてもとても重いものでした。力強い歩みが愚かな肉にも響き、だから肉に沈むということはもうあり得ないことになりました。

1316) ともに心を向ける、田池留吉そしてアルバートと心から呼ぶ、思える、こんな時間と空間に自分をいざなっています。
これは心の中の出来事だから、それぞれがそれぞれの心に響き伝わってきて初めてああそうだと肉が納得するんです。
心に響き伝わってこなければ、どんなにこうだと言葉を重ねられても、それは半信半疑のことだと思います。
だからあなたの心で分かってくださいということです。心に感じ響いてくれば、瞑想が楽しくなるはずです。なぜならば、自分のこれからがはっきりと心に感じられるからです。どんな自分だったかを深く知り、そしてどんな自分のこれからが待っているか、嬉しさが喜びが飛び出してきます。
心の体験を重ねて、そして自分の行き先をはっきりと知って、本当にそうだった、そうだったと喜びの道を歩いてください。
肉からの脱却。自分に計画してきたことです。心から待ち望んできた生き方を、どうぞ、勇気を持って選び取ってください。

1317) いつまでもどこまでも引きずっていくことは止めにしましょう。苦しい思いは出ます。肉を持っている今、苦しい暗い重い思い、そうブラックですね、そのエネルギーを確認できれば、さっさと切り替えていきましょう。切り替えていく術はもうご承知のはずです。
こだわって、掴んで、引きずって、何もいいことはありません。
自分の本当の世界はそんな世界ではないことをしっかりと知って、そして切り替えのスイッチを素早く入れて、どんどん自分の中を転換していきましょう。
私達が見ていく方向は、ただ一つです。思いを向けていく方向はただ一つです。それを知るために、そして、それを自分の中できちんと実践するために、自分に肉という形、環境を用意してきました。
何のために生まれてきたのか、その目的を決して誤ることなく、今世を全うしてください。そうでなければあなたに明るい未来はないと言っても言い過ぎではないことを分かってください。
金の力、神の力、そんなもの一切通用しないことを知るべきです。そして薄っぺらい肉の喜び、温もり、優しさに惑わされることなく、本当の人生を生き抜いていきましょう。

1318) 特にこれがあればいい、特にこれがしたい、そういう思いが確実に弱くなっています。何もなくても幸せというのは、確かに、今整えられた何不自由のない生活だから、そう言えるのかもしれません。
そうかもしれませんが、ただ誰にもどんなことにも邪魔されずに、思える時間と空間がゆったりとあれば、それが何よりの幸せだと思っているのは確かです。
お金で買えない喜びと幸せでした。それは全部自分の中にあったこと、思いを向ける方向を知ったこと、そしてその方向が合ってくればくるほどに、喜びも幸せも広がっていき、その層が厚く深くなっていくこと、色々と自分の中で体験しています。
肉を持って肉を通して学べる今を心から喜んでいます。楽しんでいます。
いざないがあります。呼び掛けに応じていく喜びと幸せの中にあります。
出会えてよかった、本当によかった、三次元最終を目の前にして、本当にそう思います。
帰ります。ようやく帰るべき方向が見え、こんな幸せなことはありません。
田池留吉、アルバート、心から心からありがとう。波動の世界に生きていたことを伝えてくれ信じて待っていてくれていた思いにありがとうです。

1319) 何度生き直しても分からなかった。なぜ苦しみから自分を救い出すことができなかったのかと。
自分の外にその術を求め続けていたからでした。ようやく自分の中に明確な回答を得て、そうだったと、そうでしたと納得です。
誰しも幸せになりたいはずです。不幸せな人生など誰一人望まないはずです。ですが、その幸せ、不幸せの意味を取り違えてきました。
だから、物心両面に恵まれても幸せなどになれるはずもなかったんです。そもそも、幸せな自分がすでにここにいるということなど微塵も思えませんでした。
心を向けるだけでした。その向け先を知ったんです。これほど幸せなことはないでしょう。思えばいいということを知りました。思えばいい、思えば通じていく喜びと温もりの世界でした。
ともにある、ともに生きる、こんな幸せな世界を実感できる今、本当に肉を持ってきた今世にありがとうだけです。
波動の世界でした。波動の世界を感じ広げていく喜びと幸せの中をどんどん進んでいけばいいということでした。


あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。時々点検してください。オーリング、正しくできますか。
☆愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。
☆「私は愛である」、心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、宇宙に点在する意識達、すべてが、この波動を待ち侘びていました。あなたはこのことが心で分かりますか。しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。
☆宇宙を呼んでください。宇宙にどんどん思いを向けていきましょう。私達の帰る心のふるさと、宇宙の波動を心に呼び覚ましましょう。
今世を自らの大きな転換期にしてください。動かなかった心の針をほんの少しでも愛の方向へ向けてください。
☆愛へ帰る道は、それぞれの心の中にあります。その道と出会い、一歩、一歩歩んでいく喜びと幸せを広げてください。
☆自分の人生です。自分があるだけです。幸せ、喜びを広げていくのも自分。真っ暗な中に沈み込んでいくのも自分。正しい羅針盤がなければ、沈み込んでいるのも分かりません。いったいどこまで落ちてきたのでしょうか。そして、これからも落ち続けていくのでしょうか。
☆自己確立を目指してください。本当の自分の波動を感じられるようになってください。そうすれば安心立命です。それ以外は、狂いの道です。
☆あなたは自分を信じていますか。信じていると答えた人は、自分の何を信じていますか。あなたの流す波動があなたの答えです。あなたの外と中、一致していますか。
☆あなた、本当にこのまま死んでいっていいのでしょうか。心の叫びを拾い上げてください。そして伝えてください。ごめん。間違っていたと。
☆外へ向く習性のある心を内に、内に。エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、確認すれば温もりの中へ解き放つ。それが心を内に、内にの作業です。
☆思う大切さ。ゆったりとして静かに思うこと、そして一瞬、瞬間的に思うこと、両者とも、学びそして会得していきましょう。その際、肝心なのは何かということ。もうお分かりですね。
☆今を喜んでいきましょう。どんなにすごい時間なのか、あなたの中は知っています。知らないのは肉を自分だと思っているあなただけです。
☆肉体細胞の思いを感じながら、ということは、本当の自分の思いを感じながら瞑想をする、瞑想ができる。そして、日々を過ごしていく。幸せな人生です。
☆愛へ帰る喜び、愛を思う喜び、しっかりとあなたの心に響いていますか。母の温もりはどうでしょうか。
☆250年後の出会いを簡単に思わないでください。今世、学びに触れた人達みんなと出会えればと思いますが、それはどうでしょうか。あなた、死後のあなたに聞いてみてください。そして、本当に自分に優しく、自分を大切にしてください。

ともに次元を超えていこう

愛はこっちだよと、いつも、いつもあなたの心の中で伝えている私(田池留吉)と出会ってください。出会えば変わります。必ず変わります。私(田池留吉)は愛。そして、私(田池留吉)はあなただから。

優しく母に抱かれてゆったりと幸せだった、すべてを託していたあなたは現存します。あなたは本当は優しいんです。本当の優しさも温もりも喜びも、みんなあなたの中にあります。ただ、外に求めたときから、あなたの苦しみは始まりました。

私はあなたの心の中にいます。ずっと、ずっと初めからいます。これからも、ずっと、ずっといます。ともにいます。私に心を向けてください。心を向けて広がっていきますか。ただただ嬉しい、ありがとうの思いが突き上がってきますか。いつも、いつも思えることが喜び、幸せだと分かっていますか。

素直になりましょう。そして、心をどんどん広げていきましょう。肉の心は狭いです。しかし、私達本来の心、本来の私達は限りなく広い。限りなく広がっていく温もりの中にあります。そこには何もない。だけどあるんです。それがひとつの世界です。

愛へ、心のふるさと、愛へ帰る道をともにともに進んでいこう。果てしなく長かったけれど、そしてこれからも果てしなく続いていくけれど、苦しみから喜びへ変わっていく今だと呼び掛けています。

