UTAの輪の中でともに学ぼう

塩川香世

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。
何をするために今という時間があるのでしょうか。
あなたは、本当の自分を知っていますか。
あなたはどういう存在でしょうか。
そして、死んだ後、どのような状態であるかご存じでしょうか。

UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。
肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、
みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 
私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。
波動の世界がすべてでした。私達は形の世界を本物として、ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。
すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。
このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、誰一人として、心で気付いた人はいなかった。誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。
しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、三十年の学びの時間を経て、私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。
だから、私達は呼び掛けます。宇宙に彷徨う私達の仲間、この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。
もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。ともに、ともに、帰ろうと。
愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。愛は、私達の心のふるさとでした。懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。
私達は、これから、250年、300年かけて、この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。
波動として、存在していることを、ただただ自分達の心の中で感じ合い、共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

あなたは目に見えません。あなたはエネルギーだからです。
日々の生活の中で、自分の作ってきたエネルギーを感じてください。
正しい瞑想をして、愛のエネルギーを心に感じられるようになってください。
何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、あなたの心で知ってください。
次元移行という意識の流れを心で知ってください。

宇宙を思って瞑想をしましょう。

愛へ帰る道。母なる宇宙を心に呼び、喜び、喜びで次元を超えていく、すべて自分が切望してきたことでした。
肉がすべて、肉を本物として生きてきた過ちの人生。真っ暗闇の中へ落ちていくことしかできなかった過去。
過ちの人生、過ちの過去とともに帰っていく道を選んでください。厳しくて険しいけれど、本物の優しさ、温もり、喜びの世界を知っていくには、それしかありません。
思うは田池留吉を日々実践、実践です。肉の時間の終わるその瞬間まで、思うは田池留吉一筋の道を生きていきましょう。

1371) 自分の生き方、存在の仕方をきちんと見直していく時間はゆったりとあったほうが幸せでしょう。
今世、自分に用意したひとつの肉であり、今の環境です。肉を生かすために肉があるのではないことは、それぞれもう感じておられると思います。
感じておられると思いますが、肉を持っている時間を本来の目的に十分に費やしていくことが、最も幸せな人生だと言い切れますか。
肉を生かすことに飽きない欲望を膨らませている人達、あるいはまた生きていくことに精一杯の人達の中で、そのように言い切り、それを淡々と実践していくには、やはり自分の中の固い強い決意に触れるということが必要でしょう。
今世こそという思いに触れていけばいくほどに道は見え、そして中心棒の確立ができていくという確かな手ごたえを、あなたも自分の中で感じてみてください。
自分の世界があるだけです。その世界がどんな世界なのか、しっかりとはっきりと知っていくことが肝要です。話はそれからです。

1372) どんなにしても分からなかった世界でした。真実の世界、本当のことは全部自分の中にあったことを学び、私は今世の転生で結果を出しています。
今世の転生が転換期となり、本来の自分の歩むべき方向を定めて存在していける結果を出しています。
田池留吉の意識の世界が肉を持ち、アルバートの波動を伝えてくれた厳然とした事実があります。それを大切に自分の中で育んで成長させていくことを確認しています。
自分との約束です。約束を違えずに、自分を裏切ることのないように、ただひたすら前を向いて生きていけばいいと伝わってきます。
自分の中の田池留吉の意識の世界。いつも心の針の向け先を確認して、管理して、それが私のたったひとつの救いの道でした。
全部自分の中にありました。その確信の度合いを高めていくことが喜びの道だと心は知っています。

1373) 今世もまた肉、肉で生きてきた時間の中で、様々なルートを辿って学びと出会った私達です。
どうぞ、今世の時間、学びに集った今世の時間を決して無駄にすることがないようにお過ごしください。
どんな生き方を選んでいくかそれぞれに係っていますが、次元移行という意識の流れは粛々として流れていることを、様々な現象を通して感じられるあなたであってください。
思うは田池留吉を実践して、喜びの中にあったことを確認、確認する時間をたくさん持っていただけたらと思います。
三次元最終の時間に向けて、心で気付いた方からその準備を万全に整えてまいりましょう。最終転生の時期に再び出会えるよう、自らの歩みを進めてください。

1374) 「卑弥呼、悲哀から目覚めへ」に続き巫女を思うというテーマで近々、UTAブックさんから冊子が出ます。
学びをしている人達に、2018年、今年に募集された原稿をまとめたものですが、それぞれに巫女の時に使ってきた心、思いのまま転生を繰り返してきたことを確認するいい機会にしてください。
別に巫女ということにこだわっているわけではありませんが、今、アマテラスに向ける瞑想を継続している時ですので、どうぞ、巫女の心、あなたが巫女として生きてきたときのあなた自身にも、しっかりと思いを向けて、そして聞いてください。
そうすると、たとえば巫女の思いが生活の随所に見受けられるということで、ああ私達はずっと思いを引きずって今、生活をしているんだということを感じると思います。
肉、形、環境、状況は変わっていても、中は変わらずのままだということを確認すれば、それでは、今の肉、形、環境っていったい何なのかということが現実味を帯びて自分の中に響いてくるのではないでしょうか。
どこからでもいいんです。どうぞ、自分の中を切り崩すきっかけを作ってください。

1375) ようやく秋らしくなってきました。今年の暑さは少々身体に堪えましたが、皆さんお元気に過ごされていますか。
加齢、こんな言葉少し前には気にも留めませんでしたが、今は身近に感じています。ただそれは肉、形の世界のことであって、意識、本来の私達の世界には年齢の壁はありませんので、目を閉じて思いを向ける術を心得ていれば、何も問題はありません。
何も形がない世界。何もない。けれどあるんです。確かに響いてくる世界です。その世界を信じ切っていくことはなかなか難しいことでしょうけれど、信じ切ることが喜びの道だと私は感じています。
田池留吉、アルバートと思うことが、母なる宇宙へ思いを向けることが幸せだと伝わってくる私の思いに沿って、肉は生きていくだけだと思っています。自ずと生活様式は単純化されます。色々なものを望んで求めて生きてきたけれど、どれもこれも違っていたことだけは確かでした。
何ひとつ確かなものに出会えずに、何度人生の幕引きがあったか。それでも幸せな人生だったと自分を誤魔化してきた哀れさを、今世の肉を通して感じてきました。そういう失敗の積み重ねがあり、それが失敗だったと確認できた今世は、やはり全く違っています。
真っ直ぐに続く道を歩いていく確信が自らを導いていく、今世は転換期でした。

1376) 肉、形の世界は複雑です。賢く立ち回っていても、決して本当の意味で賢くはないということが、頭優先の社会に生きている意識には全く分からないというのが現実だと思います。
だから、その揺らがないとしている自分達の足元から崩れ去っていく現象の波が、様々なところから吹き荒れていきます。
総崩れです。それはもう決して止めることはできない流れです。
意識の流れの中にある私達だから、その流れの中で自分を見つめ直す、知っていくしか生きていく方法はありません。
宇宙のもくずとなってまだまだどれだけ苦しみの中に沈んでいくのか、これは決して大げさなことではないんです。
現実のものとしてしっかりとそれぞれの心で受け取ってください。
そのために、そこから何とか脱出するために、決死の覚悟で今世の肉を自分に用意してきたという思い、どれだけの方が心で感じておられるのでしょうか。

1377) 学びの友からメールをいただきました。一読ください。ありがとう。ともに帰る道を真っ直ぐに歩んでまいりましょう。私は幸せ者です。何はなくても幸せ。

第204回「ともに瞑想を」
異語と同時に身体から飛び出してくる感覚。嬉しさとか喜びとかが爆発して中から飛び出してくる。身体では抑えきれない思いがどんどん噴き出してくる。ああ、意識なんだ。凄い凄い波動を心は感じているんだ。肉で色々抑え込んできたと思ってきたけれど、そんなものではない。頭では決して分からない世界、波動の世界が存在する。田池留吉の波動、愛のエネルギーが仕事をするとはこういう事なんだ。何度も何度も体験させて頂いてきたけれど、やっぱり凄い。凄いとしか言いようがない。何を感じるとか、そんなことはもうどうでもよくて、ただただ凄い凄いエネルギーが仕事をしている。その波動を感じて、嬉しい、喜び、お母さん、ありがとうがただただ飛び出してくるのが心地よい。こんな時間と空間が与えられていることほど幸せなものはない。どんなにしても得られなかった喜びと幸せがこの異語を通して心に浸透していく。ああ、嬉しい。幸せだ。本当に凄い凄い時に肉を持たせて頂いたんだなとつくづく感じる。嬉しかった。ただただ嬉しかった。

204のポッドキャストを聞いてともに瞑想しました。
軽やかに軽やかに流れている波動、どこまでもどこまでも流れていく波動。広い広い空間の中を軽やかに広がっていく。そして、最後はふるさとの歌のリズムとともに異語が溢れてくる。優しい波動の中での瞑想でした。
日々、ポッドキャストを聞いて瞑想する中で、最後は必ずふるさとの歌を歌っています。
そんな日々の生活の中で「人と動物のいる風景」の本の目次を見た時に、英語と日本語が並んで書かれているのを見て、とても嬉しかったです。そして、3日前から、瞑想の時、そして、ふるさとの歌を歌う時、自然に異語に変わりました。どうしてなのか分からないけれど、自然にそのまま続けてきました。自分の思いが素直にストレートに流れて消えていきます。そんな中で今日のポッドキャストでした。素直な思いで、日々の実践を続けていける今を喜んでいきます。
波動が仕事をする。至れり尽くせりの中で学ばせていただいています。素直な自分を蘇らせていける愛に帰る道、250年後が待っていてくれる。
異語とともに瞑想を続けます。ありがとうございました。

1378) 総崩れの現象の中であなたは何を思うのでしょうか。何を叫ぶのでしょうか。瞬間思う、田池留吉を思う、お母さんを思う、ありがとうと言える、難しいことかもしれません。難しくしてしまったのは私達です。肉を本物として生きてきたあまりにも長い時間です。しかし、難しいけれど決して不可能ではないことを知っていきましょう。
そうお伝えします。だから、日々の心の管理、針の向け先の確認を怠らずに、どんなことがあっても、言われても、ふうっと丹田呼吸をして喜びの自分の世界に時を置かずに戻っていけるように。
尤も、これは、喜びの世界が本当の自分の世界ですと、私は愛ですという確信が芽生えていなければということが大前提にありますが、日々のトレーニングが大事です。
そのトレーニングを重ねていく日々の中にこそ、今ある喜びが見出せるのはないでしょうか。

1379) 田池留吉、アルバート。心から心からそう呼びたかった。そう叫びたかった。こんなにも求め出会いたかった思いの中に、今肉を持っています。
肉は何のためにあるのか、やっとやっと肉がある喜び、肉を持っている喜びと出会えた今世です。
帰るところが分からずに苦しみ続けてきた自分の意識の世界に、ようやくこの今のひとつの肉を通して伝えることができたこと、確たる喜びを感じています。ここを突破口にして、どんどん次元移行へ向けて流れていく意識の世界です。どんなに苦しみ喘いできたか。宇宙の覇者など存在しなかったんです。
自分を自分で躍らせ、そして自ら苦しみの奥底に進んでいった過去の思いがぎっしりとあります。それでもそれは次から次へと明るい方向へ向かっていける今が確かにあることは揺らがない現実です。
田池留吉の肉がある間、学びの時間をいただきました。まだまだ綱引き状態かと何度か訊ねていただきました。
ようやくそこから抜け出すことができたから、その時期を迎えてあとは250年後にという準備を整えて、田池留吉の肉は目の前から消えました。私はそのように理解しています。
決して踏み外すことのないように心して歩みを進めていこうと、私はいつもそこへ戻っています。

1380) 204回目のポッドキャストが殊の外反応がありました。
異語です。異語を聞いてそれぞれに何かを感じられているようです。異語を聞いてというのは、もう言うまでもなく耳でというよりも心で波動を感じるということです。
宇宙と言えば、人によってはまだまだ漠然とした感覚でしかないかもしれませんが、宇宙を思う瞑想は、実は私達が本当に心から待ち望んできた瞑想と言ってもいいと思います。
宇宙を思いたい。思いっきり宇宙を心に広げたい。宇宙と思うことがこんなにも幸せで嬉しくてすごいことだったと、初めて今世初めて私達は心で知るところとなりました。
過去は宇宙と思えば、闘い、恐怖、冷酷、狂い、そんなブラックのエネルギーしか感じられなかったのではないでしょうか。
実際、今世も田池留吉の肉とともに田池留吉の意識の世界の中で宇宙と思うことは、最初の頃は恐怖以外にはなかったという体験が私にはあります。
それが段々段々変わり始めてきた手ごたえがあって、ようやく、宇宙と思えばただただ嬉しい、ありがとう、ごめん、間違ってきたよ、ありがとうそういう瞑想へとなっていきました。
異語、宇宙語と表現してもいいかもしれませんが、異語でどんどんどんどん語ってみてください。

以下、学びの友よりのメールです。一読ください。
異語は、波動。宇宙の波動を奏でるリズム。何とも言えない波動が心の中に広がって染み込んでいく、こんな感覚は初めてです。
異語から伝わってくる波動が心の中でこだまするよう...。セミナー会場で種水を目にした時と似ています。あなたは愛ですという波動を受けて、田池留吉、ありがとう。と私の心が叫びます。一瞬しか種水を目にしていないのに、その波動が私の中で流れ続けます。異語を耳にしているうちに、その異語が波動となって私の心に響いてきます。
心に感じる波動の世界を心に広げていくのですよ。そんなメッセージが同時に湧いてきます。真実の波動、心に響く波動、思うということは心に広げていくということ。異語も種水も、波動を伝えてくれている。意識の世界が確かに存在する。こうやって肉体を持っていることで、目で見て、耳に聞こえて、心に響いてくる体験をすることができる。何とも言えない嬉しい体験です。
今まで私の中で異語は苦手というか、自分が異語を発するということはあまりしっくりきませんでした。でも異語は波動を伝え合う、呼応し合う、喜びの作業。初めてそう感じられました。これから異語を聞きながら宇宙を思う瞑想をしよう、そう思っています。このような機会をありがとうございました。

1381) 学びをするか止めるか、迷っている人は止めてください。そんな迷いの中で学びを進めていこうとすること自体、自分に失礼です。
自分に失礼、そんなことも分からなくなってしまったという現実です。
そんな地に落ちてしまった意識の世界を引き上げ、救い上げていくには、それ相当の覚悟が必要です。自分に失礼なことばかりをやり続けてきたのだから、それを修正するにはもちろん様々な痛みを伴います。
しかし、修正のチャンスを用意してきたんです。何もかも承知でやり直していこう、本来の自分の生き方に戻していこうと、自ら決死の覚悟でチャンスを用意してきた、その奥深い本当に奥深い思いに触れていかなければ、どんなにしても幸せになれるはずはありません。
お金で神で幸せになれるならば、私達はとっくの昔に幸せになって、転生などしてくる必要もなかったのです。
あなたの中の田池留吉に思いを向けて、あなたの中の母の意識に思いを向けて、しっかりと知ってください。

