UTAの輪の中でともに学ぼう

塩川香世

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。
何をするために今という時間があるのでしょうか。
あなたは、本当の自分を知っていますか。
あなたはどういう存在でしょうか。
そして、死んだ後、どのような状態であるかご存じでしょうか。

UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。
肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、
みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 
私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。
波動の世界がすべてでした。私達は形の世界を本物として、ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。
すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。
このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、誰一人として、心で気付いた人はいなかった。誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。
しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、三十年の学びの時間を経て、私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。
だから、私達は呼び掛けます。宇宙に彷徨う私達の仲間、この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。
もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。ともに、ともに、帰ろうと。
愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。愛は、私達の心のふるさとでした。懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。
私達は、これから、250年、300年かけて、この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。
波動として、存在していることを、ただただ自分達の心の中で感じ合い、共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

あなたは目に見えません。あなたはエネルギーだからです。
日々の生活の中で、自分の作ってきたエネルギーを感じてください。
正しい瞑想をして、愛のエネルギーを心に感じられるようになってください。
何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、あなたの心で知ってください。
次元移行という意識の流れを心で知ってください。

宇宙を思って瞑想をしましょう。

1201) 自分が自分に用意した時間、環境、肉を通して、しっかりと自分が流してきたエネルギーを知ってそしてそのエネルギーを本来の私のエネルギーに変換していく楽しみを味わっています。
私は幸せです。真っ暗真っ黒のエネルギーに渦まれてきたけれど、そんな中で、本当の光、温もり、喜び、安らぎの世界が、本当に自分の中にあった、この世界が私なんだ、私だったんだと自分に伝えたからです。私を信じていくことがあなたの喜び、幸せだと、自分にしっかりと伝え、それを現実のものとしているから、私の歩みはもう後戻りは絶対にしません。ただ前を向いて、次元移行へ向かって突き進んでいくだけだと、瞑想をする中で感じています。この感じている世界は私のものです。私は、私の信じた道をただ歩いていくのみです。喜びと幸せを共有できるということは、その道を歩くということなだと、私は理解しています。
ともに同じ方向を向き、ともにある喜びと幸せをあなたもごいっしょにどうですか。アルバートの波動の中にある私達です。ともにアルバートを心から呼んでまいりましょう。 

1202) 南河内のかなんぴあというところで、学びの友とともに瞑想をさせていただきました。私は初めて訪れたところですが、ゆったりとした会場でよかったと思いました。
仕事に子育てに忙しいと思いますが、まだまだ若いということをフルに活用して、どうぞ、自分の決めてきた愛へ帰る道を今度こそ見失わずに、自分を裏切らずに、一歩、一歩、着実な一歩を歩んでください。参加された友も言っていました。若いっていいなと。その通りです。体力、気力のある限られた時間を大切に、苦しみ悩みながらも、自己確立に専念してください。
ともに歩みを。250年、300年へと、そしてその先、永遠に続く愛へ帰る道が見えている、感じている肉から発する言葉は、時として、あなたにそこまで言って大丈夫かという思いを持たせるかもしれませんが、それはあなた自身が、自分の心で波動の世界をどんどん感じ広げていけば、そんな思いは雲散霧消するでしょう。セミナー会場において、私を肉の目で見ることはお止めください。肉の目で見て頭で判断していては、結局は疑心暗鬼に陥り、何も分からずまま年齢を重ね、今世を終えていくことになります。それだけは避けてください。今世は千載一遇のチャンスです。しかも体力、気力のある間は限られています。その間に自己確立の道を育んでください。

1203) 心はどこを向いているか、いつもいつも確認しましょう。日々の生活の中では色々とあると思います。あって当たり前です。何もかも思い通りというわけにはなかなかいきません。ですが、そんな中においても、何が今の自分にとって大切なことなのか、絶えず確認することです。
確認です。確認とは自分の中に聞くということです。田池留吉を思い、心の針を合わせて聞いてください。
取捨選択をきちんとして、自分を見失わないことです。自分の生きていく方向を見失わないことです。肉でどんなに頑張ったとしても、それは本来の生きていく方向とは違います。肉でどんなに満足のいく結果、評価を得ようとも、自分の心はノーと叫んでいます。ノーと叫んでいる声に、思いに耳を傾け、心を傾けていく優しさ、強さが待ち望まれています。
優しさ、強さです。真実の道を歩くことは強くなければできません。強い、それは本当の優しさと温もり、喜びに支えられている強さです。

1204) ともに真実の道を歩いていきましょう。喜びの道、愛へ帰る道、母の温もりの中へ戻っていく道です。
肉、影の世界には、それ以外の道がたくさんあります。選択肢がいくつもあります。
真実の世界には、選択肢がありません。ただ一つの道しかないんです。
その道が自分の中で確認、確信できなければ、漆黒の闇の中ということです。漆黒です。明るさも温もりも安らぎも何もなく、真っ暗で寒くて重圧感に満ち満ちています。固まっていくしかありません。苦しみの奥底に沈み込んでいくしかありません。
そんな中から這い上がってきたことを、あなたは忘れましたか。思い出してください。どんな思いで這い上がってきたか。肉をくださいと切望してきた思いを、しっかりと思い出して、そしてその思いに必ず応えてください。凍え切った自分の心をあなたの中の温もりで溶かしていけることに目覚めてください。

1205) ゴールデンウィーク後半スタートです。デスクトップパソコンも無事回復し、5月の志摩セミナー、第11回NPO法人UTAの輪セミナーに心を向けて、色々と調整していきます。
ともに瞑想ができることがただ嬉しいと思っています。瞑想の基本は一人でするということですが、こうして同時期に肉を持って学びに集わせていただいた友とともに、田池留吉を思い、アルバートを思い、そして母なる宇宙を思う時間と空間を共有できることが幸せです。
それぞれに自己確立の道をしっかりと育んでください。そして250年後に必ず繋ぐという意思を強く持って、今世の学び、今世の人生を終えていきましょう。
あなたはどの程度感じておられるか定かではありませんが、私達は本当に地に落ちてしまった意識の状態でした。状態です。そんな私達に心を見なさいと伝えてくださったことは、本当にすごいことなんです。
自分を見限り裏切り続け、自分を苦しみのどん底に突き落としてきたんです。今世、肉を持ってそして学びに集うということはそういうことでした。千載一遇のチャンスということを肝に銘じて、自分を救い上げてください。

1206) あなたは本当の喜びを知っていますか。本当に今幸せですか。自分が生まれてきたことを心から喜んでいますか。肉を持たせた自分の思いに触れていますか。心に響いていますか。
まだまだ他にも色々とあるでしょうけれど、たとえば、このようなことをチェック項目として自分なりに作って、いつも自分の今を確認してみてください。
自分と自分の学びです。自分に問いかけ、自分で答える、つまり自問自答しながら、歩みを進めていくという学びの姿勢を大切にしてください。
すべては自分の中にあると知っていますか。感じていますか。信じていますか。自分の心で感じるものを信じていく確かさは、どの程度でしょうか。
心から、心から、何の思いもなく、ただ真っ直ぐに田池留吉を思い、アルバートを呼べる喜びはどうでしょうか。アルバートとともに、この思いの喜びと幸せを、どうぞあなたも自分の中に広げていってください。
そうです。アルバートとともに私達はありました。

1207) 喜びと幸せの道、この道一本で突き進んでいく準備、用意を滞りなく進めていきましょう。愛へ帰る道、アルバートとともに、全宇宙とともに、母なる宇宙へ帰る道、この道一本です。
あなたの心にもこのメッセージが届いているはずです。すでに届いています。どうぞ、真摯に受け取ってください。もう自分を愚弄するのは止めましょう。肉が自分だとする思いは、自分を徹底的に排除していく思いです。真実の波動の世界に生きていることを否定しているからです。
肉、形の中に生きているという思いは、すべてを破壊していきます。天変地異のエネルギーは、愛のエネルギーは、そのことを私達に示してくれます。真っ直ぐに指し示してくれます。
帰ろう、帰ろう、愛へ帰ろう、そんな大号令がもうまもなく地球全土に満ち溢れてまいります。

1208) 鹿児島、宮崎スカイブ瞑想会、ありがとうございました。最初、音声のエラーが少々ありましたが、それも程なく解消して無事予定通り終了でした。
様々な理由から、セミナー参加が難しい人が何人かおられましたが、どうぞ、今世は千載一遇のチャンスだということを、繰り返し自分の中で思い起こし、日々、喜んでそして淡々と心を見ること、田池留吉を思う瞑想の継続をしてください。
今回のスカイプ瞑想会を、それぞれのきっかけにしていただければいいなあと思いました。どうぞ、自分の中の思いを大切に、それぞれが今世、肉を持ってきた意味をしっかりと自分の中で確認してください。

1209) 田池留吉の肉が指し示した方向にしっかりと自分の心の針を向けて合わせて、喜んで自分が作ってきた宇宙を崩していきましょう。
崩れ去っていく宇宙の中から、喜びと温もりのエネルギーが一気に溢れ出てきます。そしてそれがさらに闇黒の宇宙を開いていきます。
ともに行こう、力強い呼び掛け、いざないのエネルギーは次から次へと闇黒の宇宙を目覚めさせていきます。
私達が戻っていく、帰っていける母なる宇宙をしっかりと目指して、ともに、ともに全宇宙が歩んでいく、そんな壮大な意識の流れです。
今、ひとつの肉を携えて、意識の流れの中にあったことを確認できる喜びと幸せの瞬間です。
肉、肉、肉がすべてと苦しみ喘いできた数え切れない過去。今、大きく転換していくチャンス。すべてが元あったところへ帰っていくことを、心の底から感じてまいりましょう。
「愛へ帰る。愛へ帰ろう。」力強い呼び掛け、いざないに素直に応えてください。

1210) 肉を離すその瞬間まで、自分に責任を持って生きていきましょう。生き抜いていきましょう。もう二度と自分を裏切らないと誓ってきた思いを心に、愛へ帰るたったひとつの生き方を選び取ってください。
どんなにしても分からなかった喜び、温もり、幸せでした。影をつかみ影に泣いて影を恨んできた人生でした。
間違っているとはっきりと伝えていただいたけれど、それをすんなりとは受け入れられなかったことも事実です。今もなお抵抗勢力に自分を苦しめているあなたかもしません。それでも、そんなあなたを信じて待ち続けてくれている本当のあなたがいるということもまた事実です。
自分に今世肉を持たせた思い、これからも肉を持たせる思いは、いったいどんなメッセージをあなたに発信しているのでしょうか。
静かに真っ直ぐに自分に問うていくことが大切なことだと思います。

1211) 田池留吉の意識の世界が、ひとつの肉を持ってきて、そして真実の波動の世界を伝えてくれた、次元移行という意識の流れを伝えてくれた、これは揺らがない事実です。
そして伝えてくれたこの事実をしっかりと心で受け止めさせていただいたのも決して揺らがない事実です。
学びの核をきちんとして、田池留吉の意識の世界はひとまず肉を離しました。本番前の準備を滞りなく済ませるという仕事を終え、あとは仕上げに余念がないということだと思います。
その思いは、現象界にきちんと形として示されていきます。次元移行という意識の流れは、粛々として流れています。どうぞ、肉から意識への転回をそれぞれの中できちんと果たして、そして次元を超えてまいりましょう。
次元を超えて、いついつまでもともに歩いていく、生きていく道をあなたの意識の世界がしっかりと選び取ってください。

1212) 田池留吉、アルバート、そう本当に心から思い、心から呼べる幸せと喜びで自分の中を広げていきましょう。広げていけばそれにつれて、闇のエネルギーもまた飛び出してきます。それは嬉しいことです。温もりの中で、どんどんこの仕事をしていきましょう。
喜びの仕事です。闇が喜びへ、愛へ帰っていく様は、何度感じても嬉しいだけです。嬉しい心の叫びをどんどん出していきましょう。解き放っていきましょう。宇宙へ帰れる、母なる宇宙へ帰れる喜びをただただ伝えてください。
限りない意識の世界です。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達は、この中にずっとずっとあったことを知っていく喜びを体験してみてください。

1213) 本当のことははっきりと言わなければなりません。言葉を濁してはいけません。それが相手にとって厳しいことであっても、学びに関することは、いい加減では済まされません。意識の世界は、1+2=3です。1+2≒3は通用しません。肉、形の世界とは全く違います。
正しい瞑想を重ねていけば分かります。厳しいけれど、厳しいからこそ信じていけるんです。絶対に変わらない世界は、田池留吉、アルバートの波動の世界だけです。盲目的に、闇雲に信じるのではなくて、正しい瞑想ができてくれば、信じるも信じないもない、そんな次元の話ではないことが自分の心で分かります。
だから、まず正しい瞑想ができる状態にすることです。なぜ生まれてきたのか、何をするために生まれてきたのか、学びは難しい、分からないと逃げずに、きちんと自分と向き合ってください。
向き合えない思いはいったい何なのか、それが肉が本物だとしてきた他力のエネルギーです。

1214) あなたは学びに出会ったんです。どんなルートを辿ってそうなったのかは問いません。学びに集い、心を見ることを伝えていただきました。なぜあなたは生まれてきたのかということを心で知ってくださいということでした。
「人生の本当の目的を今世こそしっかりと知って、本当の人生を生きていきましょう。本物を心で知ったからこそ肉もまた喜びなんです。」
このようなメッセージは、あなたの心にすでに繰り返し届いているはずです。
あなたの中の本当のあなたの思いに、メッセージに、しっかりと沿って、その肉の人生を終えてください。肉の人生は終わっても、本当のあなたはあなたといつもいっしょです。それが私達です。
「あなたと私は一つです。文字通り一体となっていきましょう。」これもまた本当のあなたからのメッセージです。