田池留吉を思うことが嬉しくて嬉しくてたまらない。心の底からアルバートと呼んでいる。アルバートを呼ぶ意識達の思いをはっきりと心に感じる。瞑想の醍醐味です。

私達は最高に幸せだよ。お母さん、ありがとう。田池留吉と出会わせてくれてありがとう。気の遠くなるような時間ずっと、あなたに背を向けてきても、あなたは愛だと伝え続けてくれていました。あなたの思いをしっかりと受け止めました。もう二度とその波動を忘れることはありません。私達は、あなたの中に帰っていくだけです。

宇宙に向けて瞑想をすれば、ただただ異語とともに喜びが湧き起こります。ああ、待ってくれていたんだと。宇宙の友がたくさん、たくさんいます。ともに帰ろうと伝え合いましょう。そのためにこうして、今、肉を持っています。宇宙の波動を感じて、感じて、喜びと温もりの世界を共有していきましょう。

愛のエネルギーが深まれば深まるほど、明と暗が、はっきりくっきりします。これから益々はっきりくっきりしてきます。喜びは喜びをいざない、苦しみは苦しみの中に落ちていきます。どちらも自作自演です。それが意識の世界。限りなく広くて優しくて温かい世界です。そしてそれは本物だから厳しいのです。

宇宙は愛。愛のエネルギー。愛のエネルギーは私達。私達は愛。私達は宇宙。ひとつです。あなたの中で真実への扉を開いてください。

瞑想は喜びです。間違いなく喜びです。喜びでしかありません。温もりです。愛です。喜び、温もり、愛の波動をどんどん吸収してください。吸収して、そして、あなたの中で、喜び、温もり、愛の波動をどんどん循環させてください。淀みをそのままにしないでください。

生まれてきた意味を本当に心から知ってください。あなたの人生とはいったい何でしょうか。消えて無くなるものばかりを拾い上げている人生ではないでしょうか。

本当の優しさを知っていきましょう。本当の温もり、本当の喜びに出会ってください。それは私達の中にあります。それは私達なんです。愛の水道水の種水を思ってごらん。あなたの中の田池留吉は、そう語ってきませんか。

愛の種水は、あなたの外にありますか。それともあなたの中にありますか。

肉を持った意識達はみんな、真っ暗闇からの脱出を希っています。しかし、どうすればいいのかその手立てが分からずじまいです。今日も一人、そんな意識の世界を抱え持った方の思いを聞かせていただきました。今世、学びに触れたあなた、あなたの現実はどうでしょうか。

思うことがすべてでした。思えることがすべてでした。真実の波動はあなたの心の中に届いています。出会っていきましょう。どんどん出会っていきましょう。生まれてきて本当によかったと実感。そんなあなたを次の転生に繋いでください。

どうぞ、ともに歩みを進めませんか。愛の波動の中に存在していた私達だったと、心から、心から知っていきましょう。

ただ一点、田池留吉を思う。肉のある限り自分に徹底してください。それでも、肉を離せば大変難しいです。死後の自分をしっかりと感じてみてください。

千載一遇の出会い。そして千載一遇のチャンス。心に響き渡ってくる喜びの雄叫びを、あなたの心で感じられるあなたに蘇ってください。

「帰っておいで母なる宇宙へ。」「はい、帰ります。みんなといっしょに。」真っ直ぐに言えるあなたは幸せなはずです。

種水のレベルが確実に上がり、それを持続する方法は、自己供養を進めることです。では、自己供養を進めるには何が必要でしょうか。

ワン、ワン。ニャー、ニャー。彼らはこれで通じるのです。喜びと通じているのです。教えてくれています。愛の波動を。ありがとう。

愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。ごくごく飲もう。汗をしっかりとかき、また、愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。喜んでごくごく飲もう。そして、正しい瞑想を。

そうです。意識の流れはすこぶる順調です。次元移行へ向けて宇宙が始動した今世でした。今というこの時に、肉という形を持ってきたことに、ただただ感謝です。千載一遇の出会いを心から味わっていきましょう。

あなたの心にノックしています。どうぞ、しっかりと心を向けてください。愛に目覚めよの促しを喜んで受けてください。現象はみんな喜びです。喜びの波動をあなたに伝えてくれるのです。あなたがあなたに伝えてくれるのです。それはあなたが愛だからです。

田池留吉、ああ、私達は、この波動をずっと、ずっと、ずっと、ずっと前から知っていました。あなたの中はそう伝えてきませんか。

体力、気力がまだある間に、どんどん喜びと出会おう。そして、自分に、ごめんなさい、ありがとうと心から言える自分に生まれ変わりましょう。心は無限大に広がっていきます。

かけがえのない大切な時間です。素直に真っ直ぐに自分を愛していこう。そして、お母さんに伝えてください。信じて待っていてくれてありがとう、私は必ず帰りますと。

あなたは、心一つで存在している喜びと出会えていますか。周りはみんな影です。影をいつまで握っているのでしょうか。どうぞ、今、死後の自分と出会ってみてください。そして、本当の喜びと幸せは何か知っていきましょう。

肉体細胞の思いをいつも感じながら瞑想を継続してください。肉体細胞は最後の最後まで喜びでつきあってくれます。本当の仕事をしっかりとしていきなさいと伝えてくれています。

本当の自分に気付かなければ、生きても地獄。死んでも地獄。これ本当のことです。そして、私達人間は本当はみんなそのことを知っています。

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。真っ直ぐにこの道を。その思いに応えていくだけです。ともにある喜びを伝えてくれました。伝え続けてくれています。

どうぞ、UTAの輪の中心、愛へ心をしっかりと向けていきましょう。向けていける喜びと幸せを共有しませんか。♪ともに、ともに帰ろう・・・。 ♪愛へ帰る喜び、愛を思う喜び・・・。

いつもいつもどんなときも、私、田池留吉を思っていてください。そして、私、田池留吉の世界を本当に知ってください。喜びがあなたです。本当のあなたへ帰っていきましょう。

田池留吉を思う瞑想、喜んでなさっていますか。田池留吉はあなた方の心のふるさと、愛です。心で分かっていますか。

愛へ帰る道は険しいけれど喜びの道です。さあ、みんな、私、田池留吉のもとに帰ってきてください。待っています。

愛へ帰ろう、宇宙へ帰ろう、母なる宇宙へ。母なる宇宙は私達のたったひとつのふるさとです。

サウンド 1.wav へのリンク

サウンド 1.mp3 へのリンク

ありがとう.mp3 へのリンク

意識の流れ
       
-田池留吉の磁場を思い瞑想をしよう-田池留吉からのメッセージ

1) 私は田池留吉です。どうぞ、残された肉の時間、それぞれに精一杯、喜んでご自分の心を見ていってください。私も自分の心を見ています。今という時、大切な、大切な時間です。私が何を伝えに来たのか、どうぞ、それぞれ、ご自分の心に問いかけてみてください。真実はあなたの中にあります。決して外にありません。あなたの中に愛が溢れています。温もりが溢れています。私はいつも、いつもともに行こうと呼び掛けています。
「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」このメッセージをしっかりと受け止めてください。UTAの輪は波動です。その波動の中で、しっかりと学びを進めていってください。

2) いよいよ、私の肉の時間も残り少なくなりました。しかし、私は死ぬまで元気に自分の仕事を全うしていきます。ほぼ私がなすべき仕事は終えて、最後の詰めの段階を迎えています。他力の世界を心から離せない人達、もういいんです。と言いましても、私が切り捨てる、置き去りにするということではありません。他力のエネルギーから自分を解き放すことができない冷酷で己偉い自分が、自分を切り捨て、見捨てていくということを知ってください。ここにきて、もう無駄な時間、無駄なエネルギーは使いたくありません。この道を真っ直ぐに突き進んでいくことだけを考えています。