1382) 心が叫ぶ。心が求める。愛へ帰ろう。私のふるさと愛へ帰ろうと。その叫びをその思いを全部押し込めてきたのも自分でした。肉、形を本物として生きてきた時間の中で、全部全部捨て去ってきました。
「そんなあなたではありませんか。そんなあなたなんですよ。それを私はあなたに知っていただきたいと、このようにして肉という形を持ってあなたの目の前に現れました。はっきりと真っ直ぐに言いました。
あなたは何も知らない。自分の本当の世界を知らずに、全く哀れだ。そんなあなたの心の声をきちんと聞きなさい。それからです。私にどんな思いを向けてこようとも私はあなたのすべてを受け入れています。私に思いをどんどん向けて、あなたの中をきちんと見るんですよ。私はあなたがそれをしっかりとやってくれることを首を長くして待っています。」
そんな思いとともに私は学ばせていただきました。
本当に待っていただきました。道が見え開いていくのを待っていただきました。あとは私達次第です。250年後に出会いを持つ私達です。この出会いをしっかりと活かせるように、今世の肉を持つ時間、真摯に淡々と自分と向き合っていく喜びを広げてまいりましょう。

1383) 幸せも喜びも温もりもみんなみんな違っていました。本物を知らないうちは、肉の幸せ、喜び、温もりがあればそれでよかったんです。しかし、知ってしまいました。次元が全く違うことを知ってしまいました。
肉があれば肉の幸せ、喜び、温もりを求めます。しかし、それには限界があります。条件、環境が変われば変わっていく可能性は否定できません。だからそれらには裏表があります。場合によって簡単にひっくり返るということです。
けれど、本物は違います。決して変わらない幸せ、喜び、温もりでした。
すごいと思いました。肉を持ってそういうことを学ばせていただくことがすごいと思いました。そしてそれは自分達の世界が心から望んで待ってきたことだと思いました。ということは、私達もすごいんです。ただし本物の自分を知っていけばということですが。
知るチャンスを自分に用意してきたこと、これはこれはどんなに感謝してもし尽せないそんな思いでいます。

1384) 生きていれば色々とみんなあります。あっていいんです。あって当たり前です。ただ、それを掴んで苦しんで悩むということが違っているんです。
あるのは喜びの世界だけ。ここをしっかりと信じられる自分に変わっていきましょう。
そうしないと、ひとつ悩みが解決してもまた次、形を変えて問題が発生してきます。それらは何のために起こってくるのかという根本的なところを解決しない限り、事が起こっては苦しみ悩み解決しては喜ぶ、けれど喜んでいたのもつかの間、また次の難儀な事態が沸き起こってくるということでしょう。そして、また苦しみ悩む。この繰り返しの中で人生の幕を閉じていきます。暗い循環の中で、人生の幕が開き、幕を閉じていくことを永遠とやってきたのです。
その循環を明るい流れにしていきましょう。どうすればいいのでしょうか。難儀な事態だと思う思いを変えていくんです。これは難しいことだけれど、その暗い循環から抜け出していくには、それをする必要があります。
つまりは意識の転回です。肉から意識へ基盤を変えていく以外に方法はありません。
人生は喜びです。これをしっかりと自分の中心に据えて、自分の根本を見直してまいりましょう。

1385) 10月のUTAホール志摩セミナーも喜びのうちに無事終了しました。ありがとうございました。一泊二日の4時間ですが、それぞれの心に何か響くものがあったならば幸いです。
学びの友とともに瞑想をする時間を共有して、それぞれに自分の生きていく方向を見つめ直すひとつのきっかけになればいいと思います。
色々な事情で二泊三日のセミナーには行けないけれど、一泊ならばという方もおられるでしょうから、そういう方達には、UTAホール志摩という場所はありがたいのではないでしょうか。またともに学ぶ機会があればぜひUTAホール志摩にお運びください。
本当に学びたい方達といっしょに学んでいきたい、心からそう思っています。間違い続けてきた転生の山積みの中から、それぞれどうぞ這い上がっていきましょう。250年後に思いを馳せ、今世をどうぞあなたの転換期にしてください。そういう思いを乗せて、ディアアマテラス、親愛なるアマテラスの瞬間波動のお勉強を今回もさせていただき、私は嬉しく思っています。

1386) 私は私の決めてきた予定のコースを歩み続け真っ直ぐに自分の思いを遂行していきます。
固い決意のものに生まれてきた今世です。どんなに本当のことが知りたかったか。あれも違う、これも違う、そんな苦しみの転生ばかりの末、ようやく出会いを持ったのです。
何としても今世の出会いをあと一回の最後の転生、250年後に繋いでいくという思いの元にずっと学んできましたし、今もそうです。
そうです。私に残された転生はあと一回です。その一回は本番です。絶対に失敗はできない。だから今世なんです。今世、今世でやるべきことを消化して準備を万端整えて、本番に臨むという計画を自ら立てました。
そういうことを瞑想の中で確認しつつ、今の肉、環境を思っています。
田池留吉の意識の世界が一つの肉を持ってきてくれたこと、それはそれはすごいことでした。

1387) 本来の自分の生き方、存在の仕方をしっかりと思い起こし、その思いとともに生きていけるようになれば、そこから新たな喜びが感じられるでしょう。今までとは全然違う喜びの中にあったこと、それは全部自分の中にあったこと、はっきりと感じると思います。
いつも見ている風景、それは変わらないけれど、自分の中が変わっていくから、見ているようで見ていない、聞いているようで聞いていない、そんな生活ができてくるのではないでしょうか。
肉、形の中に深みにはまらない、掴まない、握らない、こだわらないということが自然になってくると思います。
楽に生きましょう。そうです。自分の中に思いを向けて、どこまでも広がっていく意識、波動の世界にある自分をただ思っていけばいいのです。

1388) 私は私の宇宙の中に生きている、存在しています。みんなそうです。あなたもあなたもみんな自分の宇宙の中に生きているんです、存在しているんです。決して形の中に生きているんではないんです。
宇宙、その宇宙の住み心地がよければいいんです。風通しがよくていつも優しい温かい温もりが感じられて、その中で委ねていける幸せ、喜びを感じられる宇宙であればいいんです。そのように私達は学んできました。学ばせていただきました。
どうぞ、それぞれの心で感じられることを喜んでください。学んできたことをしっかりと育んでいけるかどうか、それはあなた次第です。
もちろん、今世、田池留吉の肉とともに学ぶ時期と合わなかったけれど、今世学び始める方達がいます。確かに田池留吉の肉とともに学べなかったけれど、今世学ぶ計画を立ててきた方達です。それはそれぞれの計画だからそれでいいのです。今世の学びをそれぞれの転生に繋いで、最終時期250年後に集結していけるようにする、その点に関しては、田池留吉の肉とともに学んだ方達と何ら変わることはありません。
どちらにしても、今世学びに触れたこと、決して自ら無駄にしないように心掛けていきましょう。ラストチャンスと心得てください。

1389) 真っ直ぐに自分の中の切なる思いとともに、本当の自分とともに歩みを続けていく、こんな幸せな人生はありませんでした。
すでに道が見え真っ直ぐに続いていることを確認している今世の時間です。それをしていくために今の肉を自分に用意したんだとはっきりと感じられることが、何よりも幸せなことだと思います。
肉の喜び、幸せ、温もりを求め続けてきました。儚く消えていく寂しさ、空しさを何度も味わいながら、求めずにはいられなかった自分の哀れさをしっかりと知り、苦しみの中から何とか抜け出していく術を学ばせていただいたのが今世でした。
もういいと思いました。自分が勝手に握って掴んでこだわって、本当に自作自演の中で苦しみを上積みしてきただけのことだと思いました。
ともにある喜びを真っ直ぐにストレートに伝えてくれた波動の世界を何度も感じさせていただき、学ばせていただきました。
ありがとう。本当にありがとう。もう自分を決して裏切らない、本当の自分の思いをしっかりと抱えてこれからの時を通過してまいります。

1390) 私は何のために自分が今、肉という形を持っているのかを心で分かっています。だから、私は私の思いに素直に真っ直ぐに応えていくことをやります。
私に用意して残っている肉の時間、ただその思いを中心に据えて生活をしていけることを喜んでいます。
もちろん、肉は愚かだし生活をしていれば色々とありますが、しかし、私はふうっと思いを向けて針を合わせる術を心得ています。
もう決して肉のことで深みに自らはまっていきません。いくはずはありません。心に感じる世界は決して揺らぐことがない、そうしっかりと思えるほどのものを感じているからです。
アルバートの波動と出会いたかった。待って待って待ち望んできたことを田池留吉の肉とともにきっちりと学ばせていただきました。
それは私にとって何よりの宝物です。ここをしっかりと抱えながら、私は次元移行へ向けて直進できる幸せを感じています。

1391) これまでの転生そして学びに集う前の今世の時間。それと学びに集い学び始めてから来世の転生を迎える時間。
両者は全く違うものになるはずです。またならなければ意味がありません。
せっかく用意してきた絶好のチャンスです。生き直し自分を本当に見つめ直す絶好のチャンスです。
今世の時間を大切にというメッセージが繰り返し出てきます。
自分に自分が伝えているメッセージを決して無駄にしないようにと、私は私の歩みを進めています。
誰も何もどうもしてくれないんです。投げやりでそう言っているのではなくて、自分の中の愛、愛の自分を信じていく方向に生きていきなさいということを明確に伝えてくる思いを真っ直ぐに受け取っていけばいいということです。
信じて待ってくれていた本当の自分の存在を感じていく人生。こんな人生今までただの一度もなかったことだけはみんなに共通するところです。
さて、そこからどちらの方向に一歩を踏み出すか、今世は大きな岐路です。

1392) 学びの友からの質問です。

1391)読みました。
学びに集い始めてから来世の転生を迎える肉の時間、その間は田池留吉の肉も塩川香世さんの肉も、真実を伝えてくれる肉のない中で、私は一体どんな生き方をしていくんだろうという思いが出てきました。
今世の時間を大切にという自分からのメッセージを決して無駄にしないようにと・・・でも真実を伝えてくれる肉のない間、私はまたまた、地に落ちたままで真っ黒の上塗りをしていくだけなのでしょうか。
今世学んだことはしっかりと自分の中に確立していれば、何度かの転生の中ででも、真実を伝えてくれる二人の肉がない間でも、自分の中の喜び温もりを思い出していけるというのか、感じていくことができるのでしょうか。
私はこのメッセージを読んだ時に、ふと、そんな疑問が出てきたので聞いてみたいと思います。

田池留吉に聞きます。
はい、確かに真実を伝えてくれる肉は、今世から250年の間のそれぞれの転生の中ではございません。ですが、あなたが今世の学びの中でしっかりと自己確立をされたならば、その効果が250年後の転生に反映されるということをお伝えします。
まずは今世の学びをしっかりと自分の中で果たしていくことです。自己確立の道をしっかりとつけるということです。そこにポイントを置いてください。そして、あなたの今世から250年の間、何度かの転生があると言われていましたが、そうです、その転生の間、真っ黒の中で地に落ちたまま、真っ黒の上塗りをされるということです。しかし、250年後、出会いがあります。肉との出会いがあります。何もみんながみんなアメリカの地に転生をしてくるというわけでもなく、その必要もありません。ただ、私達は肉というものを同時期に持たせていただいて発信します。
肉を通して、波動、宇宙、真実の波動の世界を発信するということです。その波動を受けて、あなたの中の今世の自己確立の度合いによりますが、その波動を正しく受け取って、そして次元移行を達成できるというわけです。ですから、すべては今世です。今世がすべてです。今世の学びこそがすべてです。今世、あなたの自己確立に努めてください。

1393) 漫然と学ぶのでなく、漠然とした喜びではなく、しっかりと学んでいきましょう。自分の肉を通して様々な肉の情報が入ってきます。それらを肉を生かすために、肉を高めるために、肉を認めさせるために活用するのではなく、自分の中の地獄を確認するために活用してください。
今世、学びと出会い学び始めたという事実はすごいことなんです。
全部、自分の計画ですが、その計画を予定通り遂行していくことに専念してください。
自分と自分の学びです。誰も救いにきてくれません。地獄の奥底から脱出する目途が立たなければどうすることもできません。
一応、今世の学びによりその目途を立てても、1392のメッセージ通り、250年の間にある何度かの転生では、真っ黒の上塗りをしてしまいます。ですが、今世の学びの出来次第で250年後が見事に変わっていくということです。
それほど、250年後、最終転生の喜びの発信はすごいということです。特に、肉を持たない意識の集団の目覚め、いわゆる闇黒の宇宙の目覚めの勢いはすごいです。
だから、母の温もりをしっかりとして、今世、自分が生まれてきた意味を本当に心で分かりつつある方は、宇宙に向けてどんどん瞑想をしてください。

1394) それぞれみんな本当のことを自分に伝えるために、今、こうして肉を持って学ぶチャンスを用意してきました。
それは自分の計画です。何としても本当のことが知りたい、そして何としても本当のことを自分に伝えたい、そんな思いをそれぞれに抱えて生まれてきたのではないでしょうか。ああそうなんだと聞いてそう思うのではなくて、そのことをあなたの心で感じてみてくださいということです。
しかし、本当に感じていくには瞑想、正しい瞑想ができてこなければなりません。
そうでないと、そんな切なる思いが響いてきても、それをかき消すエネルギーがまだまだ優位にある状態から脱し切れないから、同じところをぐるぐる回っているだけなんです。その状態はぐるぐる回りながら上がっていくというものではなく、ただ回っているだけ。つまりは歩みの一歩を踏み出せていない状態ということです。
一歩踏み出したかと思えば一歩後退。同じところで足踏み状態ならまだいいほうで、場合によっては後退しているかもしれません。
半端な思いで学びに集ってきたのではないことだけは確かなことだと、それぞれの中で自覚を深めてください。
いつまでも苦しいとか分からないとか言っている場合でなく、苦しかったらなぜ苦しいのか、分からないというのはどういうことなのか、真剣に自分と向き合ってください。

1395) 先行き不透明な肉、形の世界です。一寸先は闇。まさにその通りです。今はもう何が起こっても不思議ではありません。想定内、想定外を問わず、様々なところから崩れ去っていく肉、形の世界です。
しかし、先行き不透明なのは、肉、形の世界だけではないのではないでしょうか。
意識の世界、これから存在していく自分自身の状態は、先行き不透明な状態ではないと言い切れますか。
しっかりとした自己確立がなければ言い切ることは難しいでしょう。
自分の本来生きていく方向をしっかりと見定めて、今、肉を持っている今、本物の世界と出会っていきましょう。
偽物ではなく本物です。250年後は遠い先のお話ではないんです。今が250年後だと言ってもにわかに信じることは難しいでしょう。そこまで思えなくていいから、250年、300年に至る地球上での出来事は想像を絶するものだということくらいは、それぞれの心で感じられるようになってください。三次元最終を迎えるということは厳然とした事実だということも。

1396) 何も持たずに生まれてきたのだから、何も持たずに死んでいくのです。
今度こそという思いを抱えて生まれてきたのだから、その思いを確認しながら死んでいくのです。
生れてきて死んでいく、また生まれてきて死んでいく、その繰り返しの中でいったい何を学んできたのでしょうか。学ぶどころか自分を落としていっただけの転生でした。
何度失敗しても、それでも自分の中の愛に目覚めたいとそう思ったから、自分に肉を持たせてきたということでした。そんな思いを自ら踏みつけにして、我一番なりと言い続けてきたことが、本当に哀れでしかありませんでした。
今、ひとつの肉を通して自分の中の宇宙を感じていける時間を用意しています。ずっと喜びと温もりの世界とともにあったことを確認できる時間を自分に用意できたことを幸せに思っています。
ともにある確信を強く深めていく時間の中に生きていけばいいと伝わってきます。伝わってくる思い、波動を大切にしています。