1215) 最近に始まったことでもないですが、特に近頃は、えげつない事件を目にします。耳にします。えげつないというのは関西弁だから、なじみがないかもしれません。要するに常軌を逸したまさに人間の狂った思いが、様々な現象として頻繁に起こってくるのでしょう。
そこまでするか、何を思っているのか、思わず出る思いです。ですが、決して他人事ではないということ、環境、条件が整えば、自分の心からもふいに飛び出してくるエネルギーなんだということだと思います。
暴走するエネルギーを暴走する前に歯止めをかけるには、そのエネルギーの転換を速やかに、自分の中でする以外にありません。それは思いを抑え封じ込めるというのではなく、そのエネルギーをしっかりと確認して温もりの中へ解き放していけるかどうかということです。
みんなすごいエネルギーを蓄えてきたんです。その自覚を持って、人と接していく、生活をしていくことが大切なことだと思います。

1216) 心で決めてきた道でした。自分の心の針の向け先を確認、生きていく方向、歩いていく方向をしっかりと見定めて、そして自分に問いかけながら、この道を真っ直ぐにということです。
アルバートの波動と出会う、心待ちしていたこの思いを大切に、愚かな肉を通して学べる今を喜んでいます。
同時期に肉を持ち学びに触れた友が、それぞれの環境の中で田池留吉を思い、アルバートを思い、そして意識の流れを思う、それが日本の国であろうとアメリカであろうと、そして年齢、性別に関係なく、今、思う時間を持っていると思うと、ただ嬉しいです。
ともに歩みを、ともに同じ方向に生きていこう、そんないざないの中にあることが感じられる瞑想は、ただただ幸せです。

1217) 決して綺麗ごとでは済まされません。はっきりとしっかりとした思いのもとで、生きていく方向を見定めていくことが要求されます。基盤の変換を徹底的に要求されます。それをクリアしない限り道はないと、それぞれの心の中に届きます。それがこれからの250年、300年の転生です。
自分が自分に伝えるメッセージを速やかに受け取り、本来の軌道に自分を乗せていく喜びの道を歩んでいきましょう。
肉を持つ時間は限られています。自分のその肉を終える最後の瞬間まで、しっかりと田池留吉を思い、アルバートを思い、ただひたすら本当の自分、愛に帰っていく道を思いましょう。
思うは田池留吉です。思うはアルバートです。ただそれだけです。ただそれだけをしっかりとやっていけばいいんです。肉でない私達が肉の人生にのみエネルギーを注いでいく愚かさに、一日も早く気付いていくことです。

1218) 学んでいこう、心からそう真剣に思う人達だけが学んでいく、形として見ればそういうことになっていくと思います。
自分の中にどの程度中心棒が確立しているかによって、自分直接の現象、自分の周りに起こってくる現象を通して、学びの一歩を前に進めていけるか、あるいはその反対に学びを捨てていくか、ふたつに分かれていきます。
今世、同時期に肉を持ち学びに触れた人は一人残らず、ともに歩んでいただきたいという思いに変わりはありませんが、それは強制することではありませんので、それぞれに任せます。
ただ、私は私自身は、はっきりと道が見え自分の中に中心棒が確立していますので、それらの情勢には左右されずに、この道一本で突き進んでいくことだけは確かです。意識の流れは順調に粛々と流れていることを心で感じ、田池留吉、アルバートの波動の中にひとつに溶け合っていく喜びを広げていきます。
5月の志摩セミナーも終わりました。一つひとつ予定をこなし、我が道を行く喜びを感じさせていただいています。

1219) セミナー等が終われば、ともに瞑想をした学びの友からメールをいただいたりしています。そのうちのひとつです。一読してみてください。
落ちて落ちて落ちまくって、狂い続けてきた私は、心からお母さんを呼びたいと思いました。本当の自分に帰りたいと思いました。お母さんなんかいらない、温もりなんか信じない。決して、決してそうではありませんでした。そんな冷たいことを私は自分に言い続けてきました。そのことを地獄の底の底の自分が伝えてくれました。本当に地獄の底から生まれてきたこと、どれだけ破壊と殺戮の思いを流し続けてきた自分だったのかと知った時、私が何としてでもしたかったことは、お母さんと呼ぶことでした。ずっとずっとお母さんに帰りたかった、素直になりたかった。
お母さんを捨てていいわけがなかった、温もりなんて信じなくていいわけがなかった。今の環境を通して、私は自分と出会わせていただいています。真っ黒な暗黒の宇宙の中に生き続けてきた自分が、この時に肉を持って、なぜ苦しいのか、なぜ間違ってきたのか、どうすればいいのか知ることが出来るこの千載一遇のチャンスをどれだけ望んできたのか。今突き上げてくる真っ黒な自分が教えてくれました。
狂いに狂ってきた自分を感じて初めて、肉の幸せでは絶対に幸せにはなれないという事が分かりました。お母さんでした。温もりでした。ただただその一点に私は向いていけばいいのだと思いました。それ以外に自分を救う道はない。だからお母さんを伝えていただいたことがどれだけ幸せなことだったのか。その思いでセミナーに参加しました。
私が作り出してきた暗黒の宇宙アマテラスとともに、私はお母さんを呼んでいきます、お母さんに帰ります。お母さんの温もりに帰っていきます。そんな思いで自分の中のアマテラスを思うことが嬉しかったです。
思う先は温もりだけ、思うのは温もりだけ。お母さんだけ。

「思うは田池留吉」の瞑想をさせていただいた時、見えてくるのはただ一つの道でした。向ける先はただただその一点だけでした。これからどんな自分が出てきても、思うは田池留吉・アルバート、お母さんの温もりです。これだけでよかった。これだけだった。温もりのない世界で、もうどうしたらわからなかった私に、あなた間違っていますよ、帰っておいでと伝えてくれました。帰りたい、帰ろう、どれだけやさしい誘いなのか。思う先、お母さんの温もり、田池留吉を伝えていただいた私は、ただただ幸せです。この思いを自分に伝えていきます。セミナーありがとうございました。

1220) 瞑想の喜び、瞑想の楽しみを心で知っていますか。それを知っていたら、思いを向ける喜びと幸せを知っていたら、あと肉の雑多な用事は、それなりにぼちぼち程々にやっておけばいいのではないでしょうか。
自分のするべき仕事をせずに、肉のことばかりに東奔西走してみても、結果は分かっています。そうはっきりと言える今世となったから、今世はやはりすごいと思います。
肉の中で、肉として生きて、肉の人生のみを見て考えて思って時間を過ごしてきた過去の転生。
その過去の転生とは全く違う転生でなければならないんです、今世は。
思いの向け先を180度変え、そしてただひたすらにその方向を向いて存在していくことを、はっきりと自分に伝えてください。
向け先を180度変えていくことは今世だけでは無理でも、その決意をしっかりと確認する今世であっていただきたいと思います。
自ずと取捨選択に取り掛かるでしょう。もう時間は残されていないとひしひしと感じる中において、賢い選択をしてください。

1221) 私の人生、いったい何だったのだろうか。あなたがその肉を置いていくとき、よもやこんな思いが自分の中から出てくることはないでしょうね。
今世、生まれてきて学びと出会ったのだから、そんな哀しい幕切れだけは絶対にならないように、しっかりと自分を学んでください。自分に用意してきた肉の時間です。自分の愚かさを心でしっかりと知って、そして喜びの自分を信じられるように肉を持っている間、最大限学びましょう。
自分に対する優しさ、それは宇宙を思う優しさです。その優しさこそが本物の優しさです。自分達の世界は、限りなく広いんだと知っていくことが、何よりも何よりも幸せなことです。

1222) アルバートとともに、ここに思いを向けて瞑想です。あなたの心に突き上がってくる叫び、雄叫び、それはそれは待ちに待った喜びの叫びです。
どうぞ、あなたもその心の中でこの体験を重ねていってください。
アルバートとともに、どんなに嬉しいことか。こうしてはっきりと道筋を自分に伝えることができる、本当に幸せなんです。
闇黒の宇宙が一斉に、アルバートとともにと雄叫びを上げていくこれからなんです。
アルバートとともに、初版の意識の流れの副題がこれでした。何の躊躇もなく、アルバートとともにというフレーズが出てきた当時を思います。
アルバートの波動と出会いたかった。心から心からそう願ってきた私の意識の世界でした。その意識の世界を田池留吉の眼力は見逃しませんでした。
あんたより私はあんたを知っていると言われた言葉が心に残っています。

1223) 肉を持って肉を喜ばせたり楽しませたり、色々とあると思います。もちろん嬉しい楽しいことばかりではないかもしれないけれど、泣いたり怒ったりイライラする時よりも、笑って楽しく過ごす時が多いほうがいいに決まっています。ただ、心から笑っているかどうかということがありますが。
とにかく心地よく暮らしていきましょう。本当の意味で風通しよく日の当たる温かな場所を自分の中に広げていくこと、それが心地よく暮らすということです。
肝心要のことをおざなりでは、心地よく暮らすことはできないです。自分の本当の姿を知っていきましょう。偽物の自分はどんなにしても偽物です。飾っても化けても剥がれてきます。それならば偽物の自分を自ら剥ぎ取って、本物の自分を出していけばいいのではないでしょうか。
心地よく爽やかな風の中、温かい温もりの中、伸び伸びと自分を広げていける、そんな中にあることを、それがあなたの世界だということを、田池留吉、アルバートの波動は伝えてくれています。

1224) 肉を持って自分を感じる喜びです。自分を感じる、自分の流すすさまじいエネルギー、一瞬にして飛び出てくるすさまじいエネルギーを感じることは喜びなんです。苦しみではなくて喜びなんです。あなたもそのように自分の中の変化を確認していますか、楽しんでいますか。
すでに愛に帰れることを知っているから、すさまじいエネルギーは喜んで喜んで出てきます。苦しみのブラックのエネルギーを垂れ流すのではなくて、愛へ帰るために、喜びの自分に帰るために飛び出てきます。
今、肉を持ってそのことを自分の中で確認できることが喜びです。
中心棒の確立、いわゆる自己確立がきちんと出来てくれば、どんな状況、どんな場面にあっても、絶対に自分を見失うことはない、自分の中の愛を信じるということはそういうことです。

1225) 日々の生活の中で自分が発するエネルギーを確認して、日々思いを向けて、そしてホームページを読んだりその他学びの教材を活用したりして、自宅学習を淡々とこなしていく。そして何よりも大切なことは、セミナー参加を試みて波動の世界を体験する。
これらをそれぞれの生活のパターンの中で、練って練って練りこんで、今、肉を持っている今という時間、自分を学ぶことに喜んで使っていく。
これが最大唯一の幸せの肉の人生の過ごし方です。
どなたもみんなあと肉を持つ、持てる回数は数回です。その数回へ経て、自分の行き先を決定するということをお忘れなく。
この次元移行という意識の流れに乗り切れず、宇宙のもくずとなって苦しみの奥底に沈んでしまったあとは、どれだけの時を経るか分かりません。
どうぞ、それもこれもみんなあなたの心で知っていけるということを学んでください。

1226) 明確な生きる目的を心で感じている人は、本当の意味で強いです。明確な生きる目的、それは言うまでもなく、肉を基盤としたものではありません。
肉を基盤とした生きる目的は、肉がなくなってしまえば、泡のように消えていきます。肉は影、当然その基盤の目的も影です。影は影でしかありません。実体がありません。
意識を基盤にして生きる。その中で明確な目的を知っていく。意識は永遠不滅です。決して消え去ることはありません。
その意識の世界をマイナスからプラスへ変換していけばいいんです。プラスへ変えて、喜びと幸せを増幅させていきましょう。自らの愛の世界を大きく広く厚く広げてまいりましょう。それが私達の存在する明確な目的です。

1227) 肉終えるその瞬間まで、しっかりと自分を学んでいきましょう。喜んで喜びで自分を感じていきましょう。自分が流してきたエネルギーをしっかりと確認していくことです。確認すればするほどに今どんなに幸せな時を自分に用意しているか、分かります。
それでも待ってくれていた本当の自分の思いにどんどん触れてください。
それでも信じて待ってくれていた本当の自分の存在をしっかりと知って、苦しみの奥底に沈んできたのは、この本当の自分を捨て去ってしまったからだったことに気付いていきましょう。
本当の自分。本当の自分と出会えるチャンスを自ら用意してきたのは事実です。
これまでの転生も、もちろんみんなそうでしたが、肉を通してはっきりと伝える術を持たなかったから、過去全部失敗に終わりました。
今世は違います。だから今世を本当に大切にしてください。大きな分かれ道です。

1228) あなた幸せですか。満ち足りていますか。自分の意識の世界が段々と分かってこられましたか。そのうえで再度聞きます。今幸せですか。満ち足りていますか。
学びのお友達、いますか。互いにいい関係で学びができていますか。
実り多い人生にするには、なぜ自分は生まれてきて、今ここにこうしているのかということを、明確に自分の心で分かることが必要です。
生まれてくれば、みんなやがてその肉を置いていくときがやってきます。死をどのように自分の中でとらえていくか、真実を学ぶためには、このハードルを見事超えていかなければならないでしょう。
死についてあれこれ、あれこれ思いを巡らすのは、私達人間だけです。他の生きとし生けるものは、決してそうではありません。その違いはどこから来るのか、そこが大きなポイントです。
この死ということに並んで愛ということも、私達人間が超えていかなければならない大きなテーマーでした。