3) 皆さん、私が、今病室にて綴ったものに、目を通してみてください。私は田池留吉です。私は波動です。愛のエネルギーです。私はあなたです。あなたの中で、いつもこのように語っています。しっかりと私の波動と通じ合えるようになってください。私を無視して、私とは全く違う波動、エネルギーを流していることに、ご自分の心で気付いてください。一日も早く気付いてください。そして、素直に自らの過ちを認められるようなあなたに生まれ変わってください。私に認めろと詰め寄らなくても、あなたから愛のエネルギーが流れ出してくれば、私はあなたを認めていきます。どうぞ、日々しっかりと心を見てください。自分の中の愛のエネルギーに目覚めていってください。

4) 肉は愚かです。愚かな肉は争いを好みます。自分の主張を掲げて、どこまでも己というものを掲げていくのです。それが自分を操っているブラックのエネルギーであることに、なかなか、なかなか気付けません。そんな状態の中では、決して種水のレベル、非常に硬いという段階まで到達しません。
どうぞ、田池留吉の波動の世界、母なる宇宙の波動を、ご自分の心で本当に感じられるようになってください。当然、そうなってくれば、種水のレベルは非常に硬いです。瞬間的な作業、思うだけでいいということになってくるでしょう。もちろん、瞑想をすれば波動はどんどん伝わり響いてきて、ただただ幸せを感じるのです。

5) 私に残された肉の時間、有効に使っていこうと思っています。私は次元移行を伝えにやってきました。意識の流れというものを伝えさせていただきました。意識の転回をしてくださいと。あなたの中の愛のエネルギーに目覚めてくださいと。私達とともに、ともに次元を超えてまいりましょうと。
肉という形を持って、数限りない転生をしてきたあなた方には、とても難しいことだったと思います。しかし、私の仕事は、順調に捗っています。証し人も出ています。
どうぞ、今一度、ご確認を。波動は決して騙せません。誤魔化せません。波動こそがすべてです。

6) 私、田池留吉に心を向けられる喜びを、しっかりとそしてどんどんあなたの心で感じてください。私を呼んでください。しっかりと呼んでください。私はいつも、あなたの中で応えています。私は愛です。あなたも愛です。私達はひとつです。すべては愛でした。すべては喜びでした。それをすっかりと忘れ去ったから、肉を持った人間達の苦悩は深まるばかりでした。どんなにしても、幸せになれるはずはありませんでした。これから益々、世の中は混沌としていきます。しかし、私のほうに心を向けていれば、そして、私と合っていれば、あなたは何も憂うることはありません。あなたの心に広がっていく愛の世界をどんどん感じていってください。

7) 宇宙の法、田池留吉の世界の法の厳しさと優しさを心で分かってください。どんどん自分自身を愛へ愛へと進めてください。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達はひとつです。ともに行こうという呼び掛けに心から、心から素直に喜んで応えていってください。宇宙の友が待っています。どうぞ、あなたの心で感じられるようになってください。

8) 私、田池留吉の波動を、どうぞ、あなたの心で感じてみてください。私、田池留吉の波動を、遮っているのはあなた自身です。それは、あなたがまだまだ他力のエネルギーにがんじがらめの状態だからです。それをしっかりと、あなたが肉を持っている間に確認してください。私は、死後の自分を語れと申しました。死後の自分、つまり自分の今をしっかりと把握することが、とても大切なことです。殆どの方と言っていいほど、死んでから学ぶことは難しいです。心の針を向ける、田池留吉、お母さんを呼べる状態かどうか、今、しっかりと見極めて、自分をどうか大切になさってください。

9) 私は、今の環境の中で、自分を嬉しく見つめています。これまでのこと、これからのこと、私には、喜びで、喜びで自分の中に浮かんできます。
これまでたくさんの人達のお世話をいただいてきました。苦しくて暗いどん詰まりの時もありましたが、それもすべて私の中で喜びとして受け容れています。それは、私は私の仕事をするために、生まれてきたことを、知っているからです。喜びで私は仕事をしてまいりました。これからも、喜びで仕事をしてまいります。
すべての意識達に、ともに歩みを進めていこうと呼び掛け続けます。
私に心を向けてくださいと伝えさせていただいています。そうです。私に心を向けることがすべてです。あなたの心の針を私に向けて合わせていけばいくほどに、それがどんなに喜びであるのか、そして、それがあなたが本当に切望してきたことだったと、あなたの心で分かるのです。いいでしょうか。あなたの心で分かる、ここがとても大切なことです。あなたの頭では決して推し量れないのが、私がお伝えしている波動の世界です。波動、エネルギーはあなたの目には見えません。しかし、真実の波動、愛のエネルギーは、現存します。それは、あなたの心で感じる以外にないのです。
あなたは今、その肉体を持って存在しています。目に見えて、耳に聞こえて触れることができる世界だけがすべてだと生きてきた人達にとって、その肉体を離す、つまり、自分の死を考えることはやはり恐怖でしょう。しかし、生まれてきた人は、いずれ遅かれ早かれ、死を迎えます。突然死か、長患いか、それは人それぞれでしょうが、死を迎えることに違いはありません。死んでどうなるのか、殆どと言っていいほどみんなその部分が明らかではありません。しかし、みんな本当は死んでどうなるのか知っているのです。何度も死んだ体験がありますから。なのに、明らかでないというのは、その死んだ世界が、言葉では言えないものだからです。表現するとするならば、暗くて冷たくて寂しくて重い中に凝り固まってしまうということなんです。それがどういうふうなのか、その肉体を持っている間には、綺麗さっぱり忘れ去ってしまいます。考えたくもない、触れたくもない部分ということでしょう。
そんな死の体験を、今こそ、肉体を持っている今こそ、本当に活かしていただきたいと思っています。もう二度と、あの苦しいところで固まったままの状態はごめんだと、ではそうならないためには、どうすればいいのか、私は、それを学んでくださいと申し上げています。
肉体を持っている今という時間に、どうぞ、自分をしっかりと見つめていってください。心の世界、思いの世界に住んでいることをしっかりと認識してください。
心を見てくださいということがどれほどの優しさ、愛、温もりであるのか、あなたの心で感じてください。
私は、あなたの心の中にいつも、いつもいます。どうぞ、私に心の針を向けて、合わせていくことだけが、本当に自分を救うことだと、一人でも多くの方に心から知っていただきたいと思います。私の波動を心で感じて、そしてその感じたものをストレートに流してくださることをお伝えしております。
日々、正しい瞑想を心掛けて、いつも私とともにある喜びの世界を感じて、感じて、あなたはあなたの予定通りのコースを歩んでください。
それが私達の約束でした。心から、心からありがとうの思いで、あなたに、今お伝えしています。

10) 私は田池留吉の意識です。この肉体細胞とともにあることを喜んでいます。私のこれからをしっかりと見つめています。この意識の流れの中にある私の仕事、私がこの肉体を持ってこの世に出てきたことを振り返り、私は本当に嬉しく思っています。
 出会いがありました。大変難しいことを伝えたと思いますが、心で分かる人との出会いがありました。意識の世界をしっかりと見つめていこうとする思い、その思いは、とてもとても大きなエネルギーです。
 苦しい転生を繰り返してきた意識達に、私は、今こそ自分の心を見つめてくださいと、しっかりとはっきりと道しるべを示してきました。この道しるべの指す方向に、心を向けることがすべてです。
 あなた方の中に作ってきたブラックのエネルギー、他力の世界をどんどん崩していきなさい。崩して、崩して、間違ってきた自分を受け容れていけばいくほどに、喜びも温もりも優しさも、愛の世界が大きく、大きく自分の心に伝わってくる体験をしてくださいと伝えてきました。
私の指し示す方向に心を向けることがすべてです。肉を持つ意識達の難しさを、これまでたくさん感じてきましたが、私は私の仕事をやり遂げます。この世に出てきた田池留吉の肉体の最後の仕事です。
 苦しい転生はもういいんです。あなた方は愛です、優しさ、温もりですと、私は伝え続けます。私の中へ帰ってきなさい。心の世界をどんどん広げていきなさい。どうぞ、どうぞ、この喜びの波動を心に受け止められるようになってください。私からのメッセージを波動として伝えます。
 苦しい転生もすべては良かったんです。そのように私は伝え続けます。何も何もマイナスはありませんでした。すべてはプラス、プラス、喜びの世界です。心を見つめていくことがすべて。心を見ることが喜びです。
私はあなた、あなたは私、ひとつという世界を、心の中にどんどん広げていきましょう。私のように、私のように。そう、同じです。私はあなた、あなたは私、私達はひとつ。心の中から伝え続けます。波動の世界を伝え続けていきます。私の波動を受けていけるようになっていってください。すべての意識達にそのようにお伝えしています。