1397) 2019年、元号が変わります。私は、2019年3月に60歳を迎えます。2019年、亥年。私自身、またひとつ意識の流れの中で、転機の年となるように思います。
次元移行を果たしていく意識の流れの中で、肉、形の世界に起こる出来事、現象は何ひとつ不必要なものはないことをしっかりと心に留め置いて、真っ直ぐに歩いていくだけだと思っています。
どんなこともそれを後押ししてくれる現象だととらえ、ただひたすらに自分の決めてきた道を真っ直ぐに歩いていける喜びを感じていく人生の時間となるように、お互い可能な限り学んでまいりましょう。
もうすぐ11月の志摩セミナーです。ともに心を向けていける時間と空間があります。どなたもそれぞれの中に抱えている宇宙とともに、心を向けてまいりましょう。宇宙は愛、愛へ帰る道をともに行きましょう。

1398) 思う喜びと思える喜び。あなたの中でしっかりと育んでいますか。
思う喜びと思える喜びです。そんな喜びとどんどん出会ってそして、自己確立の道を歩んでまいりましょう。
幸せな私達でした。元々幸せな私達でした。そう気付いていく、そう知っていくのにたくさんの転生を経てきました。
失敗の山積みで、宇宙に垂れ流してきた闇のエネルギーを回収していくのは大変ですが、それを成し遂げないことには次元を超えていけないのです。
厳しい意識の世界ですが、超えていこうという呼び掛けがあるということは、決して不可能なことではないと知ってください。

1399) 私達は何度転生を繰り返しても、真実の世界が分かりませんでした。肉基盤が間違いの根っこだったと今世の肉の耳を通して情報を得ても、なかなか心で分かるということは難しいのが現状です。
ですが、肉、形の世界が色々なところから綻びを見せ始め、いったい本当のことって何だろうかと考える人が増えてくるこれからです。
仕事が順調で家族にも恵まれ一応この世的な成功者と評価をいただいても、さあ本当のところはどうでしょうか。
ひとつの目標を掲げて自分を鼓舞し人生を謳歌しているかのように見えても、死ぬまで順風満帆の人生とはいきません。
仮に、自分の思いが全部叶えられた人生であったとしても、死んでしまえば雲散霧消です。
そういうことを本格的に自分の心で知っていくことが、知っていこうとすることが大事なのではないでしょうか。目の前の出来事に一喜一憂して、自分が生まれてきた本当の意味も知らずに、大切な肉を持つ自分の時間がなくなっていくことは絶対に避けたいところです。
今世の転生をしっかりと活かして、本来あるべき道を歩いていきましょう。
世の中は濁流です。肉を持っている以上、その濁流と無縁というわけにはいきません。流れながら流されない生き方をそれぞれが習得して、ごめん、ありがとう、嬉しいの喜びの人生の時間を可能な限り持ってください。
ともに行こう、そんな呼び掛け、いざないのほうにしっかりとあなたの心の針を向けて合わせて次の転生の足掛かりをしっかりとつけてください。

1400) 学びに何を求めているか、いわゆる学びをしている動機をしっかりと確認してください。そしてその動機が間違いだと確認したときは速やかに修正に取り掛かってください。そうしないと学んでいるつもりでも、実は学んでいないということになります。
動機の確認そして修正、これは非常に重要です。学びに何を求めているか。本当に喜びだけで学んでいるのか。しっかりと自分に問うてください。
そのうえで、瞑想を継続して、これだ、この道しかないと自分の中ではっきりと感じたならば、もう真っ直ぐにその感じたものをより深くより強くより広く、自分の中で育むようになさってください。
真っ直ぐです。寄り道をしないでただひたすらに真っ直ぐに自分の決めてきた道筋を力強く歩んでいくことに専念です。
もう時間は残されていません。まだまだあると何となく思っているかもしれませんが、本来の軌道に自分を乗せていく難しさを思えば、そんな悠長なことは言ってられないのが現実だと思います。

1401) 11月志摩セミナー、ありがとうございました。間違ってきた私達ですけれど、こうしてやり直せるチャンスに恵まれていることに感謝です。
私は今、少々歩きづらい状態なのですが、色々な方のお世話をいただきながら、今回のセミナーも無事終了できてほっとしています。
今世、学びに集うことができた私達です。田池留吉の肉を通して懇切丁寧に学ばせていただいたことに、ただただありがとうしかありません。
その思いを真っ直ぐに自分の中に広げ育んで、そして愛、自分達のふるさと愛へ帰る道を一歩進めてください。
宇宙と思えば、ただただ嬉しい、ありがとう、ありがとう、私はあなたの宇宙へ帰ります、そんな思いが溢れてくる喜びの中へ、どうぞ、ご自分をいざなっていきましょう。
ともに波動の世界を学べる今、心から嬉しいです。

1402) 何よりも大切なこと、何よりも何よりも大切なもの、どうぞ、それぞれの心の中に、意識の中にしっかりと確立してください。
肉、形の中で無難にまたは器用に生活をしても、もうお分かりのように行先真っ暗です。地獄の奥底に沈む転生からの脱却を真剣にしてください。
広々と開けた温かい温もり、喜びの中へ帰っていく、戻っていくチャンスの時をしっかりと活かして、ともに母なる宇宙を目指していきましょう。
250年後の最終転生に合わせて、どんどん正しい瞑想を重ねてください。
アルバートの波動と出会いたかった私達なんです。心から心からそう切望してきたこと、あなたも自分の心で味わってみてください。
もう嬉しいだけです。ありがたいだけです。アルバート、心から心からそう呼べる幸せを何度も何度も堪能してください。

1403) 宇宙を思う瞑想をしていますか。宇宙を思えば、あなたの心の中にどんな思いが伝わってきますか、それぞれの中に響き伝わってくる波動があるでしょう。そこからまた一歩自分の歩みを進めてください。次元移行は宇宙とともにです。どうぞ、日々の瞑想を楽しんでください。
学びの友からのメールです。一読してください。

宇宙を思う瞑想の中で。田池留吉を思い、宇宙を思う。
異語がどんどん溢れてくる。肉の思いが薄れて、軽やかに爽やかに、温もりの中で自由に羽ばたいている。明るい中に自由です。
田池留吉を思い、宇宙を思えば、異語が溢れてくる。
悲しい思い、寂しい思い、恐怖の思い、怒り、憎しみ、呪い、恨み、私は正しい、立派、特別、全てが肉の自分を握っている。そんな握り続けてきた自分のことを今、気付かせてくれます。敵も味方も、プラスもマイナスも、特別と思う存在も全部偽物の私が作り出した世界だった。
偽物の私が肉で抱えているもの、握っているもの、掴んでいるものを、どんどん少なくしていくだけです。身軽になれる喜びを大切にしていきます。偽物の私は、無知でエゴで欲深かっただけでした。そんな自分が宇宙を思い異語を語れば語るほどはっきりと見えてくる。何もいらなかった。明るい波動か、暗い波動か、自分から流れる波動がはっきりと分かればいいだけだった。自分から流れる波動を感じていけることが、どれだけ大切かを自分が自分に教えてくれていた。間違ってきた自分を知る恐怖から、間違い続けてきた自分を認めて受け入れていける自分に変っていける喜びを、感じています。ともに帰ろう。ともに帰りたい。その思いは同じでした。一つです。
田池留吉を思い、宇宙を思う。異語で語れる一人の時間を大切にして、瞑想を続けます。幸せです。

1404) 2018年も2か月を切りました。NPO法人UTAの輪からいただいたカレンダーをふと見れば、愛、心のふるさとへ帰ろう。とあります。
ともに帰る道をそれぞれの心の中に見つけ、喜びの人生としていきましょう。
どんなに苦しみを重ねてきても、喜びの人生に自らをいざなう計画のもとにあります。これこそ、私達が愛でしたという確たるものです。
母の思いを決してもう無駄にすることなく、自分に優しくそしてしっかりと正しい生き方を可能な限り学び取って、今の肉の時間を終えていきましょう。
私達は自分の中に戻っていくしかないんです。外へ求めても何も得られなかったということを、はっきりと知ってください。
母に抱かれていた安らぎの時間に帰っていくことがすべてでした。
荒れ狂う自分の中の闇の世界も、そうしてくれと切に思っています。
そうできる術を伝えていただいた私達ですから、あとはその喜びと幸せの仕事をしていけばいいだけです。自分の中が崩れていく喜びを存分に感じ、本物の喜びと温もりの世界を広げてまいりましょう。

1405) 肉は本当に愚かだと思います。愚かだから、恵まれた中にいても恵まれているということについて鈍感になります。ついつい当たり前として受け取ってしまいます。当たり前でなく、意識の世界を最大限学ぶために私の意識の世界が用意したものだから、今世の学びの最終段階として、ゆったりと過ごす計らいを、愚かな肉も喜んで受けていこうと思います。
ここ2、3日、家の近くの公園に何年かぶりに行っています。優しい秋の日だまりの中で木々も紅葉していました。
そう言えば、愛犬が死んでから、私は家の近くをこうして散策することをしてこなかったと思いました。
散歩と言えば、少々足を延ばしたところにある大阪城公園ばかりを思っていましたが、こんなに近くに手頃な散歩コースがあるのが、今の私には助かりです。前は自転車で動いていましたが、歩きを主とした生活もいいものだと思っています。
これからさらに私の肉の時間はゆったりと流れると思います。ゆったりと流れる時間の中で、思うは田池留吉、そして思うはアルバート、宇宙と今世の肉ある時間を楽しんでいこうという計らいです。
もうお金を稼ぐ必要もないし、あとは残りの今世の肉を持つ時間、250年後の来世の私とともに学びます。

1406) 瞑想、瞑想といっても、暮らしていく中で、するべきことをおざなりでいいということではありません。
きちんとするべきことはして、つまり生活のリズムをそれぞれ整えて、身体も心もリラックスして瞑想をしましょうということです。
肉的に忙しくて身体も心も疲れた状態で瞑想なんてできるわけはありません。
瞑想をする時間の長短云々の話ではなく、きちんとした瞑想ができる環境が整っているかが問題です。
それが生きていく中で最も重要です。何のために今、肉を持っているのかというところに戻ればそれはそうです。
ひと財産築くため、家族を形成するため、肉の己を高みに置くため、そんなことで生まれてきたのではないことをしっかりと自分の中で確認してください。
肉を持つ時間は限られています。限られた中で、さらに学びをしていく時間は限られています。そこのところもしっかりと確認してください。

1407) 意識の世界は分かっていけば、非常に簡単です。プラスもマイナスもない、みんなプラスだからです。
こっちかあっちか迷うことも悩むこともないんです。ただ一本の道が真っ直ぐに続き、その道を歩んでいけば必ず広がっていく温もり、喜び、安らぎの世界があることを自分の心は知っているから、もうひたすら真っ直ぐです。
母の意識が伝え続けていた世界が確かに私の世界でした、私でしたとなってきます。
田池留吉の肉は、そのことを私達に伝え続けてくれました。ありがとうしかないです。
思うは田池留吉。肉の終わるその瞬間まで思うは田池留吉一筋の道を生きていきましょうということです。
メッセージ通り、あなたもあなたの歩みを確認して、ともに喜び、幸せの元々あった世界へ戻ってまいりましょう。
愛を捨て狂い続けてきたことを自分に心から詫び、そして生き直してください。

1408) 幸せを知っていきましょう。本物の幸せと喜びをその心で知っていきましょう。何も要らなかったんです。思える心を持っていました。もちろんこの心というのは、死んでも、つまり肉体が無くなってもある意識の世界です。その意識の世界こそが私達の本当の住処でした。形あるものばかりを信じ追い求めてきた私達に、形のない世界がすべてだということはなかなか浸透していくことは難しいです。
しかし、信じ追い求めてきた形ある世界が悉く崩れ去っていく現実を目の前にしたとき、私達はいったいどこに心を向けていけばいいのかということに直面します。
神と祈りを捧げても、その神の世界が哀れにも醜く無残な状態であることを知っていくでしょう。
神聖な神の世界など存在ません。慈悲深い仏の世界など存在しません。
深い闇の眠りから自ら目を覚ます激動の時を迎えます。当然、痛みを伴います。痛みのまま終わるのか、痛みが喜びへと変わっていくのか、まさに激動、激震の時がやってきます。

1409) 何はなくとも、母なる宇宙へ帰る、愛、心のふるさとへ帰る道をひたすら歩いていくこと、そう決めてきた自分の中の思いをしっかりと思い起こしていきましょう。
決めてきたんです。自分自身が決めてきたこと、誓ってきたこと、約束してきたこと、今世こそ本当に思い出して、本当の自分に復活してまいりましょう。
何はなくとも幸せ。この道、この道と出会ったから。そして、今、着実な歩みを進めているから。はっきりと自分に言えますか。
みんなみんなともに帰ろう。ともに帰ることを切望していることを、あなたの心で感じてみてください。それはそれは幸せな時空に自らをいざなっていきます。そして、切望が現実となってくると、さらに幸せの深みが増してきます。何はなくとも幸せです。

1410) その気になりさえすれば、いくらでもやり直し、生き直しができる今です。本当のことはこうだと伝えていただいたのだから、あとは自分次第です。本気になって自分の人生と取り組んでいく真の勇気が必要です。
肉に埋没してそれなりに生きていくことなんて容易いことです。
しかし、それは自分の世界から目を背けて、自分を裏切っていく行為です。その思いは途轍もなく冷酷です。肉の中に馴染んでしまったならば、それさえももう全く分らなくなっていきます。
そこから、どう切り抜けていくか、やはり、そこには母の温もりのパワーが必要です。
そこをしっかりと確認していれば、自分の未来は明るいです。本当の意味で明るいです。未来が明るいということは、過去も明るい、明るい方向にいざなっているということです。だから、やり直し、生き直しができる今を何よりも大切にしていきましょう。

1411) 田池留吉、そしてアルバートと心から呼べる今があることに、喜びと幸せを感じていますか。
ともに行きましょう。ともに歩いていきましょう。ともに生きていきましょう。みんなそれぞれに環境の違いがあります。環境を始めとして肉はそれぞれ自分を知るために、自ら用意してきたものです。自分の愚かさを知るために用意してきた肉です。そこをしっかりと確認して、もう自らの思いを裏切ることなく、どうぞ、幸せを知っていきましょう。
私達は帰ります。帰れることを心で知って、その道をともに生きていく喜びを広げてください。
田池留吉、そしてアルバート。母なる宇宙へ帰る道しかないことを、一人でも多くの方が心で分かっていけば、こんなすごいことはありません。

1412) どんなに間違ってきても、生き直しができることが最高に幸せなことだと思います。生き直し、それはもちろん、基盤の問題です。肉から意識へ生きる基盤を変えていく、それが生き直しということです。
肉の中で肉として生き直すということではありません。そんな空しいことをいくらやっても、空しさだけが膨らんでいくだけです。
肉は手ごたえがあるかもしれません。しかし、その手ごたえの中身は何もありません。空洞です。そんなことも分からずにずっと生き続けてきた自分が哀れとしか思えませんでした。
あなたはどうですか。自らの思いを、切実な叫びを心で受け止めて、そしてしっかりと喜んで生き直していきませんか。
母の意識が伝えてくれた通り、その通りに生き直していきましょう。

1413) それぞれ自分に用意した時間、肉の時間です。その中でどう生きていくか、何を選んでいくか、何に思いを馳せていくか、それはそれぞれの選択です。
私はこう生きます、これを選びます、ここに思いを馳せていきますと、自分に宣言したならば、その通りにやってください。
そして、その結果を踏まえて、自分なりに生きていけばいいと思います。
その良し悪しを判定するのは自分です。そのような中に私達は存在しているということを知っていきましょう。
愛の中にあります。愛の中にあるから、間違い、過ちは必ず正されます。
それが意識の世界です。その意識の世界に真っ直ぐに生きていくことが、もうお分かりと思いますが、たったひとつの喜びの道です。
いずれ、どなたにもこのことが心で分かる、感じられる時がやってきます。
今世、学びに触れた幸せ者の私達としては、「私達は間違い続けてきた」これだけは、今世の肉を通して知るようにしてください。