1229) UTAブックさんが、仮題でありますが、人と動物(植物)がいる風景という本の出版を予定されています。学びの友に広く募集されるようなので、条件付きですが、奮ってご参加ください。詳細はUTAブックさんのホームページで。
当時、まだ母と同居していなかったとき、両親の家に生後1カ月のシンちゃん(愛犬)が来ました。シンちゃんとの最初の出会いは、私にああ波動ってこんなんだと教えてくれました。家にポッと明るさが灯り優しいって感じたことを思い出します。こんな小さな存在なのにすごいなあと驚きました。
みなさんもいっしょに暮している動物から、植物から色々と学ばれていると思います。あなたの学びとして、テーマに沿って思いを向けてみてください。そして感じたものをUTAブックさんにお伝えください。

1230) 日々の瞑想の時間。その時々によって時間の長短はありますが、至福の時です。田池留吉を思う、アルバートを思う、そして宇宙を思う。異語で語り合う。波動の中にあることを感じる。至福の時間です。
肉を持ってこんなすごい時に巡り合えるなんて、本当に幸せだと思います。
私ももう若くはありません。重ねてきた年齢もさることながら、今世の学びに出会うまでに自分の流してきた思いの間違いは自分の身体を通して見させていただいています。肉は少々不具合がありますが、肉体細胞からのメッセージ、波動はこの心の中に広がっています。肉体細胞からくる思いを感じると、やはり肉はいかに愚かであるかが分かります。
こうして、私は私に肉を持たせた思いと真向かいになって、自分に用意してきた肉を持つ時間を大切に、そして、さらなる意識の成長を学んでいるんだと感じています。ありがとう。田池留吉、出会いを本当にありがとうございます。

1231) 選択を誤らないでください。勇気を持ってはっきりと生きる方向を定めてください。今世こそそうしましょう。今世をあなたの転換期に必ずしてください。転換期です。心の針の向きを変えていこう、変えることは難しくても変えていくんだ、そんな思いというか決意をしっかりと意識に刻み込んで、そしてその今の肉を置いてください。
喜びを忘れ去って欲に走ってしまった私達人間です。欲を欲とも思わずに、無造作に垂れ流してきたエネルギーが充満している宇宙です。
その宇宙を自分の心で気付いた方からまずは変えていきましょう。
変えるといっても、あなたの肉は何もできません。肉は学びの基本に沿って自分の心を見ていき、思いの針の向け先が全く間違っていたことに気付けばいいんです。それが本当に心で分かっていけば、肉の愚かさが心に響いてきます。肉は何もできないことが分かります。何もできない肉だけれど、意識の世界の計画の邪魔にならないようにするにはどうすればいいのかを考えるでしょう。そうです。意識の世界の計画の邪魔にならないように、肉は存在してください。

1232) 出来る限り、最大限に、自分を学んで今世を閉じていきましょう。自分に対する責任を果たしていくこと、それは過去どの方も全くできなかったことでした。どんなに真実の世界を追い求め修行をし、愛の人と世の中の評価を受けたとしても、その肉を置いて行き着く先は、地獄の底の底の奥底に何ら変わりはありませんでした。
安らかに天国に眠る、もう本当にそんなまやかしの世界とは決別してください。そうして自分の心を見ずに目を背けて自分を誤魔化していくのは止めましょう。
自分の本当の姿を見誤れば、生きても地獄、死んでも地獄なんです。
はっきりとそう自分に伝えてきませんか。あなたの日々の瞑想の時間の中で、死んだ自分からしっかりと伝えてもらってください。
それが愛です。限りない優しさです。手を合わせて故人の冥福を祈るならば、まず自分の現実をしっかりと知っていく方向に生き直しましょう。

1233) 肉を持っている今、自分の思いの世界を知ること、その今の自分の肉体を通して、自分の流してきたエネルギーを知ること、こんな幸せはありません。どんどん自分の流してきたエネルギー、自分の中に蓄えてきたエネルギーの凄さ、凄まじさを喜んで喜んで知って感じてください。
それができる時間と空間を学びに集っている人達は用意されています。
凄まじいブラックのエネルギーが温もりと喜びのエネルギーに変わっていくんだということを知らずに、ブラックのエネルギーのまま噴き出し、周りとトラブって、大切な肉の時間を無駄にしないようにしましょう。
心の中の闇は自分の中の愛のエネルギーに変えていく、変わっていく術をしっかりと今世こそ学んで、その作業をただひたすらに継続していく時間を迎えてください。
喜びの道を一歩、一歩たゆまず焦らず真摯な思いで歩いていく、そんな歩みをあなたも始めてください。

1234) 第11回NPO法人UTAの輪セミナーに参加予定の方、どうぞ、しっかりと宇宙を思う瞑想をしてきてください。ともに宇宙を思う喜びをあなたの心で感じていただきたいと思います。
もちろん、言うまでもないことですが、宇宙を思う瞑想をというのは、自分の中に母の温もりがあるとしっかりと知ったうえでというのが、大前提です。むやみやたらと瞑想をしないでください。まずはゼロ歳の自分の目を通して母を思う瞑想をしっかりとしてください。温もりの中にあった自分をしっかりと知って信じていれば、宇宙を思う瞑想は、ただただ喜びだけです。田池留吉の目を見ての瞑想もそうです。瞑想は喜びです。
中からムクムクと田池死にさらせという思いが噴き出してくるけれど、そのエネルギーはどうでしょうか、まだ苦しみ一色ですか。
大きな大きな喜びの雄叫びとともに噴き出してくることを、何度も何度も体験していますか。この体験を重ねていくことが大切です。
どんどん心の解放を進めてください。広い広いどこまでも広がっていく温かな中に自分を解き放してください。

1235) 肉を持っている今、肉に関わる様々な仕事はそれぞれにあると思いますが、生きる本当の目的を心で知っていれば、それはそれなりに淡々とやっていけばいいということになります。
肉でするべきことをきちんとするというのは、当たり前のことです。今、肉を持っていることを心からありがたいと思うのは、日々の中で自分の流してきたエネルギーの凄さをはっきりと知ることができるからです。
本当に自分を学んで肉を閉じていこうと思うならば、本当の意味で肉を大切にしていくでしょう。それは、肉を基盤とする大切さとは異なります。
自分に肉を持たせたことを心からありがたいと思えれば、その意味も自ずと自分の心で分かるでしょう。
とにかく、肉を持っている今が大切な時なんです。その自覚があれば、人を殺したり自分を殺したりは絶対にできない、やってはいけないことだと分かります。法律や道徳で心を縛らなくても、母の反省をしていけばそんなことは一目瞭然です。決して神は偉大なりと自爆などしません。

1236) ただひたすらに真っ直ぐにこの道を。私は私にいつもそのようにメーセッジを送っています。
メッセージはいたってシンプルです。田池留吉、アルバートとともに歩いていく、生きていくことだけに照準を合わせなさい。それだけです。
そのメッセージを今世の肉を通して、ようやく、ようやく、現実のものとして自分の意識の世界に伝えることができたことに、ただただ感謝です。
それさえきちんとしていれば、あとは自ずと整ってきます。それを心で知ったことは本当に大きな成果です。どんなに肉を動かしても、どうにもならないのが意識の世界の計画でした。意識の世界の計画に沿って肉が存在することが、肉の喜びであり幸せにも繋がっていくことを知りました。
本当に本末転倒に生きてきたこれまでの転生だったと振り返り、それでも、それでもこうして自分にチャンスを用意してきたんだから、その私自身の思いに、誠実に応えていくだけだということになります。
あなたもあなたの中の切なる思いに、誠実に応えてください。お互い約束を果たしてまいりましょう。

1237) 
瞑想は喜び。瞑想はただただ喜びです。田池留吉、アルバートを思う瞑想、そして宇宙を思う瞑想。正しい瞑想ができるように日々学んでください。
正しい瞑想こそがすべてです。思う喜びと思える喜びは、意識の流れの中にある喜びを伝えてきます。そして、次元移行を伝えてきます。
あなたの心は、自ずと、地球上に肉を持たせていただいた長き時間にありがとうを告げることでしょう。ありがとうございましたと地球という星を思うでしょう。
そんな意識の世界を抱え、肉を持っている今を喜んでありがとうと過ごしていく人生、こんな人生が最後の最後自分に用意していたんだ、何とも言えない思いが込み上がってきませんか。
肉、形の中から自分を解き放して、そしてさらに自分というものを、愛の世界を、ともに学んでいける喜び、幸せを感じてください。

1238) 同時期に肉を持ち、田池留吉の意識の世界を学ぶチャンスを得た、喜んでください。このことをまず喜んでいきましょう。肉を持つことがこんなにも喜び、幸せだったんだと、学びを進めてきた人ならば、すでに心に感じ入っていることだと思います。
おそらくあなたの過去皆無でした。喜びで生まれてきたはずなのに、喜びで死んでいくことは叶わなかったのです。喜びで生まれてきたということすら分からなかったというのが事実でしょう。
今世をあなたの転換期に必ずしてくださいとメッセージを送りました。
喜びで生まれてきたことをしっかりと知って、そして喜びで死んでいけるように、生まれてきてよかった、お母さんありがとうございましたと死んでいけるように、日々学びを進めていきましょう。
今、もしあなたの心が苦しいならば、それはあなたがあなた自身に冷たかったということを伝えてきているんです。心を開きなさい、開いてくださいと自分に伝えてくる苦しみを勇気を持って喜んで受けてください。
あなた自身の声に、思いにあなたが応えてあげなくて誰が応えられるのでしょうか。

1239) 250年後を思うとたまらなく嬉しい。たまらなく幸せです。私は自分に計画してきた本当の自分、愛に帰る道にただただありがとうです。ただただ嬉しい。こんなに狂い続けてきた私が私を見捨てることなく、本当の自分に帰っていこうといつもいざない続けてくれていたことを知りました。
今世、肉を持ったからです。持たせていただいたからです。肉を持って、田池留吉の肉を通して、波動の世界の真実を伝えていただいたからです。
出会いでした。千載一遇の出会いでした。自分が望み計画してきたこととはいえ、本当に見事に的中しました。予定通りの遂行をただただ喜んでいます。
愚かな肉を携えて、ああしかし、もう肉を持てる時間も残り少ないと思うとき、たくさんたくさんお世話になりましたと自ずと地球という星に思いが向いていきます。

1240) 意思表示ははっきりとしてください。この学びについての意思表示です。
学ぶならば学ぶ、止めるならば止める。学びついては、特に中途半端はダメです。イエス、ノー、はっきりとさせて自分の生き方を定めてください。
学びは宗教ではありません。自分を救うのは自分の中の愛です。自分の外に求める心をしっかりと見てください。他力信仰の延長線上にいては、学びの本質に触れることは絶対にあり得ません。真似事はできます。ですが、真似事は真似事であって、学びとは似て非なるものです。
あなた、田池留吉を信じていますか。究極はここです。
田池留吉の何を信じていますか。田池留吉って何ですか。

1241) 心を中に中に向けていけば、出会うんです。苦しみ、悲しみ、怒り、支配、妬み、不安、恐怖、寂しさ、聳え立ち等々。それは分かり切っています。
しかし、そこでウロウロしない。もっともっと中に中に心の針を向けていきましょう。
ブラックの自分からどんどん教えてもらってください。どんなに苦しい暗い冷たい中を生き続けてきたかを。切々と語ってくるでしょう。
脅してくるかもしれません。しかし、それにも臆せずにドーンと向き合ってください。本当は・・・と本音を漏らすんです。みんな帰りたいに決まっています。喜びへ温もりへ自分のふるさとへ、帰りたいんですよ。
抗って強がって必死になって自分を崩すまいとするその思い、哀れかもしれませんが、何と愛おしいのでしょう。
私はそう感じています。私の中の愛がそう感じるんです。だから、もう絶対に自分を裏切りません。ともに帰ろう、その思いだけをしっかりと真っ直ぐに流し続けます。苦しみから喜びへ変わっていく様をともに味わいたいと思っているからです。

1242) 肉の私を好ましく思わない人も、どうぞ、ともに学びをしましょう。こうして互いに肉を持って、自分を学ぶという絶好のチャンスを自分に用意してきたんです。
あなたが私に対してどんな思いを抱いているかなんて、私は眼中にありません。ただ私は私の心に響き伝わってくる波動を流しています。
宇宙を思い、真実の世界に愛の世界に、私達のたったひとつのふるさと、愛へ帰ろうと呼び掛けています。
私は心に感じています。田池留吉、アルバートとともに生きていく意識であることを心で知っています。
だから、私の未来は明るいです。暗い真っ暗な過去とともに明るい未来に向かって一歩、一歩歩んでいくことがただただ嬉しい、喜び、幸せ、それだけです。肉の私なんて大したことはありません。しかし、真実の世界を心で感じ知っていくには肉がどうしても必要でした。
このひとつの肉を持って、私は私の歩みを進めていくだけです。私の開けた未来へ向かって、ともにともに歩いていくだけです。瞑想、正しい瞑想は私をその方向へいざない続けてくれる唯一の救いです。

1243) 自分の愚かさにどんどん涙を流してください。どんどん叫んでください。そして悔し涙から喜びの涙へ、苦しみの叫びから喜びの雄叫びへ変えていきましょう。
肉はなぜあるのか。肉の中で肉を通して自分が瞬間流すエネルギーを知るため。そして、そのエネルギーを肉を通してしっかりと確認するために、今、あなたはセミナー会場という場所に肉を運んでいます。
だから、その時間と空間を大切にしてください。目から涙が溢れ出ます。鼻から鼻汁が出ます。喉から咳が出ます。口から叫び声、唸り声、異語が出ます。手は上に上がり、足は飛び跳ね、バタつかせるかもしれません。身体全体が激しく動く場合もあります。
どうぞ、あなたのその肉体を通して、思う存分に蓄えてきたエネルギーを確認してください。
言うまでもありませんが、日常生活の中でそれをすると、大変なことになります。セミナー会場、あるいは条件の整った一定の場所だからそれが可能なんです。それ以外ではトラブッてしまいます。結果不必要な時間とエネルギーを使ってしまうことになります。
できる限り効率的に自分の今世の計画を遂行してください。
自分に残された肉の時間をしっかりと考慮に入れ、本当の自分に帰る道、愛へ帰っていく道に至るあなたの今世の計画を予定通り達成していただきたいと思います。そして、250年後の出会いを必ず果たしてください。
あなたのご事情が許せるならば、喜んでセミナーに参加してください。