11) 私達は肉ではありません。私達はエネルギーとして存在しています。目に見えません。しかし、私達の心はいつも、いつも叫んでいます。愛に目覚めよと。愛に目覚めよという思いの中で、「私達はどれだけこの思いと出会いたかったか。」あなたの心に届いているでしょうか。
私はあなたに伝えています。心から、心から私を呼んでくださいと。
本当に心から呼んでいけば、私はあなたの中にすうっと、すうっと入っていくんです。あなたが他力のエネルギーを心に秘めたままでは、私はストレートにお伝えすることができません。心の中に歪曲して伝わってくる波動では、宇宙を変えることはできないと伝えています。
己の偉い心を見つめてくださいとも伝えてきました。甘過ぎるとも伝えてきました。どうぞ、メッセージをしっかりと心で受け止めてください。
心の中の田池留吉、アルバート。あなたの中の本当のあなた。その波動をしっかりとしっかりと心で見分けていけるようなあなたになってください。
愛を信じる方向に進んでいくあなたを私達は待っています。心の中からあなたに伝え続けます。どんなに、どんなに、事が起ころうが、あなたの中は愛。あなたは愛。変わらず愛。愛しかない。この世には愛しかない。私達はそのことをお伝えします。

12) 何よりも、何よりも、私を思うことを大切にしてください。田池留吉を思い、愛を思い、母の温もりを思い、次元移行を思い、瞑想をする時間を大切にしてください。
あなたにとって、私を思うことがすべてです。私はあなたの中でいつもそのように応えています。あなたにメッセージを送ります。波動を伝えています。田池留吉の世界を心にどんどん広げていくことがあなたの喜び。
ベッドに横たわっている姿は私の仮の姿です。私の本当の姿ではありません。私は意識、波動、エネルギー。愛のエネルギーです。心の中にそのように伝えています。私のほうに心を向けることがあなたの喜び。そのよう伝えています。私達はいつもいっしょ。ともに歩める喜びを心に感じ広げていけることがあなたの喜びです。私を呼びなさい。私に心を向けなさい。あなたの中はすべて、すべて真実の世界へといざなわれていることを知っています。真実はあなたの心の中にあります。愛はあなたの心の中にあります。あなたの口を通して私はそのように、繰り返し、繰り返し伝え続けるでしょう。それが真実だからです。
この日本の国で、ともに肉を持ち学ばせていただいたこと、私は本当に喜んでいます。たくさんの苦しみ、悲しみ、悔しさ、怒り、やるせない思い、空しさ、たくさんの思いを抱えてきた意識達とともに私は、愛へ進んでいこう、愛あるあなたに目覚めていこう、温もりの世界へ一歩踏み出していこうと伝え続けました。これからも伝え続けます。
「あなたの本当の姿は、愛です。愛を、愛を信じていってください。あなたの本当の姿は愛です。愛あるあなたを信じていってください。」
私に思いを向けたとき、どなたの心の中にも、私はこのメッセージを伝え続けます。私に思いを向けられるかどうかの違いだけです。私に思いを向け、私に心の針を合わせていけばいくほど、愛のエネルギーがあなたの中へ感じられます。愛のエネルギーは、すべての意識達に中にあります。
「愛を、愛を、愛を求めてきたあなた達でした。そして今、愛に目覚めていく今なんです。これから250年という時間の中で、厳しい転生が待っていますが、どうぞ、この優しさ温もりを心に呼び起こせるあなたとなってください。」
私はあなたの中からいつも、そのようなメッセージを送っています。形を本物とする思い、形にこそ真実があるとする思い、すべてすべてブラック。この世に真実を説いた者はおりませんでした。真実に目覚めた者はおりませんでした。田池留吉の肉が、この世に誕生して初めて真実に触れたのです。その事実をしっかりと感じていきなさい。そして、心に感じた波動、エネルギーをあなたの中で、さらにさらに深め、広げていくのです。宇宙はあなたとともにあります。宇宙の目覚めを誰よりも、誰よりも待っているのはあなた自身です。
苦しい転生。その中でようやく明かりが灯り始めた今世の出来事をしっかりと喜んで、喜んで心で受けてください。
たくさんの意識達を心に受けています。優しさ、温もりに飢えた、愛に飢えた闇黒の世界です。しかし、心の中の愛がその闇黒の世界を変えていけるんです。愛はパワーです。喜びはパワーです。私、田池留吉、アルバートのほうに心を向けてください。

13) 田池留吉の世界をあなたの心がどんどん感じていく喜び、それが私の喜び。私の喜びはあなたの喜び。あなたの喜びは私の喜び。ともに喜びを通じ合える、喜んでいけることを喜んでまいりましょう。
私の肉にありがとうと私は伝えています。田池留吉の意識の世界から、私は私の肉体細胞の思いにありがとうと伝えています。肉体細胞は愛でした。私の肉は愚かでした。しかし、私の世界を私は知っています。肉体細胞の喜びとともに私は私の世界へ帰ります。
私の世界から、これからもあなたを通して、メッセージを送ります。波動を流し続けます。あなたのするべきことは、私にただひたすら心を向けていくだけです。田池留吉に心の針を合わせ、私の中へどんどん突き進んでください。
私は田池留吉の意識。心からありがとう。出会いをありがとう。私の心の中へどんどん突き進んでください。田池留吉からのメッセージ、田池留吉の世界からのメッセージ、どんどん送り続けます。
私は250年後を見つめながら意識の世界からエネルギーを流し続けます。肉の次元の中で私を見ていた方達は、到底この学びについていけないでしょう。肉は肉の群れの中で、さらに奥底へ落ちてまいります。
明暗がはっきりくっきりしていくのです。どうぞ、それもすべて自己選択、自己責任です。心の針の向け先をしっかりとなさってください。
私は田池留吉。心の中の喜び、温もり、愛の世界。あなたの中にあることを伝え続けます。

14) すべてよし。すべてプラス。すべて愛。肉がどんな状態であっても私は伝えます。すべてが喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。私は伝え続けます。愛へ帰ることがすべてでした。
愛しかない世界があったんです。肉、形を本物とする思い、その闇の中から、どうぞ、どうぞ、一人でも多くの方、抜け出してください。
あなたの心の世界、意識の世界に灯りを灯してください。本当の優しさ、本当の温もり、愛ある自分に目覚めてください。私はこのように、絶えず伝え続けます。
すべては喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。この世には何もない。愛、愛、愛があるだけ。
私達のすべてが愛。愛があるから私達は存在している。この事実をしっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

15) 愛を思う瞑想を続けましょう。田池留吉をただひたすら思える瞑想を続けましょう。私、田池留吉の世界を心に広げていけばいくほどに、あなたの存在も、またあなた自身心で分かってきます。素晴らしい、素晴らしい存在でした。
私達は愛の中でひとつなのだということを、あなたの心で一日も早く、少しでも多くの人が自分に目覚めていただきたい。私はその思いでいっぱいです。私、田池留吉の世界はただただ愛を伝えます。もちろん、250年後、アルバートとして私はこの日本で伝えた通りに、いいえ、それ以上に私は愛を伝える存在です。私は250年後、アルバートとしての肉を持ちます。「心の中の愛をしっかりと広げていきましょう。」そのように、私は全宇宙に呼び掛けてまいります。
心で分かり、心で感じ、心で共鳴し、心で共有していく仲間達が集ってきます。ともに歩みを進めていく仲間です。私はとても幸せです。この日本の国に肉を持ち、学びをしてきたこと、そして素晴らしい仲間と出会えたこと、私の思いは本当に喜び一色です。ともに歩めることを、あなたもそして、あなたもどうぞ、心から心から喜んでいってください。
「私達の中にあるのは愛。心のふるさと、愛へ帰りましょう。」あなたの中に絶えず、絶えず、メッセージを送り続けています。
私は、波動です。愛を流す波動です。波動の中に喜びを、温もりを、広がりを、幸せを、本当にひとつになって、心から心から田池留吉、アルバート、愛ある世界を思ってみてください。
これから、UTAの輪を通して、私はさらに愛を伝えてまいります。心の中の愛に目覚めていけるように、あなたもしっかりとUTAの輪の中で心を向けていくことをなさっていってください。私達の行く先はひとつ。愛の世界です。行く先と言ってもそれはあなたの外にあるのではありません。あなたの中から、私が伝えていることを、どうぞ、心でしっかりと感じていってください。