1414) 「あなた、田池留吉を信じていますか。」その問いかけがどなたにもこれからさらに厳しく迫ってきます。
「はい」真っ直ぐにそう言えるならば、文句なしに幸せなはずです。
どのような状況にあろうとも、ふうっと思いを向けられる喜びと幸せの中にあることを確信しているからです。
思いを向けられる喜びと幸せです。それ以外に何もありません。
どこに心を向けるか、向けられるか。一瞬のことです。それだけです。
瞬間どこに思いを向けるかです。それですべてが決まります。それはもちろん、平時のことではありません。何もない時ではありません。

1415) 私にはたくさんの学びの友がいます。と言っても、ぴったりと心が一致というわけではありませんが、とにかく、間違い続けてきた自分の歩みを何とか正しい軌道に乗せていこうと、もがきながらも学んでいこうとする思いが感じられるから、やはり私にとっては学びの友だと思います。
こう言うと、偉そうに何様だという思いを持つ人もあるやもしれませんが、まだまだもがきながらという人、案外多いです。
それでも、10年、20年、30年と学びをしてきたからこそ感じる意識の世界の喜びです。それは絶対に忘れられないでしょう。
その思いを、どうぞ、次の転生、その次の転生に繋いで、その思いをしっかりと抱えて、そして250年後の最終転生にすうっと真っ直ぐに噴き上げてください。
ともに行こう、いざ行かん、力強い発信に集結して次元移行の偉業を成し遂げてまいりましょう。
今世の出会い、心から心から大切に自分の中で育んで、見事大輪の花を咲かせていきましょう。

1416) 肉を持って肉の中に生きていれば色々とあります。大変だ、どうしようと深刻に思い悩む時があるかもしれません。
しかし、ちょっと待ってください。その中にそのまま入りこむのではなく、やはり思いの向け先を転換していく努力が必要です。
やりきれない中からふうっと心が軽くなる瞬間を何度も何度も体験していきましょう。
何度も暗い思いが覆いかぶさってくるかもしれません。それでもその思いの中に沈むのではなくて、何度覆いかぶさってきても、それと同じようにその思いをふうっと嬉しい方向に向けていけたならばそれでいいのです。
その練習を今、させてもらっています。自らの思いでした。うまくいかなくても、何度も試みていきましょう。どんなに愚かでもただ信じて待ってくれている存在を感じて、日々練習を積んでいきましょう。

1417) 肉の喜び、幸せ、色々とあります。欲を満たすということで、人それぞれ肉の楽しみ方があります。
私は、その中でも何もしないで、何も考えないで、ただ思いの世界に漂っている時間、そんな時間が肉を持っている間に堪能できる環境であることが、一番幸せではないかと思います。
何もしないで、何も考えないで、ただ思いの世界に漂っているということは、自分のふるさとに思いを馳せてその中にあることを感じているということに繋がっていると思うからです。
肉は確かにここにあるんだけれど、もうそんなことはどうでもよくて、限りなく自分の思いの世界を感じていく安らぎです。
闘いのエネルギーに疲れ切った中ではなくて、温もりと優しさ、安らぎの中で漂っている、そしてただ漂っているのではなくて、そうすることで確実にプラスの仕事をしている、そういうことが感じられる時間を、肉を持っている今、何度も何度も持てることほど幸せなことはないと私は思っています。

1418) 一番大切なものは何か。一番大切で自分が一番望んできたことはどんなことか。学んでいるから正解は知っています。しかし、肉として肉の中で生きてきた時間は膨大です。その中で作ってきた思いの世界があります。その世界を根本から崩そうとなると、本当に本気で真剣にならなければ、そう簡単に正解通りにはいきません。
肉という思い、形を本物とする思い、どんなに自分の中にこびりついているか、確認、確認です。
心が敏感になってくればくるほどに、自分の生きている基盤をしっかりと確認することが大切です。
ともに行こうといういざないは、肉が基盤では通用しません。
肉の基盤のともに行こうというのは分かりやすいんです。がっちり手に手を取って進んでいこうというイメージは出来やすいです。
しかし、意識が基盤のともに行こうはどうでしょうか。
形はないんです。波動の世界を信じ切るという難しさは当然にあると思いますが、どうぞ、心に響き伝わってくる方向にあなた自身をしっかりと合わせてください。

1419)  いかに生きていくべきか、何を思うべきか。一日が始まり、 一日が終わるその中で、きちんと向き合う時間を持ってください。
私達は遥か遥か昔に、この地球上に降り立ちました。今のような肉という形を自分に用意して、自分の世界を知っていこうと計画を立てました。
肉という形を持って生きていく中で、様々な肉との出会いがあり、出来事がありました。
本当はそれらはみんな自分の世界、意識の世界がどんな世界になり果てたかを知るためのものでしたが、私達は、肉の活用を間違い続けてきたのでした。
いつの間にか、肉という形が自分だと思い込み、信じ込み、その肉に纏わること、纏わるものだけを重視してきました。自分から流れるエネルギー、すなわち自分の実態を知ることなどどこへやらの転生を山積みしてきました。
その結果、私達はどうなったか、それは学びに触れた人であるならば、自分の死後の世界を知っていくことでお分かりだと思います。
肉を持っている今、肉を持ちながら死後の自分を知り、その死後の自分から教わってくださいということは、学びの中で何度も伝えていただきました。
自分を生かすも殺すも自分次第だということ、よくよく肝に銘じて、それぞれに残された肉を持つ時間、どうぞ大切にしてください。

1420) 田池先生が亡くなられて、まもなく丸三年の年月が経ちます。肉の思いとしては手探り状態でセミナーをやってまいりました。もちろん、田池留吉の意識の世界から、あなたの肉を通して、私はセミナーをやり続けますというメッセージをいただきながら、だからこそ、肉の私はセミナー会場にこの肉を運んでいれば、意識、波動の世界が仕事をするということを体験してきました。
三年、やってきましたが、今ここにきて、己の学びに対する甘さを痛感しています。もちろん、私の意識の世界は学び一本、この道をただひたすら真っ直ぐにということに何ら変わりはありませんが、今つくづく肉の愚かさを感じています。甘かった。決して片手間でやっている学びでなかったけれど、田池先生の死去とともに形も、文字通り学び一本にするべきだったと振り返ります。
私が私に用意してきた計画を思うと、まだまだ肉のほうが意識の世界の歩みに追い付いていない現実をまざまざ感じさせられます。肉体細胞はそのことを伝えてくれていました。肉体細胞は本当に適切に伝えてくれています。
時間を持て、心を見よ、肉の心を広げよ、あなたが自分に課した計画のハードルは高い、そう伝えてくれています。
全身全霊を傾けて伝えてくれた田池先生の思いが、田池留吉の意識の世界から伝わってきます。一本やで。真っ直ぐにな。あんたのおかれている位置は急斜面やで。生前言っていただいた言葉を思い出します。
そして、波動は限りなく優しい、強くて広い。何の思いもなく、ただともにある喜びを伝えてきます。
学びは片手間ではできないことを、私は自分の肝に命じて、最終転生に向けてしっかりと学ぶ所存です。

1421) 目に見えない波動の世界を学んでいる私達にとって、心の針の向け先を合致させることが最大の難点です。向けている、合っていると思っても、まだまだズレが大きいというのが現実だと思います。
波動は常時流れています。ですが、プラスの波動をプラスのまま受け取る難しさがあります。学び始めた私達だから、何とかプラスの波動をプラスのまま受け取ることができたとしても、まだまだ次の瞬間、もうマイナスに変わってしまうという厳しい現実があります。
プラスの波動をマイナスの波動にしてしまった私達でした。基盤が肉ということはそういうことです。
基盤が肉であれば、プラスの波動をプラスのまま受けて流していくことはできません。プラスを全部マイナスに変えてしまって、そのマイナスのエネルギーで自ら苦しみの中に落ちていったという意識の世界の仕組みを心で感じてくれば、何よりもしなければならないのは、基盤の変換だということに行き着きます。
どんなに何を感じても基盤が肉であれば、ダメなんです。
それが本物の意識の世界の厳しさです。

1422) 肉から意識へ基盤を変えていくことが唯一待たれていることです。基盤を変える、そのために250年の間に転生を用意します。それが私達が自分に課した喜びの選択です。
何としても帰りたい、帰ろう、その思いの実現に向けて、日々を過ごしましょう。
肉の喜びと幸せは儚いものです。実感あるそれらだと思うその思いの底の底のもうひとつ底を感じ、どんどん自分の思いを明るい元あったところへ返していきましょう。
自分を解き放つ喜びと幸せこそ、何にも代えられないものだと知ってください。それには何も必要としません。全部自分の中にあります。愛、心のふるさとへ帰ろうといざなってくれている本当の自分の存在に気付き、その世界に沿って生きていくことだけをやっていけばいいんです。
肉は何のためにあるのか。何のための今なのか。
繰り返し自分に問いかける必要があります。

1423) この世界だ。この波動の世界だ。ここを感じ知っていれば百人力だ。もう間違いなし。
どんどんそれぞれの心の中にこの思いを打ち立ててください。
しっかりと心の針を向けて合わせて、田池留吉、アルバートを呼んでください。しっかりと思うだけです。何もなくただしっかりと思うだけ。
待ち続け待ち望んできた思いの実現に向けて、生きてください。
肉を生かす生き方ではない本来の生き方を、一日でも早く自分の中に確立してください。
心が叫ぶその叫びを真正面から受け止めて、そしてともに帰っていきましょう。

1424) ともに学べる今を喜んでいく以外に何もありません。肉を本物としてきた私達にとって、学びは確かに難しいです。みんなそれぞれに思い方、考え方、感じ方、言い分、様々にあるでしょう。
それらはみんな肉を基盤としたものだということを留め置いて、その中で、いかに自分を学んでいくかというところに、学びの難しさがあります。
それでも喜びだけです。喜んで喜んで、今、学びをしていきましょう。
肉を持って学べる今があることを喜んでいきましょう。
真摯に瞑想をしてください。そうすれば分かってきます。今世、なぜ自分達は学びに触れたのかということが分かってきます。もうどうしようもなかったからです。そして、どうしようもない自分達だったからこそ、帰りたい、帰ろうという強い思いを秘めて生まれてきたんだということでした。
瞑想をしていけば、その思いに触れていきます。大切にしてください。
帰りたい、帰ろうという思いを大切に、自分の歩みを進めてください。

1425) 今世、私達は真実を学ぶために肉を自分に用意しました。間違い続けてきた自分達にラストチャンスと言っても言い過ぎではない今世、今という時間です。
さて、あなたにはそのご自覚がどの程度ありますでしょうか。
喜んで、喜んで学びをしていきましょうと呼び掛けています。みんな間違ってきたんです。誰一人正しく生きてきた人などいません。
それでもこうして本来の自分の軌道に自分を乗せていくために、肉という形を持ってきたのだから、それは喜び以外にはありません。
田池先生の元で、田池留吉の意識の世界、真実の波動の世界を学んできた私達でした。必ず、250年後の出会いを持ってください。
250年後の呼び掛けに反応して、自分の中の喜びを爆発させてください。
そして、ともに次元を超えてまいりましょう。

1426) 今世の予習を経て、いよいよ250年後の本番を迎えます。
それぞれにその間、厳しい転生を予定されていると思いますが、必ず、必ず、250年後に合流していただきたいと思います。
今回のセミナーでは、アルバート、ニュージャージーという言葉を発し、波動を学ばせていただきました。
セミナーの二日目の午後、最後のほうで、宇宙に向ける瞑想から私の肉は、異語を発しながら、皆さんの間を回りました。
トントンと背中をノックして、そして、次から次へと皆さんの間を潜り抜けていきました。異語がドンドン出るんです。異語とともに私の身体はスルリ、スルリと動いていました。
楽しかったです。ふるさとの歌を歌いました。とても楽しかったです。
ありがとうございました。250年後の転生を感じられた友も多いかもしれません。
思いを馳せる喜び、馳せられる喜びを、どうぞ、ともにともに繰り返し、繰り返し味わっていきませんか。
思いは250年後。待ってくれている宇宙の波動とともに学んでいきましょう。

1427) 確かな幸せと喜びを手にしています。思えば通じる幸せと喜びです。
宇宙を思うとき、そして、意識の流れを思うとき、例えようもない嬉しさです。待って待って待ち望んできたことが、本当に現実のものとして心で感じられるからです。
出会えてよかった。本当によかった。間違い続け狂い続けてきたけれど、その間違いも狂いもみんなよかったんです。
失敗の転生の山積みの中で、それでもこうして目を閉じて思うことができる幸せな時間と空間を自分に用意してきました。
それを喜んでいきましょう。喜んで、そしてありがとうの思いで、自らの過ちを確認していきましょう。確認して、ピシっとした思いで、真っ直ぐに前を向いて、喜びの道、母なる宇宙へ帰る道を突き進んでいきましょう。
ともに、ともに帰れるように、中心棒を育ててください。

1428) セミナー、嬉しかった、楽しかったと学びの友からのメールを読ませていただくと、私も嬉しくなります。
今世、こうして互いに肉を持って波動の世界を学んでいける私達は、本当に幸せだとしみじみ思います。
セミナーの時間と空間を大切に、セミナーを楽しんで喜んでいきましょう。
ともに帰る喜びをしっかりと自分の中に広げて、そして日々の生活をなさってください。肉は何のためにあるのかというところを間違えてきた私達ですが、肉があればこそ学べるんだということを、ようやく感じ始めてきました。今の肉を最大限活用して、本当に喜びと幸せの人生としてまいりましょう。
それには、軸足がぶれていないかいつも点検して、自分の進むべき方向をしっかりと確認していくことが必要です。日々、気持ちを新たに学んでいきましょう。

1429) 私は本当に恵まれているんです。まず、学びに集うタイミングがよかったです。そして、学びをする環境は学びに集ってからもずっと整っていました。学びをするにあたり抵抗勢力はありませんでした。ずっと自分の思うままにセミナーに参加してきました。学びに集えてから整った環境の中で学び続けてきました。
生活ももちろん整っていました。職場を含め、私の周りにいる人達は本当にいわゆるいい人達ばかりです。私は、そんなぬるま湯の中で学んできたと言ってもいいかもしれません。しかし、それもまた私が私に用意してきたものなのでしょう。
そして、私が私に用意してきたものの最たるものは、学び始めてある程度の年数が経って、つまり予定通りの時期に、いよいよ田池留吉の肉、田池先生と最も近い距離で学ばせていただいたことです。直接指導を受けてきたと言ってもいいと思います。
それは肉からすれば完全に不公平なことだと認めます。しかし、意識の世界からすれば、必要なことだったと私は理解しています。
今の私があるのは、もちろん私自身の強い決意の結果ですが、それを一押し、二押し、それ以上にしてくださったからだということは確かなことです。出会いを心から喜んでいただいた思いをストレートに受けてきました。
そして、それはそのまま私の意識の世界の真っ暗闇を物語っています。
今世を外して私の未来はない、そういうことだと思います。

1430) 肉がある限り、ともに学べる喜びを堪能してください。肉がある限りです。肉がなくともと言いたいところですが、それは決して不可能なことではないけれど大変難しいことです。だから、せめて肉がある今、今の肉を通して自分を知っていくことに専念してください。
そして、今の段階での最終目標である次元移行を達成する方向に、それぞれの歩みを進めていただけたらと思います。
意識の流れは次元移行を伝えます。今の次元を超えていくという流れです。
粛々としてなされていくことを、それぞれの心で感じ、今世、自分に肉を用意した思いにどんどん触れていってください。
ありがとうの思いしかないと思います。どんなに宇宙を汚してきたか、地獄の奥底の底の底を這いずり回ってきた思いを心から感じてくれば、今世、計画通りに学びに繋がったことが愛だったと分かります。
ありがとう、心からありがとうと自分に伝えてください。