1244) この地球上に肉を持たせた思い、私自身の思い、その思いに心を向けると、私はなんて幸せ者だったんだとしみじみ感じます。
本当に愚かな闇のエネルギーを垂れ流しまき散らし噴射し続けてきたけれど、意識の流れのいざないに沿っていける喜びと幸せの中にありました。自分を見失うことなく、見捨てることなく、ようやく自分の本来の軌道に自分を乗せて、さらに自分の中の愛、真実を知っていく道が永遠と続いていることを知りました。
信じて待ってくれていた母の思いでした。田池留吉の肉を通して、真実の波動の世界を伝えていただいた今世を境にして、自分を本当に知っていける喜びと幸せです。
田池留吉の肉とともに学ばせていただいたかけがえのない事実をしっかりと活用して、250年後の来世の肉とともに生きていく喜びです。

1245) 田池留吉を思える喜びがあります。アルバートと心を向ける喜びがあります。そして、ともにそうできる、そうしようとする仲間がいます。
こんな幸せはありません。肉に塗れ肉に自分を落とし込め苦しみ続けてきた私達だけれど、本当に幸せの中にあったことを自分に伝える絶好のチャンスを用意しています。
ともに歩みましょう。ともに歩みを進めてまいりましょう。そして必ず250年後の出会いを果たしてください。
呼び掛けます。呼び掛けます。ともに行こうと。
「懐かしいね、懐かしいね、そう言えばあの時のあなたじゃない?。」そんな会話があちらからもこちらからも届いて、そして日本という国を思い出すんです。ともに学んだ仲間だと思い出し、あとはもうすごいスピードで自分の軌道の最終修正に取り掛かることでしょう。
だから、今世、ひと踏ん張り、そしてまたひと踏ん張りです。
田池留吉の意識の世界は、一足早く肉を置き、そして私達を待ち受けてくれています。喜びで喜びでともにある喜びと幸せをあなたも、あなたも、そしてあなたもともに心に広げていこう、そんな思いの世界、波動の世界の中にいざなわれていることを、どうぞ、あなたの心で感じ広げていってください。

1246) 何があっても決して揺らがない、変わらない喜びと温もりの波動の世界でした。どんなに時へ経ても絶対に変わらない波動の世界がありました。
気付いていくだけです。その中にあったことにただ気付くだけです。
本当に大馬鹿者でした。全部自分で否定し拒否してきたことに、ようやく今世の肉を通して知ったのです。長い長い時を要しました。それでも心で知り心で分かったのだから、あとはこの世界を自分の中で大切に育んでいくだけです。
田池留吉の心、田池留吉の波動、出会いを本当にありがとうございました。
アルバートを伝えてくれて、間違いを真っ直ぐに伝えてくれて、本当にありがとうございました。
瞑想です。正しい瞑想を重ね、肉を持つ間、肉なき間、そして再び肉をいただく時間、自分が自分に用意したチャンスをありがたく受け止めます。
思うは田池留吉、思うはアルバート、そして思うは母なる宇宙、愛です。

1247) 肉として、肉を本物として、肉を掲げて生きてきた歴史があまりにも長いです。肉を基盤とする人生には、苦しいことや悲しいこと辛いこともたくさんあるかもしれないけれど、なじみがあって親しみがあって居心地がよくて、やはり古巣という感があるのが実際のところではないでしょうか。
意識の世界こそがすべてだ、肉、形は本当の世界でない、影の世界だと言われても、どこか空しくなってくるかもしれません。
それが他力のエネルギーです。あなたの中の他力のエネルギー、染み付いている他力のエネルギーです。
だからこそ、余程しっかりと注意深く、そして真摯に心を見るということが大切なことなんです。
他力の中に引き戻そうとするその力を甘く見ないでください。
自分が蓄えてきた肉を本物とする思い、肉の中に埋没して苦しみを味わってきたのに、いまだにその苦しみの淵から抜け出ることに躊躇している思い、あなたの中はどの程度解消が進んでいますか。しっかり自分と向き合ってまいりましょう。
ひと踏ん張り、そしてまたひと踏ん張りです。

1248) ともに瞑想を。ともに思いましょう。肉を持ち、ともに思える時間を喜んでください。ゆったりとしかし心の針はきちんと合わせて向けていくことは忘れずに。
向けたくないかもしれません。向けられないかもしれません。あるいは肉では向けよう、向きたいと思っていても、なかなか自分の中の他力の城壁は高く、手ごわく立ち塞がっているかもしれません。
しかし、間違ってきたのは紛れもなく肉を本物としてきた自分の意識の世界です。母の温もりに徹底的に抗してきた愚かな自分をどこまで勇気を持って、そして素直に真摯に認めていけるか、受け止めていけるか、そういうことだと思います。
学びを軽く甘く見ている方がまだまだ多いです。反復して学びを進めていくことが物足りないと感じておられるかもしれませんが、それこそがあなたが流している波動、エネルギーのすごさをまだまだ軽く受け流しておられる証拠ではないでしょうか。
年月が経つのは早いです。2018年も半年が過ぎ去ろうとしています。
時間は早く経つ、そしてあなたは確実に年老いていく。体力、気力の充分にある間に、何とか目途をつけてください。

1249) 喜んで喜んでともに学びを進めていきましょう。ただそれだけです。
喜んで喜んでともに思いを向けて、自分達がどんなに幸せの中にあるか、恵まれた中にあるのか、その思いを心の中にどんどん広げ深めていきましょう。
そんな幸せ、喜びの道を一歩、一歩歩んでいくこと、それが喜びの人生です。お金では決して幸せにはなれないことを身に染みて感じておられるでしょう。
現在、経済的に少々不安な方はそうは思えないかもしれませんが、ある程度蓄えがあってという方、もうこれ以上お金など要らないとなっていませんか。お金を持って死んでいけないんです。その他、形あるものはみんなそうです。
私達は思いの世界に生きています。その自分の思いの世界は、本来、肉つまり形の有り無しで左右されないんです。肉の有り無しで左右される思いの世界は、基盤が肉ということだから、全部ブラックです。と言っても、その基盤を変えなければ絶対に分からないですが。
どこがブラックなんだということだと思いますが、ブラックという意味自体がなかなか自分の中で納得しないということだと思います。

1250) 学びの年月の長い人で、30年を超えている人もたくさんおられます。私が学び始めた頃1993年頃は、チャネリングというのが全盛期の頃でした。2000年頃までにチャネリング講習会というのもあって、当時は特にイエスや仏陀の時代に思いを向けてという、いわゆる自分の過去世を通して学んでいくという試みもありました。
それは、過去世を語ることが主流ではなく、あくまで学びの基本、心を見る、母の温もりを心に蘇らせ、自己供養をするためのひとつの学びの手立てに過ぎませんでしたが、チャネリングだとかチャネラーにとらわれていく人が多かったという弊害も否定できませんでした。
学びの道の回り道、寄り道ならまだしも、学びの道を外れていく危険性を含みながらだったということでしょう。その他にも学びの初め頃は色々とあって、本当に田池先生は大変だったと思います。ですが、田池留吉の意識の世界が、学びを中途半端な状態でその肉を置いていくことはあり得ないことでした。きちんと学びの基盤を整えて、そして250年後の最終時期に託すという目途が立ち自身の今世の仕事を終えたから、一旦肉を消したということです。
ということで、すでに学びの基盤は確立していますので、あとはそれぞれがどれだけ真摯に学びと向き合っていくか、つまり自分と向き合っていくかという課題だけが残されています。
250年後、昔、昔日本という国で、ともに学んだことを思い出すということで、これは250年後からすれば過去世です。しかし、この過去世を思い出すということは、一連の過去世から学ぶということとは訳が違います。非常に大切かつ有効です。日本という国を思い出す、つまりは田池留吉を思い出すということで、喜びが爆発するんです。そして、そのまますごいスピードで次元移行へ向かって突き進む、そういうシナリオになっています。

1251) しっかりと心の指針を確立していれば、もう肉に沈み肉に溺れていくということはあり得ません。ただ、真実に目覚めよという意識の流れは確実に仕事をしていますから、私達人間の心の奥底に眠っているブラックのエネルギーを容赦なく露わにしていきます。ですから、無差別的な事件は頻繁に起こってきます。テロという特殊な組織ではなくても、日常の中に非日常的なことが起こってくるんです。
社会不安が渦巻く中においても、決して見失ってはいけない本来の私達人間が生きる道をしっかりと生き抜いていくことです。
それは、自分の中にしっかりと心の針を向けて、自分の中の温もり、愛のエネルギーを信じ切る、信じ切れるように、日々正しい瞑想を重ねていくことに尽きます。
その術を私達は学ばせていただいています。どうぞ、真摯にひたむきに学びましょう。もう自分を裏切ることなく、本当の自分とともに生きていく本当の喜びと幸せを知ってください。

1252) 今あなたがあなたにできること、してあげれること、やってください。
肉のあなたの思いばかりを優先するのではなくて、あなたの中のたくさんのあなたの思いをしっかりと聞いて受け止めて、そしてともに生きていく方向に、自分の舵を切ってください。
それが本来進むべき道です。肉のあなたの役割、仕事をきちんと把握して、そして今世こそ、あなたの転換期にぜひぜひしてください。
幸せ、喜び、温もり、愛、どれもこれも分かるはずはありませんでした。分かったように錯覚をしていただけでした。錯覚です。早く目を覚まして、本物の幸せ、喜び、温もり、愛の波動を知っていきましょう。全部自分の中にあったことを知っていきましょう。

1253) 喜び上手になりましょう。どんな些細なことでもまずはありがとうと受け取ってみましょう。こんなことくらいでという思いは禁物です。
田池先生が最初に私におっしゃったのは、「あんた喜び少ないな。」でした。
何でも当たり前としてきた私には、喜び少ないと言われたことが、殆どよく分かりませんでしたが、学び始めていくと、本当にそのものズバリでした。
10年間ともに暮してきた夫を夫とも思わずに、私は本当に身勝手に気ままに生活してきました。姑の一言に何くその思いで資格取得に燃えたのですが、それが結果学びをスムーズに進めていく大きな手助けになったのでした。田池先生からは、「あんたを見てたら、学びをするようにするように全部うまく事が運んでいくことを感じる。大学受験失敗も結婚も、そして若くして夫が死んだのもお父さんが病気になったのも、ワンちゃんがやってきたのも、全部そうや。それぞれの点を結んでいったら、そう見えてくる。」こんなことをよく言われてきました。
学びをするようにするように、ああそうでした。全部自分が描いたシナリオ通りにみんな環境その他を設定しているんだということでした。
あなたもご自分のこれまでを振り返ってみてください。
喜び上手になりましょう。肉、形の世界はどんなであっても、学びをするために、自分を本当に学んでいくために、今があることを心から知って、喜んで喜んで生きていきましょう。

1254) 今世の時間がいかに大切なのか分かっていただいていますでしょうか。学びに集い心を見るということを学び始めたということは、本当にすごいことなんです。特別だとか偉いとかそういう意味ですごいのではなくて、自分達の意識の世界の実情がすごいということ、それをそれぞれがしっかりと自覚するチャンスを自ら用意したということ、これは本当にすごいことでした。
肉に生きることなんて容易いことでした。肉を持っている間は自分を誤魔化して、一時の喜びや幸せに逃げ込んで、そして死んだあとは自分の現実が容赦なく覆いつくす、その繰り返しを懲りずにやってきました。どんなにしても地獄の奥底で蠢いているに過ぎませんでした。
その流れを変えるということ、本当の意識の世界に目覚めるということは、並大抵ではありません。誤魔化しは一切通用せずに、真っ直ぐに自分と向き合う勇気が要ります。誤魔化して騙して逃げてきた私達にとって、一番難しいことです。
しかしこの道しかありません。自分の中の流れを変える、逆流を見事泳ぎ切って自ら浮上していきましょう。浮上して見えてくる世界があることを知ってください。

1255) 自分を学ぶために、本当の自分を知るために、今があること、今、肉持って様々な環境の中にあって、そして自分が蓄えてきた、作ってきたエネルギーを知ることができること、それが喜びでした。
本当に思い違い、考え違いをして何度転生の機会をいただいてきたのかということでした。悲しみ苦しみ辛さはその自分の思い違い、考え違いを自分に教えてくれていたのに、それが全く分かりませんでした。全くです。全部、全部、自分の外にあると思い続けてきたこと、本当に愚かとしか言いようがありませんでした。
しかし、愛が存在していました。確かに愛のエネルギーがあるから、何度間違いを繰り返したとしても、こうして、今世また自分を学ぶチャンスを用意してきたんです。自分の中の愛に目覚めよと自分にいざないをしてくれました。
正しい瞑想を重ねていけば、そういうことが心に響いてきます。どんなに愛されていたか、どんなに信じて待ち続けてくれていたか、本当の自分の思いは切なる思いとして、私の中に響き渡ります。
肉と意識。間違い続けてきたけれど、今世は待ち望んできた大きな大きな転換期となりました。