16) どうぞ、私を思う瞑想を楽しんでください。いつも、私と出会っている喜びと幸せを、心から心から味わってください。そうすればいいだけ。おわかりでしょうか。

17) 肉が自分だとする思いがどれだけちっぽけな思いなのか、どれだけちっぽけな世界なのか、それぞれの心の中にしっかりと感じていくことが待たれています。私達の本当の姿は波動、エネルギーなんです。私達は宇宙なんです。ともに、ともに帰っていくあの素晴らしい世界、それが私達の本当の姿です。愛は私達。私達の中に愛があったことを、私は肉を通して伝えました。今世、肉を通して伝えました。私の肉はないけれど、たくさんのたくさんの意識達に伝え続けていきます。これからも、どんどん伝え続けていきます。宇宙がどんどん、どんどん変わっていきます。私達の思いを、すべてすべて宇宙は知っています。心の中にしっかりと宇宙を呼びなさい。母なる宇宙、その優しさ、温もり、広がり、とてもとても頭では決して理解できない世界、波動の世界をそれぞれの心に感じていきなさい。心の中に私を呼び、私とともに歩んでいく喜びと幸せをどんどん心に感じていってください。私はあなたの中に、いつもそのように伝えています。心の中の田池留吉、アルバート。そして愛のエネルギー。あなたです。本当のあなたです。あなたがあなたに伝えていることを、どうぞ、それぞれの心の中で知ってください。私を素直に呼んでいけるかどうか、それはそれぞれに、係っています。たくさんの間違いを積み重ねてきた人類の心の中で、ようやく巡り合ったこの真実の波動の世界を今世、少しでも多くの人に、一人でも多くの方に伝えていきたいということで、私は三次元に肉体を持ってきました。そして、今は肉体がない中で、私は田池留吉の世界から伝えています。心の中に私を呼びなさい。田池留吉にしっかりと心の針を向け合わせて、あなたの中に広がっていく喜びの波動をしっかりと、しっかりと感じて、そして、今世を終えていくのです。あなた方の中にはたくさんのエネルギーが詰まっています。他力のエネルギーです。他力のエネルギー。肉を自分だとするちっぽけな世界、真っ黒にくすんで、淀んできた世界です。あなた方は自分を自分で見捨ててしまったのです。冷たい自分になり下がってしまったことを、しっかりと心で感じて、しかし、そこから必ず蘇ってください。優しい中にあった、温もりの中にあった、肉では決して到達できないこの世界の優しさ、本当の温もりをどうぞ、どうぞ、あなたの心で感じていってください。
私は田池留吉。中にある田池留吉。あなたの中にある田池留吉。今、ああ、私はこの思いを伝えます。

18) 愛が私達でした。
前を向いて愛に向かって、一歩、一歩前進しましょう。私達の中には喜び、温もりがたくさんたくさんあります。溢れるほどに、尽きることなく温もりと喜びのエネルギーを抱えてきた私達です。そのエネルギーをしっかりと感じていけるこれからなんです。しっかりと、心を田池留吉、アルバートに向けて存在していってください。肉は愚かです。肉を通して感じるエネルギー、そのエネルギーをこの愛のエネルギーの中に解き放していってください。そのエネルギーの中に埋没するのではなく、愛のエネルギーの中に解き放していくのです。ともに帰ろう、愛へ帰ろう。すべてはひとつ。愛の中にひとつということを、あなたの心を通して伝えていくのです。宇宙が待っていることを伝えなさい。愛は私達でした。愛を求めてきた私達。その愛を求めてきた私達の心が、あなたの心にもあります。
次元を超えていくのはすべての意識達です。この三次元にやってきた意識達だけではございません。すべての意識達が挙って、次元を超えていける今という時を共有している喜びを伝えていきましょう。
私、田池留吉に心の針を向けて合わせていけばいくほどに、あなたの心に響いてくる波動の世界があります。波動を感じて、波動を伝えて、あなたがさらなる一歩を進められることを、私達は待ち望んでいます。ありがとうございます。ありがとうございます。


ひとつ、ともにともに
          田池留吉(病室にて)

  
1) 田池留吉、アルバートのメッセージを受けている方、本当に田池留吉、アルバートからのメッセージか、厳しい検証をしてください。種水のレベルが9以上(すごく硬い)でなければ、受信できませんとお伝えしておきます。

2) 喜び、優しさ、温もり等々の波動を感じられるのは、種水のレベルが9及び8(すごく硬い)の人達だけです。常に心を内に向けて検証してください。
6(硬い)以下の人達は難しいと思います。水道水をいわゆる愛の水道水に変えられるのは、4、5、6の段階の人達でもできると思いますが、レベルの高い6のを作られて活用するように。レベルの高い愛の水素水は、レベル7以上の水道水を使って。なお、8以上のレベルの種水のミニボトルを使って作り、飲用するように。
少々、厳しくはっきりと伝えておきます。みなさん、甘い、甘い。レベルアップに努めてください。

3) 種水のミニボトルのレベルの一応の認定については、栗生啓子さんと久保明子さんに頼んでおきます。セミナー会場かクボハウスで認定を受けてください。11月以降のレベルアップの参加者は、9、8、7の方々とします。

4) みなさん方にお聞きします。田池留吉、アルバートをどの程度知っておられますか。殆どの方はあまり知らないで学びを進めていこうとしていませんか。それでは、前へ進むのは、なかなか難しいと思います。正しい瞑想の1をしっかりとやってください。

5) 種水のミニボトルの認定方法
  ①持参のミニボトルをオーリングする
  ②それをコップに入れた水道水に転写。その水を飲んでみる。
  ③6以下の方は、まず、田池留吉を思い、続いて、ミニボトルに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」と。続いて、そのミニボトルをオーリングする。
その結果を現在の認定値とする。

6) 心はいつも外へ向くようになってしまっています。地獄から出て地獄へ帰っていく転生を繰り返してきたからです。
何故でしょう。あなたの心、思いは、いつも、神、仏、金、権力に向いていませんか。あなたが信じた教祖はどうでしょうか。このようなことではダメです。いつまで続けるのでしょうか。今世も失敗、地獄ですか。心の向け先はたった一つです。それ以外は間違いです。私は愛、あなたも愛、ひとつですよ。

7) コロコロ変わる喜びとか優しさは本物ではありません。肉が基盤になっているからです。喜びを外に求めているからです。心の外の世界は偽。内の世界が真。
外のことは程々でいいのです。信じて素直に意識の転回を進めていきましょう。

8) 口は出すが金や物は出さない人。金や物は出すが、口をしきりに出してくる人。トラブルメーカーになっていませんか。
金や物や形はやがて無くなるもの。程々に。意識があって、金や物や形です。意識が現象化します。現象にとらわれていては、真実は見えてきません。
しかし、現象を拒否したり、無視しては、何も見えてきません。すべてを受け容れ、使っている思い、使ってきた思いを見るように。心の針がどこを向いていたか確認するようにしましょう。

9) 「ごめん、ありがとう」の思いは、相手を受け容れる心に通じていきます。明るい心、喜びの心、優しい心、温もりのある心に通じていきます。すべては愛。愛でないものは、ひとつとしてありません。肉体細胞に向けて実践、確認してみてください。

10) 田池留吉を思うことから一日が始まるように心掛けましょう。このことは頭脳で分かりません。心でしか分かりません。とにかく、実践の連続。確認できるように努めましょう。