1431) すべてはあなたの心の中の出来事です。瞑想をして心に響いてくる世界はどんな世界ですか。
私達は帰ります。帰れることを知りました。長く、長く彷徨い続けてきたけれど、そして沈んできたけれど、そこから浮上して自分達のふるさとへ帰れる道筋を知っていくチャンス到来の時となりました。
それが今世でした。今世、田池留吉の意識の世界との出会いというすごい計らいのもとに、自らをいざなったということでした。
ただただありがとうしかないんです。ありがとう、ありがとう、心からありがとう。この思いの中で、自分の作ってきた宇宙を確認して、そして、本来の元々の宇宙へ帰っていける喜びの中へどんどん進んでいけばいいだけです。
喜びの道を示してくれました。全身全霊で伝えてくれました。その思いを決して無駄にすることなく、ありがたく喜んで喜んで全託していきましょう。すべてを委ねていけるかどうか、大きな分かれ道です。

1432) 思いを向けていけば分かります。どんなに幸せな自分だったかが。それをみんな肉の思いで打ち消してきただけのことでした。そうです。どんなに幸せだったか。元々あった喜びの中へ帰ればよかったんです。
それが自分自身でした。肉を見ていれば、形を基準に思いを広げていけば、到底分からない真実の世界でした。
心の中にみんなあった。その心の世界をどんどん広げていけばよかったんです。決して裏切ることのない意識の世界でした。もう二度と自分を落とし込めることのないように、この波動の世界を真っ直ぐに生きていくだけだと伝わってきます。
ありがとう。心からありがとう。私はあなたの中へ帰ります。あなたは、本当の私でした。田池留吉の肉を通して伝えてくれた波動の世界をしっかりと大切に育てて、そして、ともにある喜びの世界を広げていくだけです。

1433) 心の針の向け先が特定できなければ、本当の安らぎとか幸せ、喜びは決して分からないということになります。
どこへ思いを向けていけばいいのか、そして向け先は知っていても果たして真っ直ぐに向けていけるかどうか、そういう課題のもとに、今しっかりと学ぶべき時間を用意しています。
それが自分にとってどんなにありがたいことなのか、それ自体が愛だったと心で感じ始めてくるともうしめたものです。
自分を愛しくそして、今ここにこうしてあることを喜んでいきましょう。
どんなに出会いを望んできたか。本当の自分の中へ帰りたかったという思いを素直に感じていきましょう。
帰ろう、ふるさとへ。帰ろう、私達の宇宙へ。
そう呼び掛けます。発信します。今世の学習へ経て、250年後の本番へ、あなたの歩みを。ともに、ともに歩んでまいりましょう。


あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。時々点検してください。オーリング、正しくできますか。
☆愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。
☆「私は愛である」、心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、宇宙に点在する意識達、すべてが、この波動を待ち侘びていました。あなたはこのことが心で分かりますか。しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。
☆宇宙を呼んでください。宇宙にどんどん思いを向けていきましょう。私達の帰る心のふるさと、宇宙の波動を心に呼び覚ましましょう。
今世を自らの大きな転換期にしてください。動かなかった心の針をほんの少しでも愛の方向へ向けてください。
☆愛へ帰る道は、それぞれの心の中にあります。その道と出会い、一歩、一歩歩んでいく喜びと幸せを広げてください。
☆自分の人生です。自分があるだけです。幸せ、喜びを広げていくのも自分。真っ暗な中に沈み込んでいくのも自分。正しい羅針盤がなければ、沈み込んでいるのも分かりません。いったいどこまで落ちてきたのでしょうか。そして、これからも落ち続けていくのでしょうか。
☆自己確立を目指してください。本当の自分の波動を感じられるようになってください。そうすれば安心立命です。それ以外は、狂いの道です。
☆あなたは自分を信じていますか。信じていると答えた人は、自分の何を信じていますか。あなたの流す波動があなたの答えです。あなたの外と中、一致していますか。
☆あなた、本当にこのまま死んでいっていいのでしょうか。心の叫びを拾い上げてください。そして伝えてください。ごめん。間違っていたと。
☆外へ向く習性のある心を内に、内に。エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、確認すれば温もりの中へ解き放つ。それが心を内に、内にの作業です。
☆思う大切さ。ゆったりとして静かに思うこと、そして一瞬、瞬間的に思うこと、両者とも、学びそして会得していきましょう。その際、肝心なのは何かということ。もうお分かりですね。
☆今を喜んでいきましょう。どんなにすごい時間なのか、あなたの中は知っています。知らないのは肉を自分だと思っているあなただけです。
☆肉体細胞の思いを感じながら、ということは、本当の自分の思いを感じながら瞑想をする、瞑想ができる。そして、日々を過ごしていく。幸せな人生です。
☆愛へ帰る喜び、愛を思う喜び、しっかりとあなたの心に響いていますか。母の温もりはどうでしょうか。
☆250年後の出会いを簡単に思わないでください。今世、学びに触れた人達みんなと出会えればと思いますが、それはどうでしょうか。あなた、死後のあなたに聞いてみてください。そして、本当に自分に優しく、自分を大切にしてください。

ともに次元を超えていこう

愛はこっちだよと、いつも、いつもあなたの心の中で伝えている私(田池留吉)と出会ってください。出会えば変わります。必ず変わります。私(田池留吉)は愛。そして、私(田池留吉)はあなただから。

優しく母に抱かれてゆったりと幸せだった、すべてを託していたあなたは現存します。あなたは本当は優しいんです。本当の優しさも温もりも喜びも、みんなあなたの中にあります。ただ、外に求めたときから、あなたの苦しみは始まりました。

私はあなたの心の中にいます。ずっと、ずっと初めからいます。これからも、ずっと、ずっといます。ともにいます。私に心を向けてください。心を向けて広がっていきますか。ただただ嬉しい、ありがとうの思いが突き上がってきますか。いつも、いつも思えることが喜び、幸せだと分かっていますか。

素直になりましょう。そして、心をどんどん広げていきましょう。肉の心は狭いです。しかし、私達本来の心、本来の私達は限りなく広い。限りなく広がっていく温もりの中にあります。そこには何もない。だけどあるんです。それがひとつの世界です。

愛へ、心のふるさと、愛へ帰る道をともにともに進んでいこう。果てしなく長かったけれど、そしてこれからも果てしなく続いていくけれど、苦しみから喜びへ変わっていく今だと呼び掛けています。

田池留吉を思うことが嬉しくて嬉しくてたまらない。心の底からアルバートと呼んでいる。アルバートを呼ぶ意識達の思いをはっきりと心に感じる。瞑想の醍醐味です。

私達は最高に幸せだよ。お母さん、ありがとう。田池留吉と出会わせてくれてありがとう。気の遠くなるような時間ずっと、あなたに背を向けてきても、あなたは愛だと伝え続けてくれていました。あなたの思いをしっかりと受け止めました。もう二度とその波動を忘れることはありません。私達は、あなたの中に帰っていくだけです。

宇宙に向けて瞑想をすれば、ただただ異語とともに喜びが湧き起こります。ああ、待ってくれていたんだと。宇宙の友がたくさん、たくさんいます。ともに帰ろうと伝え合いましょう。そのためにこうして、今、肉を持っています。宇宙の波動を感じて、感じて、喜びと温もりの世界を共有していきましょう。

愛のエネルギーが深まれば深まるほど、明と暗が、はっきりくっきりします。これから益々はっきりくっきりしてきます。喜びは喜びをいざない、苦しみは苦しみの中に落ちていきます。どちらも自作自演です。それが意識の世界。限りなく広くて優しくて温かい世界です。そしてそれは本物だから厳しいのです。

宇宙は愛。愛のエネルギー。愛のエネルギーは私達。私達は愛。私達は宇宙。ひとつです。あなたの中で真実への扉を開いてください。

瞑想は喜びです。間違いなく喜びです。喜びでしかありません。温もりです。愛です。喜び、温もり、愛の波動をどんどん吸収してください。吸収して、そして、あなたの中で、喜び、温もり、愛の波動をどんどん循環させてください。淀みをそのままにしないでください。

生まれてきた意味を本当に心から知ってください。あなたの人生とはいったい何でしょうか。消えて無くなるものばかりを拾い上げている人生ではないでしょうか。

本当の優しさを知っていきましょう。本当の温もり、本当の喜びに出会ってください。それは私達の中にあります。それは私達なんです。愛の水道水の種水を思ってごらん。あなたの中の田池留吉は、そう語ってきませんか。

愛の種水は、あなたの外にありますか。それともあなたの中にありますか。

肉を持った意識達はみんな、真っ暗闇からの脱出を希っています。しかし、どうすればいいのかその手立てが分からずじまいです。今日も一人、そんな意識の世界を抱え持った方の思いを聞かせていただきました。今世、学びに触れたあなた、あなたの現実はどうでしょうか。

思うことがすべてでした。思えることがすべてでした。真実の波動はあなたの心の中に届いています。出会っていきましょう。どんどん出会っていきましょう。生まれてきて本当によかったと実感。そんなあなたを次の転生に繋いでください。

どうぞ、ともに歩みを進めませんか。愛の波動の中に存在していた私達だったと、心から、心から知っていきましょう。

ただ一点、田池留吉を思う。肉のある限り自分に徹底してください。それでも、肉を離せば大変難しいです。死後の自分をしっかりと感じてみてください。

千載一遇の出会い。そして千載一遇のチャンス。心に響き渡ってくる喜びの雄叫びを、あなたの心で感じられるあなたに蘇ってください。

「帰っておいで母なる宇宙へ。」「はい、帰ります。みんなといっしょに。」真っ直ぐに言えるあなたは幸せなはずです。

種水のレベルが確実に上がり、それを持続する方法は、自己供養を進めることです。では、自己供養を進めるには何が必要でしょうか。

ワン、ワン。ニャー、ニャー。彼らはこれで通じるのです。喜びと通じているのです。教えてくれています。愛の波動を。ありがとう。

愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。ごくごく飲もう。汗をしっかりとかき、また、愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。喜んでごくごく飲もう。そして、正しい瞑想を。

そうです。意識の流れはすこぶる順調です。次元移行へ向けて宇宙が始動した今世でした。今というこの時に、肉という形を持ってきたことに、ただただ感謝です。千載一遇の出会いを心から味わっていきましょう。

あなたの心にノックしています。どうぞ、しっかりと心を向けてください。愛に目覚めよの促しを喜んで受けてください。現象はみんな喜びです。喜びの波動をあなたに伝えてくれるのです。あなたがあなたに伝えてくれるのです。それはあなたが愛だからです。

田池留吉、ああ、私達は、この波動をずっと、ずっと、ずっと、ずっと前から知っていました。あなたの中はそう伝えてきませんか。

体力、気力がまだある間に、どんどん喜びと出会おう。そして、自分に、ごめんなさい、ありがとうと心から言える自分に生まれ変わりましょう。心は無限大に広がっていきます。

かけがえのない大切な時間です。素直に真っ直ぐに自分を愛していこう。そして、お母さんに伝えてください。信じて待っていてくれてありがとう、私は必ず帰りますと。

あなたは、心一つで存在している喜びと出会えていますか。周りはみんな影です。影をいつまで握っているのでしょうか。どうぞ、今、死後の自分と出会ってみてください。そして、本当の喜びと幸せは何か知っていきましょう。

肉体細胞の思いをいつも感じながら瞑想を継続してください。肉体細胞は最後の最後まで喜びでつきあってくれます。本当の仕事をしっかりとしていきなさいと伝えてくれています。

本当の自分に気付かなければ、生きても地獄。死んでも地獄。これ本当のことです。そして、私達人間は本当はみんなそのことを知っています。

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。真っ直ぐにこの道を。その思いに応えていくだけです。ともにある喜びを伝えてくれました。伝え続けてくれています。

どうぞ、UTAの輪の中心、愛へ心をしっかりと向けていきましょう。向けていける喜びと幸せを共有しませんか。♪ともに、ともに帰ろう・・・。 ♪愛へ帰る喜び、愛を思う喜び・・・。

いつもいつもどんなときも、私、田池留吉を思っていてください。そして、私、田池留吉の世界を本当に知ってください。喜びがあなたです。本当のあなたへ帰っていきましょう。

田池留吉を思う瞑想、喜んでなさっていますか。田池留吉はあなた方の心のふるさと、愛です。心で分かっていますか。

愛へ帰る道は険しいけれど喜びの道です。さあ、みんな、私、田池留吉のもとに帰ってきてください。待っています。

愛へ帰ろう、宇宙へ帰ろう、母なる宇宙へ。母なる宇宙は私達のたったひとつのふるさとです。

サウンド 1.wav へのリンク

サウンド 1.mp3 へのリンク

ありがとう.mp3 へのリンク

意識の流れ
       
-田池留吉の磁場を思い瞑想をしよう-田池留吉からのメッセージ

1) 私は田池留吉です。どうぞ、残された肉の時間、それぞれに精一杯、喜んでご自分の心を見ていってください。私も自分の心を見ています。今という時、大切な、大切な時間です。私が何を伝えに来たのか、どうぞ、それぞれ、ご自分の心に問いかけてみてください。真実はあなたの中にあります。決して外にありません。あなたの中に愛が溢れています。温もりが溢れています。私はいつも、いつもともに行こうと呼び掛けています。
「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」このメッセージをしっかりと受け止めてください。UTAの輪は波動です。その波動の中で、しっかりと学びを進めていってください。

2) いよいよ、私の肉の時間も残り少なくなりました。しかし、私は死ぬまで元気に自分の仕事を全うしていきます。ほぼ私がなすべき仕事は終えて、最後の詰めの段階を迎えています。他力の世界を心から離せない人達、もういいんです。と言いましても、私が切り捨てる、置き去りにするということではありません。他力のエネルギーから自分を解き放すことができない冷酷で己偉い自分が、自分を切り捨て、見捨てていくということを知ってください。ここにきて、もう無駄な時間、無駄なエネルギーは使いたくありません。この道を真っ直ぐに突き進んでいくことだけを考えています。

3) 皆さん、私が、今病室にて綴ったものに、目を通してみてください。私は田池留吉です。私は波動です。愛のエネルギーです。私はあなたです。あなたの中で、いつもこのように語っています。しっかりと私の波動と通じ合えるようになってください。私を無視して、私とは全く違う波動、エネルギーを流していることに、ご自分の心で気付いてください。一日も早く気付いてください。そして、素直に自らの過ちを認められるようなあなたに生まれ変わってください。私に認めろと詰め寄らなくても、あなたから愛のエネルギーが流れ出してくれば、私はあなたを認めていきます。どうぞ、日々しっかりと心を見てください。自分の中の愛のエネルギーに目覚めていってください。

4) 肉は愚かです。愚かな肉は争いを好みます。自分の主張を掲げて、どこまでも己というものを掲げていくのです。それが自分を操っているブラックのエネルギーであることに、なかなか、なかなか気付けません。そんな状態の中では、決して種水のレベル、非常に硬いという段階まで到達しません。
どうぞ、田池留吉の波動の世界、母なる宇宙の波動を、ご自分の心で本当に感じられるようになってください。当然、そうなってくれば、種水のレベルは非常に硬いです。瞬間的な作業、思うだけでいいということになってくるでしょう。もちろん、瞑想をすれば波動はどんどん伝わり響いてきて、ただただ幸せを感じるのです。