1256) 田池留吉を思うことがただ喜び、アルバートと呼べることが最高に幸せ、一人でも多くの学びの友がそういうふうになって、そして喜んで喜んでともに学びを進めていけたらいい、今回のUTAホール志摩セミナーでもその思いを強く感じました。
それぞれの環境、事情があると思います。ですが、学びに集われた今世を本当に大切になさってください。ご自分を大切に、本当の意味で強く賢く生き抜いていきましょう。
肉に逃げ込む、肉で誤魔化していこうとする自分の哀れさを心から感じてください。もう自分を裏切らない人生、そんな転生に今世こそしていきましょう。
体力、気力の続く限り、最大限自分を学んで今の肉を終えて、そして次の転生へと自分を繋いでいくことを大きな目標にして、そして最終的には次元移行を自分の中で必ず達成させるということを自分に誓ってください。UTAホール志摩セミナー、学びの時間をありがとうございました。

1257) 今世は大切な大きな岐路です。自覚のあるなし、あるいは感じている程度の違いはあります。ただ、大切な大きな岐路の今世だということは間違いのないことです。今世、学びに触れたあなたにとってはそういうことです。それが何を意味するのか、このことによって何を知っていただきたいのか、どうぞあなたはあなたに聞いてみてください。
正しい瞑想がすべてであり、だから正しい瞑想ができるようになってくださいと繰り返し発信しています。あなたの頭ではなく、心で知ってください。心に感じたものを頭で分かろうとする、分析しようとする、無駄なことです。本当のことはそうです、心でしか分からないんです。なぜならば、本当の世界は波動の世界だからです。しかも、田池留吉、アルバートの波動の世界だけがたったひとつの真実の世界です。
これが本当だと分かってくるのは、感じてくるのは、あなたの中からです。中からどんどん響いてくるんです。中からどんどん突きあがってくるんです。それってどういうことですか。あなたの中のあなたが激しく切実に訴えていることに心を傾け、耳を傾けてください。

1258) 17日の志摩セミナーを終えて帰阪した翌朝、ドーンと縦に響きました。ニュースで見たら、その揺れは震度4ということでした。私としては初めての体験です。震度6弱というところもあったそうな。
以下、学びの友よりのメールです。
朝の地震で、瞬時に出た思い。恐怖も、もちろんあるけれど、何もできない自分を感じました。何もできないんだ、では私はどうする・・?
手が少し震えているなあ・・ああ、この思いを見るんだ。
「心をみてください」そんな呼びかけのような思い、私の中に芽生えている。それが、あまりにもやさしくて、うれしくて。この実践を、何度も何度も促されてきたこと、それがセミナーでした。タイケトメキチ、田池先生、お母さん・・・形ではなく、自分の中で呼び覚ますこと
私が私に伝えてくることでした。何があってもここに戻って、思いを向けられる。これが幸せなのかな、そう思いました。

メールを読ませてもらい、思いが上がってきます。
ともに学んでまいりましょう。
心の針をどこに向けているかを確認する出来事がこれからそれぞれの身の回りに頻繁に起こってきます。向け先を知っていることがまず大事なことです。向ける方向は、思う方向はただ一点です。
あとどんな状況になろうとも、それらは全部、肉、形の世界のことだから、そこから瞬間的にすばやく心を、思いを離していけばいいということになります。
いつまでも引きずっていく必要はなく、ただ思いの向け先だけをひたすら定めていこうとする、それが何よりも何よりも大切なことです。
実践です。今世の学びの成果を知っていく実践の機会を用意している、何から何まで至れり尽くせりの中で、学びを進めています。
本当に信じているのか、本当に意識の世界を信じているのか、田池留吉、アルバートの意識の世界にひとつだと、本当に信じているのか、実践を通して自ら学びを進めていくということ、真っ直ぐに真っ直ぐにただひたすらに自分の歩いていくべき道を見つめながらの時間、大切にしていきましょう。

1259) 肉は厄介です。肉は複雑です。意識の世界はシンプルです。厳しいけれど、絶対に裏切らないです。肉の優しさは状況が変われば簡単に裏切っていきます。意識の世界の厳しさに裏打ちされた優しさこそが本当の優しさでした。肉基盤ではそういうことが絶対に分かりません。
今世をあなたの転換期にしてくださいというメッセージを、あなたはどの程度自分の中で咀嚼できているか定かではありませんが、今一度真剣に真摯にこのメッセージの重みを受取っていただければと思います。
ワン・ツー・スリーの瞑想で色々とそれぞれに心で試してみてください。
ただ自分のエネルギーを肉体を通して感じていく、それで精一杯というのではなくて、そこから、そこから次の一歩をどう踏み出していくのか、あなたの中は苦しいエネルギーはみんなそれを待っています。舵の切り方を誤らないでください。正しい舵の切り方を、その肉を持って教わってきたのです。

1260) 学びの友がメールをくれました。
今朝の地震があって、天変地異に思いが向きました。地震が起こったときは、瞬間、恐怖の思いが出て、でも、そのあと天変地異に思いを向けたいと思いました。
地球も田池留吉と同じで待ち続けてくれていたということが伝わってきました。言葉にならない思いでした。すごい環境で肉を持たせてもらっていることを感じました。ありがとうございます。これから、しっかりと、たくさんの意識とともに学んでいきたいです。ありがとうございます。

18日の大阪を震源とする6弱の地震によって、色々と思われている方も多いでしょう。活断層云々ではなく日本全国、津々浦々揺れてまいります。アマテラスのお勉強、喜んで進めてまいります。
 
1261) 何ひとつ不必要なものはありません。どんなことも学びの機会だととらえて、自分の中に心の針を向ける訓練を重ねていきましょう。
心を開いていく、意識の世界の中にどんどん入っていく、そしてそれはただ喜びの思いだけで、ここが大きなポイントでしょう。
ただ喜びだけがあるということ、意識の世界には喜びしかないということ、しっかりとしっかりと学んでいくだけです。
そして、委ねていけるのは、全部を託していけるのは、田池留吉、アルバートの波動の世界、意識の世界しかないということ、それを知る、確認する、確信する、学びのハードルを喜んで喜んで超えていきましょう。
愚かな肉を持って学ぶ難しさと、愚かでも肉を持っているから学べる喜びを感じながら、ひたすらに自分が決めてきた愛に帰る道を歩いていこうとする思いを着実に育んでいきましょう。


あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。時々点検してください。オーリング、正しくできますか。
☆愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。
☆「私は愛である」、心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、宇宙に点在する意識達、すべてが、この波動を待ち侘びていました。あなたはこのことが心で分かりますか。しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。
☆宇宙を呼んでください。宇宙にどんどん思いを向けていきましょう。私達の帰る心のふるさと、宇宙の波動を心に呼び覚ましましょう。
今世を自らの大きな転換期にしてください。動かなかった心の針をほんの少しでも愛の方向へ向けてください。
☆愛へ帰る道は、それぞれの心の中にあります。その道と出会い、一歩、一歩歩んでいく喜びと幸せを広げてください。
☆自分の人生です。自分があるだけです。幸せ、喜びを広げていくのも自分。真っ暗な中に沈み込んでいくのも自分。正しい羅針盤がなければ、沈み込んでいるのも分かりません。いったいどこまで落ちてきたのでしょうか。そして、これからも落ち続けていくのでしょうか。
☆自己確立を目指してください。本当の自分の波動を感じられるようになってください。そうすれば安心立命です。それ以外は、狂いの道です。
☆あなたは自分を信じていますか。信じていると答えた人は、自分の何を信じていますか。あなたの流す波動があなたの答えです。あなたの外と中、一致していますか。
☆あなた、本当にこのまま死んでいっていいのでしょうか。心の叫びを拾い上げてください。そして伝えてください。ごめん。間違っていたと。
☆外へ向く習性のある心を内に、内に。エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、確認すれば温もりの中へ解き放つ。それが心を内に、内にの作業です。
☆思う大切さ。ゆったりとして静かに思うこと、そして一瞬、瞬間的に思うこと、両者とも、学びそして会得していきましょう。その際、肝心なのは何かということ。もうお分かりですね。
☆今を喜んでいきましょう。どんなにすごい時間なのか、あなたの中は知っています。知らないのは肉を自分だと思っているあなただけです。
☆肉体細胞の思いを感じながら、ということは、本当の自分の思いを感じながら瞑想をする、瞑想ができる。そして、日々を過ごしていく。幸せな人生です。
☆愛へ帰る喜び、愛を思う喜び、しっかりとあなたの心に響いていますか。母の温もりはどうでしょうか。
☆250年後の出会いを簡単に思わないでください。今世、学びに触れた人達みんなと出会えればと思いますが、それはどうでしょうか。あなた、死後のあなたに聞いてみてください。そして、本当に自分に優しく、自分を大切にしてください。

ともに次元を超えていこう

愛はこっちだよと、いつも、いつもあなたの心の中で伝えている私(田池留吉)と出会ってください。出会えば変わります。必ず変わります。私(田池留吉)は愛。そして、私(田池留吉)はあなただから。

優しく母に抱かれてゆったりと幸せだった、すべてを託していたあなたは現存します。あなたは本当は優しいんです。本当の優しさも温もりも喜びも、みんなあなたの中にあります。ただ、外に求めたときから、あなたの苦しみは始まりました。

私はあなたの心の中にいます。ずっと、ずっと初めからいます。これからも、ずっと、ずっといます。ともにいます。私に心を向けてください。心を向けて広がっていきますか。ただただ嬉しい、ありがとうの思いが突き上がってきますか。いつも、いつも思えることが喜び、幸せだと分かっていますか。

素直になりましょう。そして、心をどんどん広げていきましょう。肉の心は狭いです。しかし、私達本来の心、本来の私達は限りなく広い。限りなく広がっていく温もりの中にあります。そこには何もない。だけどあるんです。それがひとつの世界です。

愛へ、心のふるさと、愛へ帰る道をともにともに進んでいこう。果てしなく長かったけれど、そしてこれからも果てしなく続いていくけれど、苦しみから喜びへ変わっていく今だと呼び掛けています。

田池留吉を思うことが嬉しくて嬉しくてたまらない。心の底からアルバートと呼んでいる。アルバートを呼ぶ意識達の思いをはっきりと心に感じる。瞑想の醍醐味です。

私達は最高に幸せだよ。お母さん、ありがとう。田池留吉と出会わせてくれてありがとう。気の遠くなるような時間ずっと、あなたに背を向けてきても、あなたは愛だと伝え続けてくれていました。あなたの思いをしっかりと受け止めました。もう二度とその波動を忘れることはありません。私達は、あなたの中に帰っていくだけです。

宇宙に向けて瞑想をすれば、ただただ異語とともに喜びが湧き起こります。ああ、待ってくれていたんだと。宇宙の友がたくさん、たくさんいます。ともに帰ろうと伝え合いましょう。そのためにこうして、今、肉を持っています。宇宙の波動を感じて、感じて、喜びと温もりの世界を共有していきましょう。

愛のエネルギーが深まれば深まるほど、明と暗が、はっきりくっきりします。これから益々はっきりくっきりしてきます。喜びは喜びをいざない、苦しみは苦しみの中に落ちていきます。どちらも自作自演です。それが意識の世界。限りなく広くて優しくて温かい世界です。そしてそれは本物だから厳しいのです。

宇宙は愛。愛のエネルギー。愛のエネルギーは私達。私達は愛。私達は宇宙。ひとつです。あなたの中で真実への扉を開いてください。

瞑想は喜びです。間違いなく喜びです。喜びでしかありません。温もりです。愛です。喜び、温もり、愛の波動をどんどん吸収してください。吸収して、そして、あなたの中で、喜び、温もり、愛の波動をどんどん循環させてください。淀みをそのままにしないでください。

生まれてきた意味を本当に心から知ってください。あなたの人生とはいったい何でしょうか。消えて無くなるものばかりを拾い上げている人生ではないでしょうか。

本当の優しさを知っていきましょう。本当の温もり、本当の喜びに出会ってください。それは私達の中にあります。それは私達なんです。愛の水道水の種水を思ってごらん。あなたの中の田池留吉は、そう語ってきませんか。

愛の種水は、あなたの外にありますか。それともあなたの中にありますか。

肉を持った意識達はみんな、真っ暗闇からの脱出を希っています。しかし、どうすればいいのかその手立てが分からずじまいです。今日も一人、そんな意識の世界を抱え持った方の思いを聞かせていただきました。今世、学びに触れたあなた、あなたの現実はどうでしょうか。

思うことがすべてでした。思えることがすべてでした。真実の波動はあなたの心の中に届いています。出会っていきましょう。どんどん出会っていきましょう。生まれてきて本当によかったと実感。そんなあなたを次の転生に繋いでください。

どうぞ、ともに歩みを進めませんか。愛の波動の中に存在していた私達だったと、心から、心から知っていきましょう。

ただ一点、田池留吉を思う。肉のある限り自分に徹底してください。それでも、肉を離せば大変難しいです。死後の自分をしっかりと感じてみてください。

千載一遇の出会い。そして千載一遇のチャンス。心に響き渡ってくる喜びの雄叫びを、あなたの心で感じられるあなたに蘇ってください。

「帰っておいで母なる宇宙へ。」「はい、帰ります。みんなといっしょに。」真っ直ぐに言えるあなたは幸せなはずです。

種水のレベルが確実に上がり、それを持続する方法は、自己供養を進めることです。では、自己供養を進めるには何が必要でしょうか。

ワン、ワン。ニャー、ニャー。彼らはこれで通じるのです。喜びと通じているのです。教えてくれています。愛の波動を。ありがとう。

愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。ごくごく飲もう。汗をしっかりとかき、また、愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。喜んでごくごく飲もう。そして、正しい瞑想を。