11) できないこと、できていないことを、あたかもできているように言う人々に要注意。ないものをあるように言う人もです。例えば、神、仏を。

12) ベッタよし。トップよし。ベッタばっかり、トップばっかりの人を見かけたことありますか。
私はトップの経験、ベッタの経験、両方あります。今、よかったと思っています。人生、しんどくありません。優越感も劣等感も段々となくなってきました。
選民意識、特別意識を持っている人、決して賢くありません。しんどいと思います。神様、仏様の好きな人も同じです。幸せが分かりません。
しんどい、しんどい人生、もう止めにしませんか。誇り、喜び、嘘でしょう。

13) あなた、善人ですか。悪人ですか。誰がそのように言っているのですか。あなたは、現在紛れもなく悪魔です。鬼です。いわゆる愛が欠乏しているのです。心の中に愛が溢れているのに、どうしてですか。その訳に一刻も早く気付いてください。それを治せるのはあなただけです。一番大事なことを忘れていませんか。愛が流れ行かないように、堰き止めているのですよ、あなたは。あなたは愛。すべてが愛。ひとつです。

14) 田池留吉の意識の世界の法は大変厳しいです。そして、大変優しいです。この世界こそ、安心、平和、喜びの世界です。
厳しいのは嫌ですか。受け容れていってください。受け容れていけば、厳しさは優しさに変わっていきます。

15) 決して他人を殺してはいけません。自分自身を殺してもいけません。大人達は、子供達に語り継ぎ、教え続けてほしいと思っています。なぜ、肉体生命を今世いただけたのか、みなさん方は、明々白々ですね。でも現実はどうでしょうか。平和、戦争反対、みんな仲良くと言いながら、相も変わらず、人と人は争い続けています。それが現状です。どうしてでしょうか。もう大変難しくなってしまっているでしょうが、みなさん方だけでも、正しいプラス情報、そして波動、愛のエネルギーを流し続けていきませんか。老いも若きも、ともにともに、学びをどんどん進めていってください。仕事、私と同じ仕事を成し遂げていきましょう。
天変地異と死を正しく受け止めてまいりましょう。不安と恐怖はダメ。受け容れていきましょう。

16) 今日もほたる(犬)の目を見ています。小鳥のさえずりを聞いています。花が微笑んでいます。そして、父と母、学校の先生、友人と隣人を偲んでいます。「ごめん、ありがとう」と。
特に、父と母、H先生、T先生、H先生、M校長先生を毎日のように思っています。受けた情とか恩を大事にしています。楽しいです。ありがたいです。私は、これからも、ともに、ともに仕事をしっかりと遂行していきます。みなさん方もどうぞ。少々、肉の臭いがしますが、ごめん。

17) 肉に閉じこもっている人々、意識の世界へ一刻も早く、どうぞ。人を見下している人、自分は清く正しく美しいと思っている人、自分を偉いと思い上がっている人、未だに神、仏、金、権力と思っている人、どうしようもありません。田池留吉の世界、母なる宇宙にあなたの思いを向けてください。答えは簡単にあなたの心から届けられます。人を馬鹿にするな。喧嘩するな。泣くな。悲しむな。何も怖いことも、淋しいこともない。幻想。錯覚。生きる基盤、間違っていませんか。

18) 独りぼっちの老人を、みんなで大切にしましょう。ビジネスはダメ。ともに愛のエネルギーの中で生きていきましょう。
愛の水道水、愛の水素水を飲んで、正しい瞑想を続けながら、健康寿命を少しでも伸ばし、死ぬまで元気で自分の仕事を成し遂げられるよう、ともに生きていきましょう。

19) 命を懸けて、私、田池留吉(意識)にあなたの思いを向けてみませんか。私、田池留吉(肉)は何も求めません。命懸けで仕事をしてきました。肉は愚かですけれど。
甘い思い、他力の思いでは、何も前へ進めません。田池留吉の思いに素直になろうともしない母親が我が子に、「もっと素直になりなさい。お母さんの言うことを聞きなさい。」と言っているのをよく耳にします。これでは、子供が素直になれませんよ。こんな人、たくさん、たくさんいます。家庭が崩れ始めます。自分の間違った思いは、金や神では治すことは難しい。ふるさとの替え歌を歌ってみましょう。お母さんの温もり。心の針の向け先。正しい瞑想をもっともっと大切に。

20) ただ今入院、手術治療中。病名、胸部大動脈瘤切迫破裂疑い。腹部大動脈瘤。毎日気持ちよく過ごしています。みなさんにご心配かけてすみません。面会謝絶でお願いします。

21) 人生は喜び、プラス、愛。マイナスは受け容れる。反転、供養などで。マイナスはもともと存在しない。闇も悪魔も鬼も、もともと存在しない。あなたは愛です。私も愛です。ひとつ。信じて、信じて生きていける幸せ、喜び、温もり、優しさを、さらにさらに喜んで生きていきましょう。
癌も引きこもりも離婚もマイナスではありません。あなたがそう思っている間違った思いを流しているだけです。愛のエネルギー、あなた自身を信じて強く生きていきましょう。

22) 心の向け先を正しくして、正しい瞑想を。自己供養。自分が作ってきた闇、悪魔、鬼、肉を基盤とした肉の思いに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」「ともに、ともに、心のふるさと愛に帰ろう。」とあなたの愛を流してください。そのようにすれば、あなたからあなたの愛が、母なる宇宙、愛から流れていくのです。暗闇は喜びに変わっていくのです。マイナスの思いは、プラスの思いに変わっていきます。ああ、本当だ、すべてのものが愛だ、喜びだ、温もりだ、優しいと信じられるようになってきます。正しい瞑想は楽しい。積み重ねていこうとなってきます。あとは、ごめん、ありがとう、喜び、幸せとなってきます。信じて、信じて行じてください。待っています。待ち続けています。さあ、ともに、ともにですよ。

23) 言葉に真実はありません。金は大事なもの、肉体生命を保つために。ただそれだけのものです。物や形に真実はありません。ただ、自分の心の向け先を内に、愛に向けさせるものと心得てください。真実は、心の外にありません。心の中にあります。自己供養は愛です。喜びです。温もり、優しさです。断じて行っていけば、次元移行が現実のものとなってくるでしょう。決して単なる夢ではありません。このことに気付き、なしていくために、あなたは、お母さんの温もりに産んでもらったのです。

24) 種水のレベルアップ(硬い以上)。そして、転写、転写で楽しい毎日をどうぞ。そして、反転もどんどんやっていきましょう。

25) もうひとつ。愛のリングのレベルアップも。種水と両方を使って、健康で有効な瞑想を楽しんでください。


26)
 私の病名を見て怯みましたか。一瞬、学びから離れようと思いましたか。あなたの心をしっかりと見てください。一番大事なことは何だと思ってきましたか。自己選択、自己責任ですよ。他力の心、他力を離せない自分の心を確認してください。私は愛です。よろしく。

27) あなたは、世の為、人の為に役立つ仕事をするために生まれてきたのですか。それとも、金、名声、夢などの為ですか。では、あなたは、死んだらどうなると思っていますか。世の為、人の為に役立つ仕事って何でしょうか。

28) 人生色々、肉を基盤とすれば、そうでしょうが、意識を基盤、意識の転回が進んでくれば、人生は一つ。愛、喜び、温もりとなってきます。私は愛、あなたも愛、ひとつとなってきます。意識も色々あるように思っている人は、やはり、肉を基盤とした、いわゆる肉の思いが色々あるから、そのように思えるのです。みんなひとつ。愛でないものは存在しません。どうでしょうか。

29) 高学歴、高収入、そして、高級車に乗っておれば、幸せになれると、あなたは思っていますか。あなたが死んでしまえば、高学歴も、高収入も、高級車も無くなるんです。心の外に、いくら幸せを求めても、真の幸せを知ることはあり得ません。では、どうすればいいのでしょうか。もうお分かりですね。心の針の向け先を正しくしていきましょう。