5) 私に残された肉の時間、有効に使っていこうと思っています。私は次元移行を伝えにやってきました。意識の流れというものを伝えさせていただきました。意識の転回をしてくださいと。あなたの中の愛のエネルギーに目覚めてくださいと。私達とともに、ともに次元を超えてまいりましょうと。
肉という形を持って、数限りない転生をしてきたあなた方には、とても難しいことだったと思います。しかし、私の仕事は、順調に捗っています。証し人も出ています。
どうぞ、今一度、ご確認を。波動は決して騙せません。誤魔化せません。波動こそがすべてです。

6) 私、田池留吉に心を向けられる喜びを、しっかりとそしてどんどんあなたの心で感じてください。私を呼んでください。しっかりと呼んでください。私はいつも、あなたの中で応えています。私は愛です。あなたも愛です。私達はひとつです。すべては愛でした。すべては喜びでした。それをすっかりと忘れ去ったから、肉を持った人間達の苦悩は深まるばかりでした。どんなにしても、幸せになれるはずはありませんでした。これから益々、世の中は混沌としていきます。しかし、私のほうに心を向けていれば、そして、私と合っていれば、あなたは何も憂うることはありません。あなたの心に広がっていく愛の世界をどんどん感じていってください。

7) 宇宙の法、田池留吉の世界の法の厳しさと優しさを心で分かってください。どんどん自分自身を愛へ愛へと進めてください。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達はひとつです。ともに行こうという呼び掛けに心から、心から素直に喜んで応えていってください。宇宙の友が待っています。どうぞ、あなたの心で感じられるようになってください。

8) 私、田池留吉の波動を、どうぞ、あなたの心で感じてみてください。私、田池留吉の波動を、遮っているのはあなた自身です。それは、あなたがまだまだ他力のエネルギーにがんじがらめの状態だからです。それをしっかりと、あなたが肉を持っている間に確認してください。私は、死後の自分を語れと申しました。死後の自分、つまり自分の今をしっかりと把握することが、とても大切なことです。殆どの方と言っていいほど、死んでから学ぶことは難しいです。心の針を向ける、田池留吉、お母さんを呼べる状態かどうか、今、しっかりと見極めて、自分をどうか大切になさってください。

9) 私は、今の環境の中で、自分を嬉しく見つめています。これまでのこと、これからのこと、私には、喜びで、喜びで自分の中に浮かんできます。
これまでたくさんの人達のお世話をいただいてきました。苦しくて暗いどん詰まりの時もありましたが、それもすべて私の中で喜びとして受け容れています。それは、私は私の仕事をするために、生まれてきたことを、知っているからです。喜びで私は仕事をしてまいりました。これからも、喜びで仕事をしてまいります。
すべての意識達に、ともに歩みを進めていこうと呼び掛け続けます。
私に心を向けてくださいと伝えさせていただいています。そうです。私に心を向けることがすべてです。あなたの心の針を私に向けて合わせていけばいくほどに、それがどんなに喜びであるのか、そして、それがあなたが本当に切望してきたことだったと、あなたの心で分かるのです。いいでしょうか。あなたの心で分かる、ここがとても大切なことです。あなたの頭では決して推し量れないのが、私がお伝えしている波動の世界です。波動、エネルギーはあなたの目には見えません。しかし、真実の波動、愛のエネルギーは、現存します。それは、あなたの心で感じる以外にないのです。
あなたは今、その肉体を持って存在しています。目に見えて、耳に聞こえて触れることができる世界だけがすべてだと生きてきた人達にとって、その肉体を離す、つまり、自分の死を考えることはやはり恐怖でしょう。しかし、生まれてきた人は、いずれ遅かれ早かれ、死を迎えます。突然死か、長患いか、それは人それぞれでしょうが、死を迎えることに違いはありません。死んでどうなるのか、殆どと言っていいほどみんなその部分が明らかではありません。しかし、みんな本当は死んでどうなるのか知っているのです。何度も死んだ体験がありますから。なのに、明らかでないというのは、その死んだ世界が、言葉では言えないものだからです。表現するとするならば、暗くて冷たくて寂しくて重い中に凝り固まってしまうということなんです。それがどういうふうなのか、その肉体を持っている間には、綺麗さっぱり忘れ去ってしまいます。考えたくもない、触れたくもない部分ということでしょう。
そんな死の体験を、今こそ、肉体を持っている今こそ、本当に活かしていただきたいと思っています。もう二度と、あの苦しいところで固まったままの状態はごめんだと、ではそうならないためには、どうすればいいのか、私は、それを学んでくださいと申し上げています。
肉体を持っている今という時間に、どうぞ、自分をしっかりと見つめていってください。心の世界、思いの世界に住んでいることをしっかりと認識してください。
心を見てくださいということがどれほどの優しさ、愛、温もりであるのか、あなたの心で感じてください。
私は、あなたの心の中にいつも、いつもいます。どうぞ、私に心の針を向けて、合わせていくことだけが、本当に自分を救うことだと、一人でも多くの方に心から知っていただきたいと思います。私の波動を心で感じて、そしてその感じたものをストレートに流してくださることをお伝えしております。
日々、正しい瞑想を心掛けて、いつも私とともにある喜びの世界を感じて、感じて、あなたはあなたの予定通りのコースを歩んでください。
それが私達の約束でした。心から、心からありがとうの思いで、あなたに、今お伝えしています。

10) 私は田池留吉の意識です。この肉体細胞とともにあることを喜んでいます。私のこれからをしっかりと見つめています。この意識の流れの中にある私の仕事、私がこの肉体を持ってこの世に出てきたことを振り返り、私は本当に嬉しく思っています。
 出会いがありました。大変難しいことを伝えたと思いますが、心で分かる人との出会いがありました。意識の世界をしっかりと見つめていこうとする思い、その思いは、とてもとても大きなエネルギーです。
 苦しい転生を繰り返してきた意識達に、私は、今こそ自分の心を見つめてくださいと、しっかりとはっきりと道しるべを示してきました。この道しるべの指す方向に、心を向けることがすべてです。
 あなた方の中に作ってきたブラックのエネルギー、他力の世界をどんどん崩していきなさい。崩して、崩して、間違ってきた自分を受け容れていけばいくほどに、喜びも温もりも優しさも、愛の世界が大きく、大きく自分の心に伝わってくる体験をしてくださいと伝えてきました。
私の指し示す方向に心を向けることがすべてです。肉を持つ意識達の難しさを、これまでたくさん感じてきましたが、私は私の仕事をやり遂げます。この世に出てきた田池留吉の肉体の最後の仕事です。
 苦しい転生はもういいんです。あなた方は愛です、優しさ、温もりですと、私は伝え続けます。私の中へ帰ってきなさい。心の世界をどんどん広げていきなさい。どうぞ、どうぞ、この喜びの波動を心に受け止められるようになってください。私からのメッセージを波動として伝えます。
 苦しい転生もすべては良かったんです。そのように私は伝え続けます。何も何もマイナスはありませんでした。すべてはプラス、プラス、喜びの世界です。心を見つめていくことがすべて。心を見ることが喜びです。
私はあなた、あなたは私、ひとつという世界を、心の中にどんどん広げていきましょう。私のように、私のように。そう、同じです。私はあなた、あなたは私、私達はひとつ。心の中から伝え続けます。波動の世界を伝え続けていきます。私の波動を受けていけるようになっていってください。すべての意識達にそのようにお伝えしています。

11) 私達は肉ではありません。私達はエネルギーとして存在しています。目に見えません。しかし、私達の心はいつも、いつも叫んでいます。愛に目覚めよと。愛に目覚めよという思いの中で、「私達はどれだけこの思いと出会いたかったか。」あなたの心に届いているでしょうか。
私はあなたに伝えています。心から、心から私を呼んでくださいと。
本当に心から呼んでいけば、私はあなたの中にすうっと、すうっと入っていくんです。あなたが他力のエネルギーを心に秘めたままでは、私はストレートにお伝えすることができません。心の中に歪曲して伝わってくる波動では、宇宙を変えることはできないと伝えています。
己の偉い心を見つめてくださいとも伝えてきました。甘過ぎるとも伝えてきました。どうぞ、メッセージをしっかりと心で受け止めてください。
心の中の田池留吉、アルバート。あなたの中の本当のあなた。その波動をしっかりとしっかりと心で見分けていけるようなあなたになってください。
愛を信じる方向に進んでいくあなたを私達は待っています。心の中からあなたに伝え続けます。どんなに、どんなに、事が起ころうが、あなたの中は愛。あなたは愛。変わらず愛。愛しかない。この世には愛しかない。私達はそのことをお伝えします。

12) 何よりも、何よりも、私を思うことを大切にしてください。田池留吉を思い、愛を思い、母の温もりを思い、次元移行を思い、瞑想をする時間を大切にしてください。
あなたにとって、私を思うことがすべてです。私はあなたの中でいつもそのように応えています。あなたにメッセージを送ります。波動を伝えています。田池留吉の世界を心にどんどん広げていくことがあなたの喜び。
ベッドに横たわっている姿は私の仮の姿です。私の本当の姿ではありません。私は意識、波動、エネルギー。愛のエネルギーです。心の中にそのように伝えています。私のほうに心を向けることがあなたの喜び。そのよう伝えています。私達はいつもいっしょ。ともに歩める喜びを心に感じ広げていけることがあなたの喜びです。私を呼びなさい。私に心を向けなさい。あなたの中はすべて、すべて真実の世界へといざなわれていることを知っています。真実はあなたの心の中にあります。愛はあなたの心の中にあります。あなたの口を通して私はそのように、繰り返し、繰り返し伝え続けるでしょう。それが真実だからです。
この日本の国で、ともに肉を持ち学ばせていただいたこと、私は本当に喜んでいます。たくさんの苦しみ、悲しみ、悔しさ、怒り、やるせない思い、空しさ、たくさんの思いを抱えてきた意識達とともに私は、愛へ進んでいこう、愛あるあなたに目覚めていこう、温もりの世界へ一歩踏み出していこうと伝え続けました。これからも伝え続けます。
「あなたの本当の姿は、愛です。愛を、愛を信じていってください。あなたの本当の姿は愛です。愛あるあなたを信じていってください。」
私に思いを向けたとき、どなたの心の中にも、私はこのメッセージを伝え続けます。私に思いを向けられるかどうかの違いだけです。私に思いを向け、私に心の針を合わせていけばいくほど、愛のエネルギーがあなたの中へ感じられます。愛のエネルギーは、すべての意識達に中にあります。
「愛を、愛を、愛を求めてきたあなた達でした。そして今、愛に目覚めていく今なんです。これから250年という時間の中で、厳しい転生が待っていますが、どうぞ、この優しさ温もりを心に呼び起こせるあなたとなってください。」
私はあなたの中からいつも、そのようなメッセージを送っています。形を本物とする思い、形にこそ真実があるとする思い、すべてすべてブラック。この世に真実を説いた者はおりませんでした。真実に目覚めた者はおりませんでした。田池留吉の肉が、この世に誕生して初めて真実に触れたのです。その事実をしっかりと感じていきなさい。そして、心に感じた波動、エネルギーをあなたの中で、さらにさらに深め、広げていくのです。宇宙はあなたとともにあります。宇宙の目覚めを誰よりも、誰よりも待っているのはあなた自身です。
苦しい転生。その中でようやく明かりが灯り始めた今世の出来事をしっかりと喜んで、喜んで心で受けてください。
たくさんの意識達を心に受けています。優しさ、温もりに飢えた、愛に飢えた闇黒の世界です。しかし、心の中の愛がその闇黒の世界を変えていけるんです。愛はパワーです。喜びはパワーです。私、田池留吉、アルバートのほうに心を向けてください。

13) 田池留吉の世界をあなたの心がどんどん感じていく喜び、それが私の喜び。私の喜びはあなたの喜び。あなたの喜びは私の喜び。ともに喜びを通じ合える、喜んでいけることを喜んでまいりましょう。
私の肉にありがとうと私は伝えています。田池留吉の意識の世界から、私は私の肉体細胞の思いにありがとうと伝えています。肉体細胞は愛でした。私の肉は愚かでした。しかし、私の世界を私は知っています。肉体細胞の喜びとともに私は私の世界へ帰ります。
私の世界から、これからもあなたを通して、メッセージを送ります。波動を流し続けます。あなたのするべきことは、私にただひたすら心を向けていくだけです。田池留吉に心の針を合わせ、私の中へどんどん突き進んでください。
私は田池留吉の意識。心からありがとう。出会いをありがとう。私の心の中へどんどん突き進んでください。田池留吉からのメッセージ、田池留吉の世界からのメッセージ、どんどん送り続けます。
私は250年後を見つめながら意識の世界からエネルギーを流し続けます。肉の次元の中で私を見ていた方達は、到底この学びについていけないでしょう。肉は肉の群れの中で、さらに奥底へ落ちてまいります。
明暗がはっきりくっきりしていくのです。どうぞ、それもすべて自己選択、自己責任です。心の針の向け先をしっかりとなさってください。
私は田池留吉。心の中の喜び、温もり、愛の世界。あなたの中にあることを伝え続けます。

14) すべてよし。すべてプラス。すべて愛。肉がどんな状態であっても私は伝えます。すべてが喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。私は伝え続けます。愛へ帰ることがすべてでした。
愛しかない世界があったんです。肉、形を本物とする思い、その闇の中から、どうぞ、どうぞ、一人でも多くの方、抜け出してください。
あなたの心の世界、意識の世界に灯りを灯してください。本当の優しさ、本当の温もり、愛ある自分に目覚めてください。私はこのように、絶えず伝え続けます。
すべては喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。この世には何もない。愛、愛、愛があるだけ。
私達のすべてが愛。愛があるから私達は存在している。この事実をしっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

15) 愛を思う瞑想を続けましょう。田池留吉をただひたすら思える瞑想を続けましょう。私、田池留吉の世界を心に広げていけばいくほどに、あなたの存在も、またあなた自身心で分かってきます。素晴らしい、素晴らしい存在でした。
私達は愛の中でひとつなのだということを、あなたの心で一日も早く、少しでも多くの人が自分に目覚めていただきたい。私はその思いでいっぱいです。私、田池留吉の世界はただただ愛を伝えます。もちろん、250年後、アルバートとして私はこの日本で伝えた通りに、いいえ、それ以上に私は愛を伝える存在です。私は250年後、アルバートとしての肉を持ちます。「心の中の愛をしっかりと広げていきましょう。」そのように、私は全宇宙に呼び掛けてまいります。
心で分かり、心で感じ、心で共鳴し、心で共有していく仲間達が集ってきます。ともに歩みを進めていく仲間です。私はとても幸せです。この日本の国に肉を持ち、学びをしてきたこと、そして素晴らしい仲間と出会えたこと、私の思いは本当に喜び一色です。ともに歩めることを、あなたもそして、あなたもどうぞ、心から心から喜んでいってください。
「私達の中にあるのは愛。心のふるさと、愛へ帰りましょう。」あなたの中に絶えず、絶えず、メッセージを送り続けています。
私は、波動です。愛を流す波動です。波動の中に喜びを、温もりを、広がりを、幸せを、本当にひとつになって、心から心から田池留吉、アルバート、愛ある世界を思ってみてください。
これから、UTAの輪を通して、私はさらに愛を伝えてまいります。心の中の愛に目覚めていけるように、あなたもしっかりとUTAの輪の中で心を向けていくことをなさっていってください。私達の行く先はひとつ。愛の世界です。行く先と言ってもそれはあなたの外にあるのではありません。あなたの中から、私が伝えていることを、どうぞ、心でしっかりと感じていってください。