そうです。意識の流れはすこぶる順調です。次元移行へ向けて宇宙が始動した今世でした。今というこの時に、肉という形を持ってきたことに、ただただ感謝です。千載一遇の出会いを心から味わっていきましょう。

あなたの心にノックしています。どうぞ、しっかりと心を向けてください。愛に目覚めよの促しを喜んで受けてください。現象はみんな喜びです。喜びの波動をあなたに伝えてくれるのです。あなたがあなたに伝えてくれるのです。それはあなたが愛だからです。

田池留吉、ああ、私達は、この波動をずっと、ずっと、ずっと、ずっと前から知っていました。あなたの中はそう伝えてきませんか。

体力、気力がまだある間に、どんどん喜びと出会おう。そして、自分に、ごめんなさい、ありがとうと心から言える自分に生まれ変わりましょう。心は無限大に広がっていきます。

かけがえのない大切な時間です。素直に真っ直ぐに自分を愛していこう。そして、お母さんに伝えてください。信じて待っていてくれてありがとう、私は必ず帰りますと。

あなたは、心一つで存在している喜びと出会えていますか。周りはみんな影です。影をいつまで握っているのでしょうか。どうぞ、今、死後の自分と出会ってみてください。そして、本当の喜びと幸せは何か知っていきましょう。

肉体細胞の思いをいつも感じながら瞑想を継続してください。肉体細胞は最後の最後まで喜びでつきあってくれます。本当の仕事をしっかりとしていきなさいと伝えてくれています。

本当の自分に気付かなければ、生きても地獄。死んでも地獄。これ本当のことです。そして、私達人間は本当はみんなそのことを知っています。

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。真っ直ぐにこの道を。その思いに応えていくだけです。ともにある喜びを伝えてくれました。伝え続けてくれています。

どうぞ、UTAの輪の中心、愛へ心をしっかりと向けていきましょう。向けていける喜びと幸せを共有しませんか。♪ともに、ともに帰ろう・・・。 ♪愛へ帰る喜び、愛を思う喜び・・・。

いつもいつもどんなときも、私、田池留吉を思っていてください。そして、私、田池留吉の世界を本当に知ってください。喜びがあなたです。本当のあなたへ帰っていきましょう。

田池留吉を思う瞑想、喜んでなさっていますか。田池留吉はあなた方の心のふるさと、愛です。心で分かっていますか。

愛へ帰る道は険しいけれど喜びの道です。さあ、みんな、私、田池留吉のもとに帰ってきてください。待っています。

愛へ帰ろう、宇宙へ帰ろう、母なる宇宙へ。母なる宇宙は私達のたったひとつのふるさとです。

サウンド 1.wav へのリンク

サウンド 1.mp3 へのリンク

ありがとう.mp3 へのリンク

意識の流れ
       
-田池留吉の磁場を思い瞑想をしよう-田池留吉からのメッセージ

1) 私は田池留吉です。どうぞ、残された肉の時間、それぞれに精一杯、喜んでご自分の心を見ていってください。私も自分の心を見ています。今という時、大切な、大切な時間です。私が何を伝えに来たのか、どうぞ、それぞれ、ご自分の心に問いかけてみてください。真実はあなたの中にあります。決して外にありません。あなたの中に愛が溢れています。温もりが溢れています。私はいつも、いつもともに行こうと呼び掛けています。
「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」このメッセージをしっかりと受け止めてください。UTAの輪は波動です。その波動の中で、しっかりと学びを進めていってください。

2) いよいよ、私の肉の時間も残り少なくなりました。しかし、私は死ぬまで元気に自分の仕事を全うしていきます。ほぼ私がなすべき仕事は終えて、最後の詰めの段階を迎えています。他力の世界を心から離せない人達、もういいんです。と言いましても、私が切り捨てる、置き去りにするということではありません。他力のエネルギーから自分を解き放すことができない冷酷で己偉い自分が、自分を切り捨て、見捨てていくということを知ってください。ここにきて、もう無駄な時間、無駄なエネルギーは使いたくありません。この道を真っ直ぐに突き進んでいくことだけを考えています。

3) 皆さん、私が、今病室にて綴ったものに、目を通してみてください。私は田池留吉です。私は波動です。愛のエネルギーです。私はあなたです。あなたの中で、いつもこのように語っています。しっかりと私の波動と通じ合えるようになってください。私を無視して、私とは全く違う波動、エネルギーを流していることに、ご自分の心で気付いてください。一日も早く気付いてください。そして、素直に自らの過ちを認められるようなあなたに生まれ変わってください。私に認めろと詰め寄らなくても、あなたから愛のエネルギーが流れ出してくれば、私はあなたを認めていきます。どうぞ、日々しっかりと心を見てください。自分の中の愛のエネルギーに目覚めていってください。

4) 肉は愚かです。愚かな肉は争いを好みます。自分の主張を掲げて、どこまでも己というものを掲げていくのです。それが自分を操っているブラックのエネルギーであることに、なかなか、なかなか気付けません。そんな状態の中では、決して種水のレベル、非常に硬いという段階まで到達しません。
どうぞ、田池留吉の波動の世界、母なる宇宙の波動を、ご自分の心で本当に感じられるようになってください。当然、そうなってくれば、種水のレベルは非常に硬いです。瞬間的な作業、思うだけでいいということになってくるでしょう。もちろん、瞑想をすれば波動はどんどん伝わり響いてきて、ただただ幸せを感じるのです。

5) 私に残された肉の時間、有効に使っていこうと思っています。私は次元移行を伝えにやってきました。意識の流れというものを伝えさせていただきました。意識の転回をしてくださいと。あなたの中の愛のエネルギーに目覚めてくださいと。私達とともに、ともに次元を超えてまいりましょうと。
肉という形を持って、数限りない転生をしてきたあなた方には、とても難しいことだったと思います。しかし、私の仕事は、順調に捗っています。証し人も出ています。
どうぞ、今一度、ご確認を。波動は決して騙せません。誤魔化せません。波動こそがすべてです。

6) 私、田池留吉に心を向けられる喜びを、しっかりとそしてどんどんあなたの心で感じてください。私を呼んでください。しっかりと呼んでください。私はいつも、あなたの中で応えています。私は愛です。あなたも愛です。私達はひとつです。すべては愛でした。すべては喜びでした。それをすっかりと忘れ去ったから、肉を持った人間達の苦悩は深まるばかりでした。どんなにしても、幸せになれるはずはありませんでした。これから益々、世の中は混沌としていきます。しかし、私のほうに心を向けていれば、そして、私と合っていれば、あなたは何も憂うることはありません。あなたの心に広がっていく愛の世界をどんどん感じていってください。

7) 宇宙の法、田池留吉の世界の法の厳しさと優しさを心で分かってください。どんどん自分自身を愛へ愛へと進めてください。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達はひとつです。ともに行こうという呼び掛けに心から、心から素直に喜んで応えていってください。宇宙の友が待っています。どうぞ、あなたの心で感じられるようになってください。

8) 私、田池留吉の波動を、どうぞ、あなたの心で感じてみてください。私、田池留吉の波動を、遮っているのはあなた自身です。それは、あなたがまだまだ他力のエネルギーにがんじがらめの状態だからです。それをしっかりと、あなたが肉を持っている間に確認してください。私は、死後の自分を語れと申しました。死後の自分、つまり自分の今をしっかりと把握することが、とても大切なことです。殆どの方と言っていいほど、死んでから学ぶことは難しいです。心の針を向ける、田池留吉、お母さんを呼べる状態かどうか、今、しっかりと見極めて、自分をどうか大切になさってください。

9) 私は、今の環境の中で、自分を嬉しく見つめています。これまでのこと、これからのこと、私には、喜びで、喜びで自分の中に浮かんできます。
これまでたくさんの人達のお世話をいただいてきました。苦しくて暗いどん詰まりの時もありましたが、それもすべて私の中で喜びとして受け容れています。それは、私は私の仕事をするために、生まれてきたことを、知っているからです。喜びで私は仕事をしてまいりました。これからも、喜びで仕事をしてまいります。
すべての意識達に、ともに歩みを進めていこうと呼び掛け続けます。
私に心を向けてくださいと伝えさせていただいています。そうです。私に心を向けることがすべてです。あなたの心の針を私に向けて合わせていけばいくほどに、それがどんなに喜びであるのか、そして、それがあなたが本当に切望してきたことだったと、あなたの心で分かるのです。いいでしょうか。あなたの心で分かる、ここがとても大切なことです。あなたの頭では決して推し量れないのが、私がお伝えしている波動の世界です。波動、エネルギーはあなたの目には見えません。しかし、真実の波動、愛のエネルギーは、現存します。それは、あなたの心で感じる以外にないのです。
あなたは今、その肉体を持って存在しています。目に見えて、耳に聞こえて触れることができる世界だけがすべてだと生きてきた人達にとって、その肉体を離す、つまり、自分の死を考えることはやはり恐怖でしょう。しかし、生まれてきた人は、いずれ遅かれ早かれ、死を迎えます。突然死か、長患いか、それは人それぞれでしょうが、死を迎えることに違いはありません。死んでどうなるのか、殆どと言っていいほどみんなその部分が明らかではありません。しかし、みんな本当は死んでどうなるのか知っているのです。何度も死んだ体験がありますから。なのに、明らかでないというのは、その死んだ世界が、言葉では言えないものだからです。表現するとするならば、暗くて冷たくて寂しくて重い中に凝り固まってしまうということなんです。それがどういうふうなのか、その肉体を持っている間には、綺麗さっぱり忘れ去ってしまいます。考えたくもない、触れたくもない部分ということでしょう。
そんな死の体験を、今こそ、肉体を持っている今こそ、本当に活かしていただきたいと思っています。もう二度と、あの苦しいところで固まったままの状態はごめんだと、ではそうならないためには、どうすればいいのか、私は、それを学んでくださいと申し上げています。
肉体を持っている今という時間に、どうぞ、自分をしっかりと見つめていってください。心の世界、思いの世界に住んでいることをしっかりと認識してください。
心を見てくださいということがどれほどの優しさ、愛、温もりであるのか、あなたの心で感じてください。
私は、あなたの心の中にいつも、いつもいます。どうぞ、私に心の針を向けて、合わせていくことだけが、本当に自分を救うことだと、一人でも多くの方に心から知っていただきたいと思います。私の波動を心で感じて、そしてその感じたものをストレートに流してくださることをお伝えしております。
日々、正しい瞑想を心掛けて、いつも私とともにある喜びの世界を感じて、感じて、あなたはあなたの予定通りのコースを歩んでください。
それが私達の約束でした。心から、心からありがとうの思いで、あなたに、今お伝えしています。

10) 私は田池留吉の意識です。この肉体細胞とともにあることを喜んでいます。私のこれからをしっかりと見つめています。この意識の流れの中にある私の仕事、私がこの肉体を持ってこの世に出てきたことを振り返り、私は本当に嬉しく思っています。
 出会いがありました。大変難しいことを伝えたと思いますが、心で分かる人との出会いがありました。意識の世界をしっかりと見つめていこうとする思い、その思いは、とてもとても大きなエネルギーです。
 苦しい転生を繰り返してきた意識達に、私は、今こそ自分の心を見つめてくださいと、しっかりとはっきりと道しるべを示してきました。この道しるべの指す方向に、心を向けることがすべてです。
 あなた方の中に作ってきたブラックのエネルギー、他力の世界をどんどん崩していきなさい。崩して、崩して、間違ってきた自分を受け容れていけばいくほどに、喜びも温もりも優しさも、愛の世界が大きく、大きく自分の心に伝わってくる体験をしてくださいと伝えてきました。
私の指し示す方向に心を向けることがすべてです。肉を持つ意識達の難しさを、これまでたくさん感じてきましたが、私は私の仕事をやり遂げます。この世に出てきた田池留吉の肉体の最後の仕事です。
 苦しい転生はもういいんです。あなた方は愛です、優しさ、温もりですと、私は伝え続けます。私の中へ帰ってきなさい。心の世界をどんどん広げていきなさい。どうぞ、どうぞ、この喜びの波動を心に受け止められるようになってください。私からのメッセージを波動として伝えます。
 苦しい転生もすべては良かったんです。そのように私は伝え続けます。何も何もマイナスはありませんでした。すべてはプラス、プラス、喜びの世界です。心を見つめていくことがすべて。心を見ることが喜びです。
私はあなた、あなたは私、ひとつという世界を、心の中にどんどん広げていきましょう。私のように、私のように。そう、同じです。私はあなた、あなたは私、私達はひとつ。心の中から伝え続けます。波動の世界を伝え続けていきます。私の波動を受けていけるようになっていってください。すべての意識達にそのようにお伝えしています。

11) 私達は肉ではありません。私達はエネルギーとして存在しています。目に見えません。しかし、私達の心はいつも、いつも叫んでいます。愛に目覚めよと。愛に目覚めよという思いの中で、「私達はどれだけこの思いと出会いたかったか。」あなたの心に届いているでしょうか。
私はあなたに伝えています。心から、心から私を呼んでくださいと。
本当に心から呼んでいけば、私はあなたの中にすうっと、すうっと入っていくんです。あなたが他力のエネルギーを心に秘めたままでは、私はストレートにお伝えすることができません。心の中に歪曲して伝わってくる波動では、宇宙を変えることはできないと伝えています。
己の偉い心を見つめてくださいとも伝えてきました。甘過ぎるとも伝えてきました。どうぞ、メッセージをしっかりと心で受け止めてください。
心の中の田池留吉、アルバート。あなたの中の本当のあなた。その波動をしっかりとしっかりと心で見分けていけるようなあなたになってください。
愛を信じる方向に進んでいくあなたを私達は待っています。心の中からあなたに伝え続けます。どんなに、どんなに、事が起ころうが、あなたの中は愛。あなたは愛。変わらず愛。愛しかない。この世には愛しかない。私達はそのことをお伝えします。