30) 恐怖心や不安感、ありませんか。学びを進めるのに大変よくありません。私は、恐怖心や不安感を溢れて学びを伝える思いは全くありません。しかし、他力の心の強い人はどうでしょうか。そこで、水と瞑想です。正しくしっかりやってください。もちろん、母親の温もりが必要不可欠です。見下げる思い、軽視する思いはありませんか。己偉い心、あるかないか、しっかりと心を見つめてください。特別意識、選民意識も。

31) よいとこどり、自分、肉の自分にとって都合のよいものだけを取り入れる人、色々の教えのよいと思っているものを取り入れて学んでいる人、案外、たくさんいます。では、私が伝えてきたものはどうでしょうか。やっばり、肉が基盤、己が偉い。学びはなかなか進んでいかないのでは。
よいとこどり、色々の教えを集めて作り上げた教えは、如何なものでしょうか。はっきり、しっかりしましょう。

32) 愛の水道水は自然の恵み。愛の水素水は母親の温もり。どんな時もいっしょ。信じて、ともにともに真っ直ぐに、心のふるさとへ帰っていきましょう。信じる者は救われる、神をではないですよ。
とにかく、レベルアップ、レベルアップ。アップ、アップ。フレー、フレー。時と場合、生活環境などによっては、愛の水道水だけでいいですよ。水道水はどこにでもあるから。

33) 死後の世界、いわゆる色はないけれど、真っ暗闇・漆黒か、空(くう)・真っ青・光。あなたはいずれでしょうか。西方浄土とか極楽とか天上界といったものはどうでしょうか。死後の苦しみ、寂しさ、冷たさ、恐怖、不安とかいったものは、誰も何とかしてくれません。自分を救うのは自分。ただ愛だけが。

34) 種水のレベルについて。10を超えるもの。10。9.5。9。8。7。6。5以下。以上が判定値。レベルアップに参加していただく方は、6以上の方だけ。ただし、スタッフや登録してセミナーに参加し始めてから3年以内で、レベルアップが期待できる方は参加いただきます。

35) このたび、私の入院・手術・加療について、過労と警告。喜んで受け容れています。今日の秋の青空のような心境です。ごめん、ありがとう。安心。全託。

36) できるだけ自分のことは自分でするように。私の母の口癖でした。種水のレベルアップは自分達で。判定もレベルアップも。
現時点で6以上あると思う方だけ、栗生啓子さん、久保明子さんに申し出て判定してもらうようにしてください。5以上でない方は申し込まないように。

37) 身寄りのない独りぼっちの後期高齢者、おじいちゃん、おばあちゃんの下の世話をビジネスでなく、無償でお世話させていただこうと思っている人、応募に応えてください。その時はお願いします。

38) 陰険な戦い、いじめ、いじわる。俗に言う根性悪。肉の思いの戦いは止めましょう。身体にも心にも悪いから止めてください。

39) 60歳過ぎ頃から、現実は厳しい環境にあると思いますが、心の針を一点に合わせ、次元移行に向かって、一歩、一歩前進していただきたいと思っています。怒ったり、偉ぶったり、人を見下げたり、不平不満いっぱいで、ぶつぶつの毎日、止めにしていきましょう。病も不仲も自分の心を見るチャンス。心を内に向け、自分が使っている、使ってきた肉の思いをしっかりと見ていきましょう。

40) 種水のレベルアップについて
   1) 9月を迎えて、段階5と6の方が増え始める。
   2) 11月に入ると、段階5と6の方がさらに増え始め、段階7の方も出てくる。
   3) 12月のUTAの輪のセミナーを迎えて、段階5と6と7の方がさらに増え始める。
   4) 後は楽しみ。今年中に、段階8の方が出ればと。

41) 星のお話について
   UTAの輪S
0 塩川香世、自転公転。 S0の周りを自転公転する星群、S1、S2、S3・・・。 S1、S2、S3・・・の周りを自転公転する星群。S0からS1、S2、S3・・・と調和のとれた星群が、ここ20年以内に出来たらと夢。期待しています。肉のお話ですが。肉と意識は表裏一体と心得ています。更なる進化を夢見ている今日この頃です。

42) 8月28日、再入院しました。種水のミニボトルの判定作業が8月29日から始まります。申込み条件(種水のレベルが5以上)がありますが、自分の力で5以上になるようになって、どしどし申込んでください。念のために、5以上でない方は、何もこの学びは分かっていないことになります。

43) 真実、この道を貫け。愛はあなたの心の中に今もある。「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」を信じて、信じて一歩前進を。

44) 種水のレベルの判定について
   レベルアップに回数を積んでください。レベルの判定は、栗生啓子さん、久保明子さんに任せてください。奥さんとしたらどうであったとか、学びをしていないが関心のある友達としたら硬かったとか言っている人がありますが、あまり参考にならない場合がありますから、要注意。

45) 反転力を高めるように努めてください。自分の心の針がどの程度田池留吉に向いているか、田池留吉の世界が分かっているか、自分が愛だとどの程度信じているか、参考になると思います。どうぞ、アップ、アップと高めていってください。「私は愛です。」と思ってやり続けてください。

46) ゆっくりしいやと言いたいところですが、千載一遇のチャンス。チャンスをものにしてほしいと思っています。種水のレベルが上がってくると、現象のとらえ方が変わってきます。受け容れられるようになってきます。ものの見方、考え方、感じ方が変わってくるということが分かってきます。

47) あなたの心の針はどこに向いているか。田池留吉ですか。愛ですか。それとも・・・。良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が出てくると思っている人が多いですが、さて、良いこととは何だと思っていますか。そして、悪いこととは。
このことは少し違っています。あなたが使っている思いが正しいかどうかです。では、使っている思いが正しいとはどういうことでしょうか。結局は波動ですね。波動はあなたの心の状態をはっきりと表示していきます。

48) この学びについて振り返ってみましょう。
   1)動機は。誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。今もまだ他力でやっていませんか。
   2)田池留吉をどう思っていますか。教祖、先生、それとも・・・。
   3)あなたは愛ですと伝えていますが、信じていますか。では、愛をどのように理解していますか。愛の存在をどのように確認していますか。

49) 愛の水道水、愛の水素水を毎日飲んでいますか。各水に対して、どのような思いで飲んでいますか。

50) 種水を常に身につけていますか。種水のレベル判定は如何ですか。レベルアップに努めていますか。現在は6以上ですか。

51) 種水のレベルアップを常にともにやっている友達はいますか。それとも独りぼっちですか。友達とともに成長していくようにしましょう。

52)
 お母さんを大事にしていますか。お母さんを喜ばせるようなレベルアップの勉強をしていきましょう。お母さんとともに愛に帰る生活を楽しんでいきましょう。お父さんも、夫も、妻も忘れないように。そして、友達も。お互いに心の中にある喜びを大きく育てていくような学びをしていきましょう。

53) 常にレベルアップを。説法はいいんです。真実を、愛を伝えていきましょう。笑顔を忘れた老人に、独りぼっちの老人に「あなたは愛ですよ。みんなひとつですよ。」と伝えていきましょう。愛を引き出し育てていくように。そして、笑顔を取り戻すように。ともに、ともに真実の道を進む喜びを。
年寄りの最大のプレゼントは愛です。喜びです。温もりです。最後までともに、正しい瞑想を心掛けていきましょう。

54) ひとつとして愛を流していないものはありません。すべて愛。愛の波動を伝えています。だから、すべてのもの、人、現象から気付いてください。あなたの心の中に愛が今も眠っていることを。暗い思いはもういいんです。明るい心、本来の心の復活で、一歩一歩愛を確認、信じて最後まで生きていきましょう。人と楽しんで楽しんで、ありがとうで終わりにしましょう。

55) 万象万物はひとつ。愛です。ともに愛へ帰りましょう。あなたの人生も私の人生も、究極は同じです。同じが嫌ですか。でも同じです。苦しむのは止めにしましょう。人生は喜びです。温もりです。安らぎです。戦うのは人生ではありません。ともに、連れもって愛に帰る道が本道です。ひとつです。