16) どうぞ、私を思う瞑想を楽しんでください。いつも、私と出会っている喜びと幸せを、心から心から味わってください。そうすればいいだけ。おわかりでしょうか。

17) 肉が自分だとする思いがどれだけちっぽけな思いなのか、どれだけちっぽけな世界なのか、それぞれの心の中にしっかりと感じていくことが待たれています。私達の本当の姿は波動、エネルギーなんです。私達は宇宙なんです。ともに、ともに帰っていくあの素晴らしい世界、それが私達の本当の姿です。愛は私達。私達の中に愛があったことを、私は肉を通して伝えました。今世、肉を通して伝えました。私の肉はないけれど、たくさんのたくさんの意識達に伝え続けていきます。これからも、どんどん伝え続けていきます。宇宙がどんどん、どんどん変わっていきます。私達の思いを、すべてすべて宇宙は知っています。心の中にしっかりと宇宙を呼びなさい。母なる宇宙、その優しさ、温もり、広がり、とてもとても頭では決して理解できない世界、波動の世界をそれぞれの心に感じていきなさい。心の中に私を呼び、私とともに歩んでいく喜びと幸せをどんどん心に感じていってください。私はあなたの中に、いつもそのように伝えています。心の中の田池留吉、アルバート。そして愛のエネルギー。あなたです。本当のあなたです。あなたがあなたに伝えていることを、どうぞ、それぞれの心の中で知ってください。私を素直に呼んでいけるかどうか、それはそれぞれに、係っています。たくさんの間違いを積み重ねてきた人類の心の中で、ようやく巡り合ったこの真実の波動の世界を今世、少しでも多くの人に、一人でも多くの方に伝えていきたいということで、私は三次元に肉体を持ってきました。そして、今は肉体がない中で、私は田池留吉の世界から伝えています。心の中に私を呼びなさい。田池留吉にしっかりと心の針を向け合わせて、あなたの中に広がっていく喜びの波動をしっかりと、しっかりと感じて、そして、今世を終えていくのです。あなた方の中にはたくさんのエネルギーが詰まっています。他力のエネルギーです。他力のエネルギー。肉を自分だとするちっぽけな世界、真っ黒にくすんで、淀んできた世界です。あなた方は自分を自分で見捨ててしまったのです。冷たい自分になり下がってしまったことを、しっかりと心で感じて、しかし、そこから必ず蘇ってください。優しい中にあった、温もりの中にあった、肉では決して到達できないこの世界の優しさ、本当の温もりをどうぞ、どうぞ、あなたの心で感じていってください。
私は田池留吉。中にある田池留吉。あなたの中にある田池留吉。今、ああ、私はこの思いを伝えます。

18) 愛が私達でした。
前を向いて愛に向かって、一歩、一歩前進しましょう。私達の中には喜び、温もりがたくさんたくさんあります。溢れるほどに、尽きることなく温もりと喜びのエネルギーを抱えてきた私達です。そのエネルギーをしっかりと感じていけるこれからなんです。しっかりと、心を田池留吉、アルバートに向けて存在していってください。肉は愚かです。肉を通して感じるエネルギー、そのエネルギーをこの愛のエネルギーの中に解き放していってください。そのエネルギーの中に埋没するのではなく、愛のエネルギーの中に解き放していくのです。ともに帰ろう、愛へ帰ろう。すべてはひとつ。愛の中にひとつということを、あなたの心を通して伝えていくのです。宇宙が待っていることを伝えなさい。愛は私達でした。愛を求めてきた私達。その愛を求めてきた私達の心が、あなたの心にもあります。
次元を超えていくのはすべての意識達です。この三次元にやってきた意識達だけではございません。すべての意識達が挙って、次元を超えていける今という時を共有している喜びを伝えていきましょう。
私、田池留吉に心の針を向けて合わせていけばいくほどに、あなたの心に響いてくる波動の世界があります。波動を感じて、波動を伝えて、あなたがさらなる一歩を進められることを、私達は待ち望んでいます。ありがとうございます。ありがとうございます。


ひとつ、ともにともに
          田池留吉(病室にて)

  
1) 田池留吉、アルバートのメッセージを受けている方、本当に田池留吉、アルバートからのメッセージか、厳しい検証をしてください。種水のレベルが9以上(すごく硬い)でなければ、受信できませんとお伝えしておきます。

2) 喜び、優しさ、温もり等々の波動を感じられるのは、種水のレベルが9及び8(すごく硬い)の人達だけです。常に心を内に向けて検証してください。
6(硬い)以下の人達は難しいと思います。水道水をいわゆる愛の水道水に変えられるのは、4、5、6の段階の人達でもできると思いますが、レベルの高い6のを作られて活用するように。レベルの高い愛の水素水は、レベル7以上の水道水を使って。なお、8以上のレベルの種水のミニボトルを使って作り、飲用するように。
少々、厳しくはっきりと伝えておきます。みなさん、甘い、甘い。レベルアップに努めてください。

3) 種水のミニボトルのレベルの一応の認定については、栗生啓子さんと久保明子さんに頼んでおきます。セミナー会場かクボハウスで認定を受けてください。11月以降のレベルアップの参加者は、9、8、7の方々とします。

4) みなさん方にお聞きします。田池留吉、アルバートをどの程度知っておられますか。殆どの方はあまり知らないで学びを進めていこうとしていませんか。それでは、前へ進むのは、なかなか難しいと思います。正しい瞑想の1をしっかりとやってください。

5) 種水のミニボトルの認定方法
  ①持参のミニボトルをオーリングする
  ②それをコップに入れた水道水に転写。その水を飲んでみる。
  ③6以下の方は、まず、田池留吉を思い、続いて、ミニボトルに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」と。続いて、そのミニボトルをオーリングする。
その結果を現在の認定値とする。

6) 心はいつも外へ向くようになってしまっています。地獄から出て地獄へ帰っていく転生を繰り返してきたからです。
何故でしょう。あなたの心、思いは、いつも、神、仏、金、権力に向いていませんか。あなたが信じた教祖はどうでしょうか。このようなことではダメです。いつまで続けるのでしょうか。今世も失敗、地獄ですか。心の向け先はたった一つです。それ以外は間違いです。私は愛、あなたも愛、ひとつですよ。

7) コロコロ変わる喜びとか優しさは本物ではありません。肉が基盤になっているからです。喜びを外に求めているからです。心の外の世界は偽。内の世界が真。
外のことは程々でいいのです。信じて素直に意識の転回を進めていきましょう。

8) 口は出すが金や物は出さない人。金や物は出すが、口をしきりに出してくる人。トラブルメーカーになっていませんか。
金や物や形はやがて無くなるもの。程々に。意識があって、金や物や形です。意識が現象化します。現象にとらわれていては、真実は見えてきません。
しかし、現象を拒否したり、無視しては、何も見えてきません。すべてを受け容れ、使っている思い、使ってきた思いを見るように。心の針がどこを向いていたか確認するようにしましょう。

9) 「ごめん、ありがとう」の思いは、相手を受け容れる心に通じていきます。明るい心、喜びの心、優しい心、温もりのある心に通じていきます。すべては愛。愛でないものは、ひとつとしてありません。肉体細胞に向けて実践、確認してみてください。

10) 田池留吉を思うことから一日が始まるように心掛けましょう。このことは頭脳で分かりません。心でしか分かりません。とにかく、実践の連続。確認できるように努めましょう。

11) できないこと、できていないことを、あたかもできているように言う人々に要注意。ないものをあるように言う人もです。例えば、神、仏を。

12) ベッタよし。トップよし。ベッタばっかり、トップばっかりの人を見かけたことありますか。
私はトップの経験、ベッタの経験、両方あります。今、よかったと思っています。人生、しんどくありません。優越感も劣等感も段々となくなってきました。
選民意識、特別意識を持っている人、決して賢くありません。しんどいと思います。神様、仏様の好きな人も同じです。幸せが分かりません。
しんどい、しんどい人生、もう止めにしませんか。誇り、喜び、嘘でしょう。

13) あなた、善人ですか。悪人ですか。誰がそのように言っているのですか。あなたは、現在紛れもなく悪魔です。鬼です。いわゆる愛が欠乏しているのです。心の中に愛が溢れているのに、どうしてですか。その訳に一刻も早く気付いてください。それを治せるのはあなただけです。一番大事なことを忘れていませんか。愛が流れ行かないように、堰き止めているのですよ、あなたは。あなたは愛。すべてが愛。ひとつです。

14) 田池留吉の意識の世界の法は大変厳しいです。そして、大変優しいです。この世界こそ、安心、平和、喜びの世界です。
厳しいのは嫌ですか。受け容れていってください。受け容れていけば、厳しさは優しさに変わっていきます。

15) 決して他人を殺してはいけません。自分自身を殺してもいけません。大人達は、子供達に語り継ぎ、教え続けてほしいと思っています。なぜ、肉体生命を今世いただけたのか、みなさん方は、明々白々ですね。でも現実はどうでしょうか。平和、戦争反対、みんな仲良くと言いながら、相も変わらず、人と人は争い続けています。それが現状です。どうしてでしょうか。もう大変難しくなってしまっているでしょうが、みなさん方だけでも、正しいプラス情報、そして波動、愛のエネルギーを流し続けていきませんか。老いも若きも、ともにともに、学びをどんどん進めていってください。仕事、私と同じ仕事を成し遂げていきましょう。
天変地異と死を正しく受け止めてまいりましょう。不安と恐怖はダメ。受け容れていきましょう。

16) 今日もほたる(犬)の目を見ています。小鳥のさえずりを聞いています。花が微笑んでいます。そして、父と母、学校の先生、友人と隣人を偲んでいます。「ごめん、ありがとう」と。
特に、父と母、H先生、T先生、H先生、M校長先生を毎日のように思っています。受けた情とか恩を大事にしています。楽しいです。ありがたいです。私は、これからも、ともに、ともに仕事をしっかりと遂行していきます。みなさん方もどうぞ。少々、肉の臭いがしますが、ごめん。

17) 肉に閉じこもっている人々、意識の世界へ一刻も早く、どうぞ。人を見下している人、自分は清く正しく美しいと思っている人、自分を偉いと思い上がっている人、未だに神、仏、金、権力と思っている人、どうしようもありません。田池留吉の世界、母なる宇宙にあなたの思いを向けてください。答えは簡単にあなたの心から届けられます。人を馬鹿にするな。喧嘩するな。泣くな。悲しむな。何も怖いことも、淋しいこともない。幻想。錯覚。生きる基盤、間違っていませんか。

18) 独りぼっちの老人を、みんなで大切にしましょう。ビジネスはダメ。ともに愛のエネルギーの中で生きていきましょう。
愛の水道水、愛の水素水を飲んで、正しい瞑想を続けながら、健康寿命を少しでも伸ばし、死ぬまで元気で自分の仕事を成し遂げられるよう、ともに生きていきましょう。

19) 命を懸けて、私、田池留吉(意識)にあなたの思いを向けてみませんか。私、田池留吉(肉)は何も求めません。命懸けで仕事をしてきました。肉は愚かですけれど。
甘い思い、他力の思いでは、何も前へ進めません。田池留吉の思いに素直になろうともしない母親が我が子に、「もっと素直になりなさい。お母さんの言うことを聞きなさい。」と言っているのをよく耳にします。これでは、子供が素直になれませんよ。こんな人、たくさん、たくさんいます。家庭が崩れ始めます。自分の間違った思いは、金や神では治すことは難しい。ふるさとの替え歌を歌ってみましょう。お母さんの温もり。心の針の向け先。正しい瞑想をもっともっと大切に。

20) ただ今入院、手術治療中。病名、胸部大動脈瘤切迫破裂疑い。腹部大動脈瘤。毎日気持ちよく過ごしています。みなさんにご心配かけてすみません。面会謝絶でお願いします。

21) 人生は喜び、プラス、愛。マイナスは受け容れる。反転、供養などで。マイナスはもともと存在しない。闇も悪魔も鬼も、もともと存在しない。あなたは愛です。私も愛です。ひとつ。信じて、信じて生きていける幸せ、喜び、温もり、優しさを、さらにさらに喜んで生きていきましょう。
癌も引きこもりも離婚もマイナスではありません。あなたがそう思っている間違った思いを流しているだけです。愛のエネルギー、あなた自身を信じて強く生きていきましょう。

22) 心の向け先を正しくして、正しい瞑想を。自己供養。自分が作ってきた闇、悪魔、鬼、肉を基盤とした肉の思いに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」「ともに、ともに、心のふるさと愛に帰ろう。」とあなたの愛を流してください。そのようにすれば、あなたからあなたの愛が、母なる宇宙、愛から流れていくのです。暗闇は喜びに変わっていくのです。マイナスの思いは、プラスの思いに変わっていきます。ああ、本当だ、すべてのものが愛だ、喜びだ、温もりだ、優しいと信じられるようになってきます。正しい瞑想は楽しい。積み重ねていこうとなってきます。あとは、ごめん、ありがとう、喜び、幸せとなってきます。信じて、信じて行じてください。待っています。待ち続けています。さあ、ともに、ともにですよ。

23) 言葉に真実はありません。金は大事なもの、肉体生命を保つために。ただそれだけのものです。物や形に真実はありません。ただ、自分の心の向け先を内に、愛に向けさせるものと心得てください。真実は、心の外にありません。心の中にあります。自己供養は愛です。喜びです。温もり、優しさです。断じて行っていけば、次元移行が現実のものとなってくるでしょう。決して単なる夢ではありません。このことに気付き、なしていくために、あなたは、お母さんの温もりに産んでもらったのです。

24) 種水のレベルアップ(硬い以上)。そして、転写、転写で楽しい毎日をどうぞ。そして、反転もどんどんやっていきましょう。

25) もうひとつ。愛のリングのレベルアップも。種水と両方を使って、健康で有効な瞑想を楽しんでください。


26)
 私の病名を見て怯みましたか。一瞬、学びから離れようと思いましたか。あなたの心をしっかりと見てください。一番大事なことは何だと思ってきましたか。自己選択、自己責任ですよ。他力の心、他力を離せない自分の心を確認してください。私は愛です。よろしく。

27) あなたは、世の為、人の為に役立つ仕事をするために生まれてきたのですか。それとも、金、名声、夢などの為ですか。では、あなたは、死んだらどうなると思っていますか。世の為、人の為に役立つ仕事って何でしょうか。

28) 人生色々、肉を基盤とすれば、そうでしょうが、意識を基盤、意識の転回が進んでくれば、人生は一つ。愛、喜び、温もりとなってきます。私は愛、あなたも愛、ひとつとなってきます。意識も色々あるように思っている人は、やはり、肉を基盤とした、いわゆる肉の思いが色々あるから、そのように思えるのです。みんなひとつ。愛でないものは存在しません。どうでしょうか。

29) 高学歴、高収入、そして、高級車に乗っておれば、幸せになれると、あなたは思っていますか。あなたが死んでしまえば、高学歴も、高収入も、高級車も無くなるんです。心の外に、いくら幸せを求めても、真の幸せを知ることはあり得ません。では、どうすればいいのでしょうか。もうお分かりですね。心の針の向け先を正しくしていきましょう。

30) 恐怖心や不安感、ありませんか。学びを進めるのに大変よくありません。私は、恐怖心や不安感を溢れて学びを伝える思いは全くありません。しかし、他力の心の強い人はどうでしょうか。そこで、水と瞑想です。正しくしっかりやってください。もちろん、母親の温もりが必要不可欠です。見下げる思い、軽視する思いはありませんか。己偉い心、あるかないか、しっかりと心を見つめてください。特別意識、選民意識も。