12) 何よりも、何よりも、私を思うことを大切にしてください。田池留吉を思い、愛を思い、母の温もりを思い、次元移行を思い、瞑想をする時間を大切にしてください。
あなたにとって、私を思うことがすべてです。私はあなたの中でいつもそのように応えています。あなたにメッセージを送ります。波動を伝えています。田池留吉の世界を心にどんどん広げていくことがあなたの喜び。
ベッドに横たわっている姿は私の仮の姿です。私の本当の姿ではありません。私は意識、波動、エネルギー。愛のエネルギーです。心の中にそのように伝えています。私のほうに心を向けることがあなたの喜び。そのよう伝えています。私達はいつもいっしょ。ともに歩める喜びを心に感じ広げていけることがあなたの喜びです。私を呼びなさい。私に心を向けなさい。あなたの中はすべて、すべて真実の世界へといざなわれていることを知っています。真実はあなたの心の中にあります。愛はあなたの心の中にあります。あなたの口を通して私はそのように、繰り返し、繰り返し伝え続けるでしょう。それが真実だからです。
この日本の国で、ともに肉を持ち学ばせていただいたこと、私は本当に喜んでいます。たくさんの苦しみ、悲しみ、悔しさ、怒り、やるせない思い、空しさ、たくさんの思いを抱えてきた意識達とともに私は、愛へ進んでいこう、愛あるあなたに目覚めていこう、温もりの世界へ一歩踏み出していこうと伝え続けました。これからも伝え続けます。
「あなたの本当の姿は、愛です。愛を、愛を信じていってください。あなたの本当の姿は愛です。愛あるあなたを信じていってください。」
私に思いを向けたとき、どなたの心の中にも、私はこのメッセージを伝え続けます。私に思いを向けられるかどうかの違いだけです。私に思いを向け、私に心の針を合わせていけばいくほど、愛のエネルギーがあなたの中へ感じられます。愛のエネルギーは、すべての意識達に中にあります。
「愛を、愛を、愛を求めてきたあなた達でした。そして今、愛に目覚めていく今なんです。これから250年という時間の中で、厳しい転生が待っていますが、どうぞ、この優しさ温もりを心に呼び起こせるあなたとなってください。」
私はあなたの中からいつも、そのようなメッセージを送っています。形を本物とする思い、形にこそ真実があるとする思い、すべてすべてブラック。この世に真実を説いた者はおりませんでした。真実に目覚めた者はおりませんでした。田池留吉の肉が、この世に誕生して初めて真実に触れたのです。その事実をしっかりと感じていきなさい。そして、心に感じた波動、エネルギーをあなたの中で、さらにさらに深め、広げていくのです。宇宙はあなたとともにあります。宇宙の目覚めを誰よりも、誰よりも待っているのはあなた自身です。
苦しい転生。その中でようやく明かりが灯り始めた今世の出来事をしっかりと喜んで、喜んで心で受けてください。
たくさんの意識達を心に受けています。優しさ、温もりに飢えた、愛に飢えた闇黒の世界です。しかし、心の中の愛がその闇黒の世界を変えていけるんです。愛はパワーです。喜びはパワーです。私、田池留吉、アルバートのほうに心を向けてください。

13) 田池留吉の世界をあなたの心がどんどん感じていく喜び、それが私の喜び。私の喜びはあなたの喜び。あなたの喜びは私の喜び。ともに喜びを通じ合える、喜んでいけることを喜んでまいりましょう。
私の肉にありがとうと私は伝えています。田池留吉の意識の世界から、私は私の肉体細胞の思いにありがとうと伝えています。肉体細胞は愛でした。私の肉は愚かでした。しかし、私の世界を私は知っています。肉体細胞の喜びとともに私は私の世界へ帰ります。
私の世界から、これからもあなたを通して、メッセージを送ります。波動を流し続けます。あなたのするべきことは、私にただひたすら心を向けていくだけです。田池留吉に心の針を合わせ、私の中へどんどん突き進んでください。
私は田池留吉の意識。心からありがとう。出会いをありがとう。私の心の中へどんどん突き進んでください。田池留吉からのメッセージ、田池留吉の世界からのメッセージ、どんどん送り続けます。
私は250年後を見つめながら意識の世界からエネルギーを流し続けます。肉の次元の中で私を見ていた方達は、到底この学びについていけないでしょう。肉は肉の群れの中で、さらに奥底へ落ちてまいります。
明暗がはっきりくっきりしていくのです。どうぞ、それもすべて自己選択、自己責任です。心の針の向け先をしっかりとなさってください。
私は田池留吉。心の中の喜び、温もり、愛の世界。あなたの中にあることを伝え続けます。

14) すべてよし。すべてプラス。すべて愛。肉がどんな状態であっても私は伝えます。すべてが喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。私は伝え続けます。愛へ帰ることがすべてでした。
愛しかない世界があったんです。肉、形を本物とする思い、その闇の中から、どうぞ、どうぞ、一人でも多くの方、抜け出してください。
あなたの心の世界、意識の世界に灯りを灯してください。本当の優しさ、本当の温もり、愛ある自分に目覚めてください。私はこのように、絶えず伝え続けます。
すべては喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。この世には何もない。愛、愛、愛があるだけ。
私達のすべてが愛。愛があるから私達は存在している。この事実をしっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

15) 愛を思う瞑想を続けましょう。田池留吉をただひたすら思える瞑想を続けましょう。私、田池留吉の世界を心に広げていけばいくほどに、あなたの存在も、またあなた自身心で分かってきます。素晴らしい、素晴らしい存在でした。
私達は愛の中でひとつなのだということを、あなたの心で一日も早く、少しでも多くの人が自分に目覚めていただきたい。私はその思いでいっぱいです。私、田池留吉の世界はただただ愛を伝えます。もちろん、250年後、アルバートとして私はこの日本で伝えた通りに、いいえ、それ以上に私は愛を伝える存在です。私は250年後、アルバートとしての肉を持ちます。「心の中の愛をしっかりと広げていきましょう。」そのように、私は全宇宙に呼び掛けてまいります。
心で分かり、心で感じ、心で共鳴し、心で共有していく仲間達が集ってきます。ともに歩みを進めていく仲間です。私はとても幸せです。この日本の国に肉を持ち、学びをしてきたこと、そして素晴らしい仲間と出会えたこと、私の思いは本当に喜び一色です。ともに歩めることを、あなたもそして、あなたもどうぞ、心から心から喜んでいってください。
「私達の中にあるのは愛。心のふるさと、愛へ帰りましょう。」あなたの中に絶えず、絶えず、メッセージを送り続けています。
私は、波動です。愛を流す波動です。波動の中に喜びを、温もりを、広がりを、幸せを、本当にひとつになって、心から心から田池留吉、アルバート、愛ある世界を思ってみてください。
これから、UTAの輪を通して、私はさらに愛を伝えてまいります。心の中の愛に目覚めていけるように、あなたもしっかりとUTAの輪の中で心を向けていくことをなさっていってください。私達の行く先はひとつ。愛の世界です。行く先と言ってもそれはあなたの外にあるのではありません。あなたの中から、私が伝えていることを、どうぞ、心でしっかりと感じていってください。

16) どうぞ、私を思う瞑想を楽しんでください。いつも、私と出会っている喜びと幸せを、心から心から味わってください。そうすればいいだけ。おわかりでしょうか。

17) 肉が自分だとする思いがどれだけちっぽけな思いなのか、どれだけちっぽけな世界なのか、それぞれの心の中にしっかりと感じていくことが待たれています。私達の本当の姿は波動、エネルギーなんです。私達は宇宙なんです。ともに、ともに帰っていくあの素晴らしい世界、それが私達の本当の姿です。愛は私達。私達の中に愛があったことを、私は肉を通して伝えました。今世、肉を通して伝えました。私の肉はないけれど、たくさんのたくさんの意識達に伝え続けていきます。これからも、どんどん伝え続けていきます。宇宙がどんどん、どんどん変わっていきます。私達の思いを、すべてすべて宇宙は知っています。心の中にしっかりと宇宙を呼びなさい。母なる宇宙、その優しさ、温もり、広がり、とてもとても頭では決して理解できない世界、波動の世界をそれぞれの心に感じていきなさい。心の中に私を呼び、私とともに歩んでいく喜びと幸せをどんどん心に感じていってください。私はあなたの中に、いつもそのように伝えています。心の中の田池留吉、アルバート。そして愛のエネルギー。あなたです。本当のあなたです。あなたがあなたに伝えていることを、どうぞ、それぞれの心の中で知ってください。私を素直に呼んでいけるかどうか、それはそれぞれに、係っています。たくさんの間違いを積み重ねてきた人類の心の中で、ようやく巡り合ったこの真実の波動の世界を今世、少しでも多くの人に、一人でも多くの方に伝えていきたいということで、私は三次元に肉体を持ってきました。そして、今は肉体がない中で、私は田池留吉の世界から伝えています。心の中に私を呼びなさい。田池留吉にしっかりと心の針を向け合わせて、あなたの中に広がっていく喜びの波動をしっかりと、しっかりと感じて、そして、今世を終えていくのです。あなた方の中にはたくさんのエネルギーが詰まっています。他力のエネルギーです。他力のエネルギー。肉を自分だとするちっぽけな世界、真っ黒にくすんで、淀んできた世界です。あなた方は自分を自分で見捨ててしまったのです。冷たい自分になり下がってしまったことを、しっかりと心で感じて、しかし、そこから必ず蘇ってください。優しい中にあった、温もりの中にあった、肉では決して到達できないこの世界の優しさ、本当の温もりをどうぞ、どうぞ、あなたの心で感じていってください。
私は田池留吉。中にある田池留吉。あなたの中にある田池留吉。今、ああ、私はこの思いを伝えます。

18) 愛が私達でした。
前を向いて愛に向かって、一歩、一歩前進しましょう。私達の中には喜び、温もりがたくさんたくさんあります。溢れるほどに、尽きることなく温もりと喜びのエネルギーを抱えてきた私達です。そのエネルギーをしっかりと感じていけるこれからなんです。しっかりと、心を田池留吉、アルバートに向けて存在していってください。肉は愚かです。肉を通して感じるエネルギー、そのエネルギーをこの愛のエネルギーの中に解き放していってください。そのエネルギーの中に埋没するのではなく、愛のエネルギーの中に解き放していくのです。ともに帰ろう、愛へ帰ろう。すべてはひとつ。愛の中にひとつということを、あなたの心を通して伝えていくのです。宇宙が待っていることを伝えなさい。愛は私達でした。愛を求めてきた私達。その愛を求めてきた私達の心が、あなたの心にもあります。
次元を超えていくのはすべての意識達です。この三次元にやってきた意識達だけではございません。すべての意識達が挙って、次元を超えていける今という時を共有している喜びを伝えていきましょう。
私、田池留吉に心の針を向けて合わせていけばいくほどに、あなたの心に響いてくる波動の世界があります。波動を感じて、波動を伝えて、あなたがさらなる一歩を進められることを、私達は待ち望んでいます。ありがとうございます。ありがとうございます。


ひとつ、ともにともに
          田池留吉(病室にて)

  
1) 田池留吉、アルバートのメッセージを受けている方、本当に田池留吉、アルバートからのメッセージか、厳しい検証をしてください。種水のレベルが9以上(すごく硬い)でなければ、受信できませんとお伝えしておきます。

2) 喜び、優しさ、温もり等々の波動を感じられるのは、種水のレベルが9及び8(すごく硬い)の人達だけです。常に心を内に向けて検証してください。
6(硬い)以下の人達は難しいと思います。水道水をいわゆる愛の水道水に変えられるのは、4、5、6の段階の人達でもできると思いますが、レベルの高い6のを作られて活用するように。レベルの高い愛の水素水は、レベル7以上の水道水を使って。なお、8以上のレベルの種水のミニボトルを使って作り、飲用するように。
少々、厳しくはっきりと伝えておきます。みなさん、甘い、甘い。レベルアップに努めてください。

3) 種水のミニボトルのレベルの一応の認定については、栗生啓子さんと久保明子さんに頼んでおきます。セミナー会場かクボハウスで認定を受けてください。11月以降のレベルアップの参加者は、9、8、7の方々とします。

4) みなさん方にお聞きします。田池留吉、アルバートをどの程度知っておられますか。殆どの方はあまり知らないで学びを進めていこうとしていませんか。それでは、前へ進むのは、なかなか難しいと思います。正しい瞑想の1をしっかりとやってください。

5) 種水のミニボトルの認定方法
  ①持参のミニボトルをオーリングする
  ②それをコップに入れた水道水に転写。その水を飲んでみる。
  ③6以下の方は、まず、田池留吉を思い、続いて、ミニボトルに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」と。続いて、そのミニボトルをオーリングする。
その結果を現在の認定値とする。

6) 心はいつも外へ向くようになってしまっています。地獄から出て地獄へ帰っていく転生を繰り返してきたからです。
何故でしょう。あなたの心、思いは、いつも、神、仏、金、権力に向いていませんか。あなたが信じた教祖はどうでしょうか。このようなことではダメです。いつまで続けるのでしょうか。今世も失敗、地獄ですか。心の向け先はたった一つです。それ以外は間違いです。私は愛、あなたも愛、ひとつですよ。

7) コロコロ変わる喜びとか優しさは本物ではありません。肉が基盤になっているからです。喜びを外に求めているからです。心の外の世界は偽。内の世界が真。
外のことは程々でいいのです。信じて素直に意識の転回を進めていきましょう。