56) 私は優しい人間になりたい。あなたの心の針は田池留吉にしっかりと向いていますか。あなたは、ある日突然、冷たい人間になりませんか。冷酷、無慈悲。
私は強い人間になりたい。あなたは、常に田池留吉を思い、ひとつになっていますか。あなたは、ある日突然、ポキっと折れたりしませんか。挫折、失意、自殺。
本当の優しさ、強さとは、もう分かっていますね。

57) 適当な言葉が見つかりません。肉の思いのない思いを純粋と申しておきます。純粋な方しか、田池留吉に自分の心の針を合わせることは難しいです。ただ単に、田池先生は大好き、偉大な方だと思っている、どこまでもついていきますというだけでは純粋と言えません。
自分の心の中に、少しでも神、仏、教祖を掴んでいる人は不純。田池留吉を知ることは、不可能に近いです。もちろん、聖者とか賢者とかも同じです。全く次元が違います。ホームページやセミナーや反省やメッセージとおっしゃっても、純粋でなければ、心の針は田池留吉に合いません。種水のレベルで言えば、10超ということになります。しかし、10超でもという思いもあります。しかしです。田池留吉は、あなたの心の中にも、私の心の中にも厳然として存在していると思っています。
田池留吉を見捨て去った、忘れ去った肉の思いでは、今世は、田池留吉を知ることは、とても難しいことだと思います。
私は、純粋に近い状態の時に、自分に伝わってくる思いには、ハイと従ってきました。決断と断行と全託できました。それが今日の私に私を変えてきました。だから、私は、私を、田池留吉を信じて、信じて今日まできました。来世は、250年後は、アルバートという肉体をいただき、純粋な多くの人々との出会いを得て、次元移行を完遂してまいる思いです。アルバート、田池留吉の世界をもっと、もっと分かっていくと思っています。
皆さん方も、一応、250年後の出会いと次元移行を目指して、日夜精進していきませんか。大変厳しいですが、喜び、喜びの道です。

58) 第1回目の手術が終わって、1週間が経ちました。その間に、色々のことを学ぶことができました。肉眼で。脳で。
みんな何も分かっていないことも。分からない今も、段々暗く独りぼっちで冷たく重苦しい世界で固まっていることも分からず、救いを求めています。現在、肉体を持っている人々も、もうとっくに離れてしまっている人々も、ただただ帰るところが分からず彷徨っています。
もう肉のことはどうでもよいのではないですか。高学歴、高収入、高級車、身を立て名を上げることも、どうでもよいのではないですか。自分の死に真向かいになって、どう生きるべきか。誠実に真剣に自分の生を見つめ直していきましょう。

59) イエスも仏陀も小さい、小さい。空海も親鸞、日蓮、法然といった歴史上に名を残している名僧、高僧と言われている人もみんな、小さい、小さい。
本来の姿はみんな、もっと、もっと大きい。愛、ひとつです。さあ、みんな離して、もっと、もっと大きくなっていきましょう。

60) 自分の心の針が田池留吉に向いているか。心の針が合っているか。迷ったときは、田池留吉を心からしっかりと呼び続けるようにしましょう。継続と積み重ねが大事です。あなたの心の何かが変わってきます。そのことを少しでも喜んでいくようにしましょう。あなたの心の中にある喜びが段々と大きくなってきますでしょう。
心のふるさとに帰っていきましょう。愛へ帰る喜び、愛を思う喜びを、今世、実感していきましょう。
それにしても、現在のあなたは甘過ぎませんか。偉過ぎませんか。意識の転回にこれ努めていきませんか。首を長く長くして待っています。決断と断行でいきましょう。

61) 心が外へ向いている時は、肉のことばかり。心を内へ向けるように心掛けましょう。だから、正しい瞑想。一にも、二にもと励んでください。頭脳では、真実は見えてきません。頭は程々に。心で感じて、己を知る日々を過ごすようにしましょう。。単純、明快、矛盾のない生活を。

62) 今世の学びの成果を来世の学びに繋げていってください。そして、300年後の次元移行に繋いでいってください。それまでに超大変な体験をなさると思いますが、心の針の向け先をしっかりとさせて、一歩一歩前へ前へ学んでいってください。人生とはそういうものです。あなたは意識です。愛です。よろしいでしょうか。

63) 愛の世界は人間の頭脳では、とてもとても計り知れないもの。まさに無限大、永遠、形はなし。何もない。しかし、すべてをと思えます。私は、これからもずっと信じて信じて、皆さん方とともに、ともに進んでいきたいと思っています。10超の段階でもという世界です。未来永劫に、永遠の今に正直に、存在していきたいと思っています。

64) 人間は、まだまだ甘い。まだまだ偉過ぎます。だから、肉の次元の幸せを、自分を誤魔化し、誤魔化しながら追い求めているのではないでしょうか。儚いことです。朝露の如し。真実の道へ軌道修正して、正道をひたすらに進んでいきませんか。自分を信じて生きていきましょう。自分をですよ。神や仏や金ではありませんよ。

65) あなたは、いや人間達は自分を小さくとらえています。意識です。肉ではありません。無限、永遠の存在。神、仏やといったものは小さい、小さい。
ホームページを読んでいますか。本を読んでいますか。正しい瞑想を実践していますか。この学びを自分の都合のよいように考えてやっていませんか。
種水の判定を必ず受けてください。独りよがりは禁物。私も判定に参加して、皆さんの努力に応えていきたいと思っています。勇気を出して、判定会に。有馬、橿原のセミナーでいっしょに学んでいきましょう。

66) 死後の世界、影も形もありません。もちろん、極楽、地獄といった空間、場所があるわけではありません。あるのは、自分の思いの世界だけ。ところで、死後、あなたにとって一番大事なことは何ですか。それは、田池留吉に自分の心の針を合わせ、田池留吉を思い続け、呼び続けることです。あとは?。
ところで、自分の肉の思いは明るいですか。暗いですか。それはどうしてでしょうか。素直で優しく喜んで、毎日を生きていきましょう。それには?。

67) 自己供養。自己を供養するとは、どういうことでしょうか。まず、死後の自分の世界を知ることです。その世界は、明るいか、暗いかをはっきりとさせることが大事です。では、暗い、冷たい、寂しい、重い世界はどんな世界、思いの世界でしょうか。肉の思い、肉を本物とする思いは暗いです。苦界です。
では、明るい世界、思いの世界とは、どんな世界、思いの世界でしょうか。自分が使ってきた、使っている思いをしっかり検証してください。でないと、正しい自己供養はできません。まず、自分の死後の世界を間違いなく知ることが、学びを進めていくうえで、大変重要なことです。

68) 学びに参加されている方で田池留吉はすごいと言う方は少なくありません。私自身もそう思っています。信じています。しかし、あなたもです。ひとつとも言っています。問題は内容です。その内容如何によっては、大変な違い、光と闇ほどの違いがあります。よく自分の心、思いを見てください。心の針は田池留吉に本当に向いているでしょうか。闇の田池留吉の声を聞いているのではないでしょうか。波動に偽りはありません。あなたの種水の判定はいかがでしょうか。

69) これからは、Sさんを中心にした輪が進化していきます。もちろん、Xさん、Yさん、Zさん、Pさん、Qさん、Rさん・・・の輪もできてくるでしょう。
そして、Sさんの輪に同化して、たとえば、Sさん、Xさん、Yさん・・・などが中心となって輪がさらに進化していくでしょう。
全く別の輪を大きくしていくもの、消えてなくなるもの、離れていくもの、色々の輪ができてくるでしょうが、しっかりと何が本物かを見極めていかないと、大変困ったことになるでしょう。常に自分の心の針が本当の田池留吉に向いているかどうか検証しながら、学びを進めていきましょう。

70) 己の頭脳や環境を誇る人は、意識の転回の内容をうまく説明ができても、本当に理解できているかというと、なかなか難しいようです。
己を肉とする思いや、五官でしか理解できないものしか分からないようです。一にも二にも正しい瞑想でしか、真実に到達する道はありません。そうです。1です。1ができているかどうかです。素直に真っ直ぐに心の向け先を管理してください。
意識の流れ
UTAブック
NPO法人UTAの輪