31) よいとこどり、自分、肉の自分にとって都合のよいものだけを取り入れる人、色々の教えのよいと思っているものを取り入れて学んでいる人、案外、たくさんいます。では、私が伝えてきたものはどうでしょうか。やっばり、肉が基盤、己が偉い。学びはなかなか進んでいかないのでは。
よいとこどり、色々の教えを集めて作り上げた教えは、如何なものでしょうか。はっきり、しっかりしましょう。

32) 愛の水道水は自然の恵み。愛の水素水は母親の温もり。どんな時もいっしょ。信じて、ともにともに真っ直ぐに、心のふるさとへ帰っていきましょう。信じる者は救われる、神をではないですよ。
とにかく、レベルアップ、レベルアップ。アップ、アップ。フレー、フレー。時と場合、生活環境などによっては、愛の水道水だけでいいですよ。水道水はどこにでもあるから。

33) 死後の世界、いわゆる色はないけれど、真っ暗闇・漆黒か、空(くう)・真っ青・光。あなたはいずれでしょうか。西方浄土とか極楽とか天上界といったものはどうでしょうか。死後の苦しみ、寂しさ、冷たさ、恐怖、不安とかいったものは、誰も何とかしてくれません。自分を救うのは自分。ただ愛だけが。

34) 種水のレベルについて。10を超えるもの。10。9.5。9。8。7。6。5以下。以上が判定値。レベルアップに参加していただく方は、6以上の方だけ。ただし、スタッフや登録してセミナーに参加し始めてから3年以内で、レベルアップが期待できる方は参加いただきます。

35) このたび、私の入院・手術・加療について、過労と警告。喜んで受け容れています。今日の秋の青空のような心境です。ごめん、ありがとう。安心。全託。

36) できるだけ自分のことは自分でするように。私の母の口癖でした。種水のレベルアップは自分達で。判定もレベルアップも。
現時点で6以上あると思う方だけ、栗生啓子さん、久保明子さんに申し出て判定してもらうようにしてください。5以上でない方は申し込まないように。

37) 身寄りのない独りぼっちの後期高齢者、おじいちゃん、おばあちゃんの下の世話をビジネスでなく、無償でお世話させていただこうと思っている人、応募に応えてください。その時はお願いします。

38) 陰険な戦い、いじめ、いじわる。俗に言う根性悪。肉の思いの戦いは止めましょう。身体にも心にも悪いから止めてください。

39) 60歳過ぎ頃から、現実は厳しい環境にあると思いますが、心の針を一点に合わせ、次元移行に向かって、一歩、一歩前進していただきたいと思っています。怒ったり、偉ぶったり、人を見下げたり、不平不満いっぱいで、ぶつぶつの毎日、止めにしていきましょう。病も不仲も自分の心を見るチャンス。心を内に向け、自分が使っている、使ってきた肉の思いをしっかりと見ていきましょう。

40) 種水のレベルアップについて
   1) 9月を迎えて、段階5と6の方が増え始める。
   2) 11月に入ると、段階5と6の方がさらに増え始め、段階7の方も出てくる。
   3) 12月のUTAの輪のセミナーを迎えて、段階5と6と7の方がさらに増え始める。
   4) 後は楽しみ。今年中に、段階8の方が出ればと。

41) 星のお話について
   UTAの輪S
0 塩川香世、自転公転。 S0の周りを自転公転する星群、S1、S2、S3・・・。 S1、S2、S3・・・の周りを自転公転する星群。S0からS1、S2、S3・・・と調和のとれた星群が、ここ20年以内に出来たらと夢。期待しています。肉のお話ですが。肉と意識は表裏一体と心得ています。更なる進化を夢見ている今日この頃です。

42) 8月28日、再入院しました。種水のミニボトルの判定作業が8月29日から始まります。申込み条件(種水のレベルが5以上)がありますが、自分の力で5以上になるようになって、どしどし申込んでください。念のために、5以上でない方は、何もこの学びは分かっていないことになります。

43) 真実、この道を貫け。愛はあなたの心の中に今もある。「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」を信じて、信じて一歩前進を。

44) 種水のレベルの判定について
   レベルアップに回数を積んでください。レベルの判定は、栗生啓子さん、久保明子さんに任せてください。奥さんとしたらどうであったとか、学びをしていないが関心のある友達としたら硬かったとか言っている人がありますが、あまり参考にならない場合がありますから、要注意。

45) 反転力を高めるように努めてください。自分の心の針がどの程度田池留吉に向いているか、田池留吉の世界が分かっているか、自分が愛だとどの程度信じているか、参考になると思います。どうぞ、アップ、アップと高めていってください。「私は愛です。」と思ってやり続けてください。

46) ゆっくりしいやと言いたいところですが、千載一遇のチャンス。チャンスをものにしてほしいと思っています。種水のレベルが上がってくると、現象のとらえ方が変わってきます。受け容れられるようになってきます。ものの見方、考え方、感じ方が変わってくるということが分かってきます。

47) あなたの心の針はどこに向いているか。田池留吉ですか。愛ですか。それとも・・・。良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が出てくると思っている人が多いですが、さて、良いこととは何だと思っていますか。そして、悪いこととは。
このことは少し違っています。あなたが使っている思いが正しいかどうかです。では、使っている思いが正しいとはどういうことでしょうか。結局は波動ですね。波動はあなたの心の状態をはっきりと表示していきます。

48) この学びについて振り返ってみましょう。
   1)動機は。誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。今もまだ他力でやっていませんか。
   2)田池留吉をどう思っていますか。教祖、先生、それとも・・・。
   3)あなたは愛ですと伝えていますが、信じていますか。では、愛をどのように理解していますか。愛の存在をどのように確認していますか。

49) 愛の水道水、愛の水素水を毎日飲んでいますか。各水に対して、どのような思いで飲んでいますか。

50) 種水を常に身につけていますか。種水のレベル判定は如何ですか。レベルアップに努めていますか。現在は6以上ですか。

51) 種水のレベルアップを常にともにやっている友達はいますか。それとも独りぼっちですか。友達とともに成長していくようにしましょう。

52)
 お母さんを大事にしていますか。お母さんを喜ばせるようなレベルアップの勉強をしていきましょう。お母さんとともに愛に帰る生活を楽しんでいきましょう。お父さんも、夫も、妻も忘れないように。そして、友達も。お互いに心の中にある喜びを大きく育てていくような学びをしていきましょう。

53) 常にレベルアップを。説法はいいんです。真実を、愛を伝えていきましょう。笑顔を忘れた老人に、独りぼっちの老人に「あなたは愛ですよ。みんなひとつですよ。」と伝えていきましょう。愛を引き出し育てていくように。そして、笑顔を取り戻すように。ともに、ともに真実の道を進む喜びを。
年寄りの最大のプレゼントは愛です。喜びです。温もりです。最後までともに、正しい瞑想を心掛けていきましょう。

54) ひとつとして愛を流していないものはありません。すべて愛。愛の波動を伝えています。だから、すべてのもの、人、現象から気付いてください。あなたの心の中に愛が今も眠っていることを。暗い思いはもういいんです。明るい心、本来の心の復活で、一歩一歩愛を確認、信じて最後まで生きていきましょう。人と楽しんで楽しんで、ありがとうで終わりにしましょう。

55) 万象万物はひとつ。愛です。ともに愛へ帰りましょう。あなたの人生も私の人生も、究極は同じです。同じが嫌ですか。でも同じです。苦しむのは止めにしましょう。人生は喜びです。温もりです。安らぎです。戦うのは人生ではありません。ともに、連れもって愛に帰る道が本道です。ひとつです。

56) 私は優しい人間になりたい。あなたの心の針は田池留吉にしっかりと向いていますか。あなたは、ある日突然、冷たい人間になりませんか。冷酷、無慈悲。
私は強い人間になりたい。あなたは、常に田池留吉を思い、ひとつになっていますか。あなたは、ある日突然、ポキっと折れたりしませんか。挫折、失意、自殺。
本当の優しさ、強さとは、もう分かっていますね。

57) 適当な言葉が見つかりません。肉の思いのない思いを純粋と申しておきます。純粋な方しか、田池留吉に自分の心の針を合わせることは難しいです。ただ単に、田池先生は大好き、偉大な方だと思っている、どこまでもついていきますというだけでは純粋と言えません。
自分の心の中に、少しでも神、仏、教祖を掴んでいる人は不純。田池留吉を知ることは、不可能に近いです。もちろん、聖者とか賢者とかも同じです。全く次元が違います。ホームページやセミナーや反省やメッセージとおっしゃっても、純粋でなければ、心の針は田池留吉に合いません。種水のレベルで言えば、10超ということになります。しかし、10超でもという思いもあります。しかしです。田池留吉は、あなたの心の中にも、私の心の中にも厳然として存在していると思っています。
田池留吉を見捨て去った、忘れ去った肉の思いでは、今世は、田池留吉を知ることは、とても難しいことだと思います。
私は、純粋に近い状態の時に、自分に伝わってくる思いには、ハイと従ってきました。決断と断行と全託できました。それが今日の私に私を変えてきました。だから、私は、私を、田池留吉を信じて、信じて今日まできました。来世は、250年後は、アルバートという肉体をいただき、純粋な多くの人々との出会いを得て、次元移行を完遂してまいる思いです。アルバート、田池留吉の世界をもっと、もっと分かっていくと思っています。
皆さん方も、一応、250年後の出会いと次元移行を目指して、日夜精進していきませんか。大変厳しいですが、喜び、喜びの道です。

58) 第1回目の手術が終わって、1週間が経ちました。その間に、色々のことを学ぶことができました。肉眼で。脳で。
みんな何も分かっていないことも。分からない今も、段々暗く独りぼっちで冷たく重苦しい世界で固まっていることも分からず、救いを求めています。現在、肉体を持っている人々も、もうとっくに離れてしまっている人々も、ただただ帰るところが分からず彷徨っています。
もう肉のことはどうでもよいのではないですか。高学歴、高収入、高級車、身を立て名を上げることも、どうでもよいのではないですか。自分の死に真向かいになって、どう生きるべきか。誠実に真剣に自分の生を見つめ直していきましょう。

59) イエスも仏陀も小さい、小さい。空海も親鸞、日蓮、法然といった歴史上に名を残している名僧、高僧と言われている人もみんな、小さい、小さい。
本来の姿はみんな、もっと、もっと大きい。愛、ひとつです。さあ、みんな離して、もっと、もっと大きくなっていきましょう。

60) 自分の心の針が田池留吉に向いているか。心の針が合っているか。迷ったときは、田池留吉を心からしっかりと呼び続けるようにしましょう。継続と積み重ねが大事です。あなたの心の何かが変わってきます。そのことを少しでも喜んでいくようにしましょう。あなたの心の中にある喜びが段々と大きくなってきますでしょう。
心のふるさとに帰っていきましょう。愛へ帰る喜び、愛を思う喜びを、今世、実感していきましょう。
それにしても、現在のあなたは甘過ぎませんか。偉過ぎませんか。意識の転回にこれ努めていきませんか。首を長く長くして待っています。決断と断行でいきましょう。

61) 心が外へ向いている時は、肉のことばかり。心を内へ向けるように心掛けましょう。だから、正しい瞑想。一にも、二にもと励んでください。頭脳では、真実は見えてきません。頭は程々に。心で感じて、己を知る日々を過ごすようにしましょう。。単純、明快、矛盾のない生活を。

62) 今世の学びの成果を来世の学びに繋げていってください。そして、300年後の次元移行に繋いでいってください。それまでに超大変な体験をなさると思いますが、心の針の向け先をしっかりとさせて、一歩一歩前へ前へ学んでいってください。人生とはそういうものです。あなたは意識です。愛です。よろしいでしょうか。

63) 愛の世界は人間の頭脳では、とてもとても計り知れないもの。まさに無限大、永遠、形はなし。何もない。しかし、すべてをと思えます。私は、これからもずっと信じて信じて、皆さん方とともに、ともに進んでいきたいと思っています。10超の段階でもという世界です。未来永劫に、永遠の今に正直に、存在していきたいと思っています。

64) 人間は、まだまだ甘い。まだまだ偉過ぎます。だから、肉の次元の幸せを、自分を誤魔化し、誤魔化しながら追い求めているのではないでしょうか。儚いことです。朝露の如し。真実の道へ軌道修正して、正道をひたすらに進んでいきませんか。自分を信じて生きていきましょう。自分をですよ。神や仏や金ではありませんよ。

65) あなたは、いや人間達は自分を小さくとらえています。意識です。肉ではありません。無限、永遠の存在。神、仏やといったものは小さい、小さい。
ホームページを読んでいますか。本を読んでいますか。正しい瞑想を実践していますか。この学びを自分の都合のよいように考えてやっていませんか。
種水の判定を必ず受けてください。独りよがりは禁物。私も判定に参加して、皆さんの努力に応えていきたいと思っています。勇気を出して、判定会に。有馬、橿原のセミナーでいっしょに学んでいきましょう。

66) 死後の世界、影も形もありません。もちろん、極楽、地獄といった空間、場所があるわけではありません。あるのは、自分の思いの世界だけ。ところで、死後、あなたにとって一番大事なことは何ですか。それは、田池留吉に自分の心の針を合わせ、田池留吉を思い続け、呼び続けることです。あとは?。
ところで、自分の肉の思いは明るいですか。暗いですか。それはどうしてでしょうか。素直で優しく喜んで、毎日を生きていきましょう。それには?。

67) 自己供養。自己を供養するとは、どういうことでしょうか。まず、死後の自分の世界を知ることです。その世界は、明るいか、暗いかをはっきりとさせることが大事です。では、暗い、冷たい、寂しい、重い世界はどんな世界、思いの世界でしょうか。肉の思い、肉を本物とする思いは暗いです。苦界です。
では、明るい世界、思いの世界とは、どんな世界、思いの世界でしょうか。自分が使ってきた、使っている思いをしっかり検証してください。でないと、正しい自己供養はできません。まず、自分の死後の世界を間違いなく知ることが、学びを進めていくうえで、大変重要なことです。

68) 学びに参加されている方で田池留吉はすごいと言う方は少なくありません。私自身もそう思っています。信じています。しかし、あなたもです。ひとつとも言っています。問題は内容です。その内容如何によっては、大変な違い、光と闇ほどの違いがあります。よく自分の心、思いを見てください。心の針は田池留吉に本当に向いているでしょうか。闇の田池留吉の声を聞いているのではないでしょうか。波動に偽りはありません。あなたの種水の判定はいかがでしょうか。

69) これからは、Sさんを中心にした輪が進化していきます。もちろん、Xさん、Yさん、Zさん、Pさん、Qさん、Rさん・・・の輪もできてくるでしょう。
そして、Sさんの輪に同化して、たとえば、Sさん、Xさん、Yさん・・・などが中心となって輪がさらに進化していくでしょう。
全く別の輪を大きくしていくもの、消えてなくなるもの、離れていくもの、色々の輪ができてくるでしょうが、しっかりと何が本物かを見極めていかないと、大変困ったことになるでしょう。常に自分の心の針が本当の田池留吉に向いているかどうか検証しながら、学びを進めていきましょう。

70) 己の頭脳や環境を誇る人は、意識の転回の内容をうまく説明ができても、本当に理解できているかというと、なかなか難しいようです。
己を肉とする思いや、五官でしか理解できないものしか分からないようです。一にも二にも正しい瞑想でしか、真実に到達する道はありません。そうです。1です。1ができているかどうかです。素直に真っ直ぐに心の向け先を管理してください。
意識の流れ
UTAブック
NPO法人UTAの輪