8) 口は出すが金や物は出さない人。金や物は出すが、口をしきりに出してくる人。トラブルメーカーになっていませんか。
金や物や形はやがて無くなるもの。程々に。意識があって、金や物や形です。意識が現象化します。現象にとらわれていては、真実は見えてきません。
しかし、現象を拒否したり、無視しては、何も見えてきません。すべてを受け容れ、使っている思い、使ってきた思いを見るように。心の針がどこを向いていたか確認するようにしましょう。

9) 「ごめん、ありがとう」の思いは、相手を受け容れる心に通じていきます。明るい心、喜びの心、優しい心、温もりのある心に通じていきます。すべては愛。愛でないものは、ひとつとしてありません。肉体細胞に向けて実践、確認してみてください。

10) 田池留吉を思うことから一日が始まるように心掛けましょう。このことは頭脳で分かりません。心でしか分かりません。とにかく、実践の連続。確認できるように努めましょう。

11) できないこと、できていないことを、あたかもできているように言う人々に要注意。ないものをあるように言う人もです。例えば、神、仏を。

12) ベッタよし。トップよし。ベッタばっかり、トップばっかりの人を見かけたことありますか。
私はトップの経験、ベッタの経験、両方あります。今、よかったと思っています。人生、しんどくありません。優越感も劣等感も段々となくなってきました。
選民意識、特別意識を持っている人、決して賢くありません。しんどいと思います。神様、仏様の好きな人も同じです。幸せが分かりません。
しんどい、しんどい人生、もう止めにしませんか。誇り、喜び、嘘でしょう。

13) あなた、善人ですか。悪人ですか。誰がそのように言っているのですか。あなたは、現在紛れもなく悪魔です。鬼です。いわゆる愛が欠乏しているのです。心の中に愛が溢れているのに、どうしてですか。その訳に一刻も早く気付いてください。それを治せるのはあなただけです。一番大事なことを忘れていませんか。愛が流れ行かないように、堰き止めているのですよ、あなたは。あなたは愛。すべてが愛。ひとつです。

14) 田池留吉の意識の世界の法は大変厳しいです。そして、大変優しいです。この世界こそ、安心、平和、喜びの世界です。
厳しいのは嫌ですか。受け容れていってください。受け容れていけば、厳しさは優しさに変わっていきます。

15) 決して他人を殺してはいけません。自分自身を殺してもいけません。大人達は、子供達に語り継ぎ、教え続けてほしいと思っています。なぜ、肉体生命を今世いただけたのか、みなさん方は、明々白々ですね。でも現実はどうでしょうか。平和、戦争反対、みんな仲良くと言いながら、相も変わらず、人と人は争い続けています。それが現状です。どうしてでしょうか。もう大変難しくなってしまっているでしょうが、みなさん方だけでも、正しいプラス情報、そして波動、愛のエネルギーを流し続けていきませんか。老いも若きも、ともにともに、学びをどんどん進めていってください。仕事、私と同じ仕事を成し遂げていきましょう。
天変地異と死を正しく受け止めてまいりましょう。不安と恐怖はダメ。受け容れていきましょう。

16) 今日もほたる(犬)の目を見ています。小鳥のさえずりを聞いています。花が微笑んでいます。そして、父と母、学校の先生、友人と隣人を偲んでいます。「ごめん、ありがとう」と。
特に、父と母、H先生、T先生、H先生、M校長先生を毎日のように思っています。受けた情とか恩を大事にしています。楽しいです。ありがたいです。私は、これからも、ともに、ともに仕事をしっかりと遂行していきます。みなさん方もどうぞ。少々、肉の臭いがしますが、ごめん。

17) 肉に閉じこもっている人々、意識の世界へ一刻も早く、どうぞ。人を見下している人、自分は清く正しく美しいと思っている人、自分を偉いと思い上がっている人、未だに神、仏、金、権力と思っている人、どうしようもありません。田池留吉の世界、母なる宇宙にあなたの思いを向けてください。答えは簡単にあなたの心から届けられます。人を馬鹿にするな。喧嘩するな。泣くな。悲しむな。何も怖いことも、淋しいこともない。幻想。錯覚。生きる基盤、間違っていませんか。

18) 独りぼっちの老人を、みんなで大切にしましょう。ビジネスはダメ。ともに愛のエネルギーの中で生きていきましょう。
愛の水道水、愛の水素水を飲んで、正しい瞑想を続けながら、健康寿命を少しでも伸ばし、死ぬまで元気で自分の仕事を成し遂げられるよう、ともに生きていきましょう。

19) 命を懸けて、私、田池留吉(意識)にあなたの思いを向けてみませんか。私、田池留吉(肉)は何も求めません。命懸けで仕事をしてきました。肉は愚かですけれど。
甘い思い、他力の思いでは、何も前へ進めません。田池留吉の思いに素直になろうともしない母親が我が子に、「もっと素直になりなさい。お母さんの言うことを聞きなさい。」と言っているのをよく耳にします。これでは、子供が素直になれませんよ。こんな人、たくさん、たくさんいます。家庭が崩れ始めます。自分の間違った思いは、金や神では治すことは難しい。ふるさとの替え歌を歌ってみましょう。お母さんの温もり。心の針の向け先。正しい瞑想をもっともっと大切に。

20) ただ今入院、手術治療中。病名、胸部大動脈瘤切迫破裂疑い。腹部大動脈瘤。毎日気持ちよく過ごしています。みなさんにご心配かけてすみません。面会謝絶でお願いします。

21) 人生は喜び、プラス、愛。マイナスは受け容れる。反転、供養などで。マイナスはもともと存在しない。闇も悪魔も鬼も、もともと存在しない。あなたは愛です。私も愛です。ひとつ。信じて、信じて生きていける幸せ、喜び、温もり、優しさを、さらにさらに喜んで生きていきましょう。
癌も引きこもりも離婚もマイナスではありません。あなたがそう思っている間違った思いを流しているだけです。愛のエネルギー、あなた自身を信じて強く生きていきましょう。

22) 心の向け先を正しくして、正しい瞑想を。自己供養。自分が作ってきた闇、悪魔、鬼、肉を基盤とした肉の思いに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」「ともに、ともに、心のふるさと愛に帰ろう。」とあなたの愛を流してください。そのようにすれば、あなたからあなたの愛が、母なる宇宙、愛から流れていくのです。暗闇は喜びに変わっていくのです。マイナスの思いは、プラスの思いに変わっていきます。ああ、本当だ、すべてのものが愛だ、喜びだ、温もりだ、優しいと信じられるようになってきます。正しい瞑想は楽しい。積み重ねていこうとなってきます。あとは、ごめん、ありがとう、喜び、幸せとなってきます。信じて、信じて行じてください。待っています。待ち続けています。さあ、ともに、ともにですよ。

23) 言葉に真実はありません。金は大事なもの、肉体生命を保つために。ただそれだけのものです。物や形に真実はありません。ただ、自分の心の向け先を内に、愛に向けさせるものと心得てください。真実は、心の外にありません。心の中にあります。自己供養は愛です。喜びです。温もり、優しさです。断じて行っていけば、次元移行が現実のものとなってくるでしょう。決して単なる夢ではありません。このことに気付き、なしていくために、あなたは、お母さんの温もりに産んでもらったのです。

24) 種水のレベルアップ(硬い以上)。そして、転写、転写で楽しい毎日をどうぞ。そして、反転もどんどんやっていきましょう。

25) もうひとつ。愛のリングのレベルアップも。種水と両方を使って、健康で有効な瞑想を楽しんでください。


26)
 私の病名を見て怯みましたか。一瞬、学びから離れようと思いましたか。あなたの心をしっかりと見てください。一番大事なことは何だと思ってきましたか。自己選択、自己責任ですよ。他力の心、他力を離せない自分の心を確認してください。私は愛です。よろしく。

27) あなたは、世の為、人の為に役立つ仕事をするために生まれてきたのですか。それとも、金、名声、夢などの為ですか。では、あなたは、死んだらどうなると思っていますか。世の為、人の為に役立つ仕事って何でしょうか。

28) 人生色々、肉を基盤とすれば、そうでしょうが、意識を基盤、意識の転回が進んでくれば、人生は一つ。愛、喜び、温もりとなってきます。私は愛、あなたも愛、ひとつとなってきます。意識も色々あるように思っている人は、やはり、肉を基盤とした、いわゆる肉の思いが色々あるから、そのように思えるのです。みんなひとつ。愛でないものは存在しません。どうでしょうか。

29) 高学歴、高収入、そして、高級車に乗っておれば、幸せになれると、あなたは思っていますか。あなたが死んでしまえば、高学歴も、高収入も、高級車も無くなるんです。心の外に、いくら幸せを求めても、真の幸せを知ることはあり得ません。では、どうすればいいのでしょうか。もうお分かりですね。心の針の向け先を正しくしていきましょう。

30) 恐怖心や不安感、ありませんか。学びを進めるのに大変よくありません。私は、恐怖心や不安感を溢れて学びを伝える思いは全くありません。しかし、他力の心の強い人はどうでしょうか。そこで、水と瞑想です。正しくしっかりやってください。もちろん、母親の温もりが必要不可欠です。見下げる思い、軽視する思いはありませんか。己偉い心、あるかないか、しっかりと心を見つめてください。特別意識、選民意識も。

31) よいとこどり、自分、肉の自分にとって都合のよいものだけを取り入れる人、色々の教えのよいと思っているものを取り入れて学んでいる人、案外、たくさんいます。では、私が伝えてきたものはどうでしょうか。やっばり、肉が基盤、己が偉い。学びはなかなか進んでいかないのでは。
よいとこどり、色々の教えを集めて作り上げた教えは、如何なものでしょうか。はっきり、しっかりしましょう。

32) 愛の水道水は自然の恵み。愛の水素水は母親の温もり。どんな時もいっしょ。信じて、ともにともに真っ直ぐに、心のふるさとへ帰っていきましょう。信じる者は救われる、神をではないですよ。
とにかく、レベルアップ、レベルアップ。アップ、アップ。フレー、フレー。時と場合、生活環境などによっては、愛の水道水だけでいいですよ。水道水はどこにでもあるから。

33) 死後の世界、いわゆる色はないけれど、真っ暗闇・漆黒か、空(くう)・真っ青・光。あなたはいずれでしょうか。西方浄土とか極楽とか天上界といったものはどうでしょうか。死後の苦しみ、寂しさ、冷たさ、恐怖、不安とかいったものは、誰も何とかしてくれません。自分を救うのは自分。ただ愛だけが。

34) 種水のレベルについて。10を超えるもの。10。9.5。9。8。7。6。5以下。以上が判定値。レベルアップに参加していただく方は、6以上の方だけ。ただし、スタッフや登録してセミナーに参加し始めてから3年以内で、レベルアップが期待できる方は参加いただきます。

35) このたび、私の入院・手術・加療について、過労と警告。喜んで受け容れています。今日の秋の青空のような心境です。ごめん、ありがとう。安心。全託。

36) できるだけ自分のことは自分でするように。私の母の口癖でした。種水のレベルアップは自分達で。判定もレベルアップも。
現時点で6以上あると思う方だけ、栗生啓子さん、久保明子さんに申し出て判定してもらうようにしてください。5以上でない方は申し込まないように。

37) 身寄りのない独りぼっちの後期高齢者、おじいちゃん、おばあちゃんの下の世話をビジネスでなく、無償でお世話させていただこうと思っている人、応募に応えてください。その時はお願いします。

38) 陰険な戦い、いじめ、いじわる。俗に言う根性悪。肉の思いの戦いは止めましょう。身体にも心にも悪いから止めてください。

39) 60歳過ぎ頃から、現実は厳しい環境にあると思いますが、心の針を一点に合わせ、次元移行に向かって、一歩、一歩前進していただきたいと思っています。怒ったり、偉ぶったり、人を見下げたり、不平不満いっぱいで、ぶつぶつの毎日、止めにしていきましょう。病も不仲も自分の心を見るチャンス。心を内に向け、自分が使っている、使ってきた肉の思いをしっかりと見ていきましょう。

40) 種水のレベルアップについて
   1) 9月を迎えて、段階5と6の方が増え始める。
   2) 11月に入ると、段階5と6の方がさらに増え始め、段階7の方も出てくる。
   3) 12月のUTAの輪のセミナーを迎えて、段階5と6と7の方がさらに増え始める。
   4) 後は楽しみ。今年中に、段階8の方が出ればと。

41) 星のお話について
   UTAの輪S
0 塩川香世、自転公転。 S0の周りを自転公転する星群、S1、S2、S3・・・。 S1、S2、S3・・・の周りを自転公転する星群。S0からS1、S2、S3・・・と調和のとれた星群が、ここ20年以内に出来たらと夢。期待しています。肉のお話ですが。肉と意識は表裏一体と心得ています。更なる進化を夢見ている今日この頃です。

42) 8月28日、再入院しました。種水のミニボトルの判定作業が8月29日から始まります。申込み条件(種水のレベルが5以上)がありますが、自分の力で5以上になるようになって、どしどし申込んでください。念のために、5以上でない方は、何もこの学びは分かっていないことになります。

43) 真実、この道を貫け。愛はあなたの心の中に今もある。「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」を信じて、信じて一歩前進を。

44) 種水のレベルの判定について
   レベルアップに回数を積んでください。レベルの判定は、栗生啓子さん、久保明子さんに任せてください。奥さんとしたらどうであったとか、学びをしていないが関心のある友達としたら硬かったとか言っている人がありますが、あまり参考にならない場合がありますから、要注意。

45) 反転力を高めるように努めてください。自分の心の針がどの程度田池留吉に向いているか、田池留吉の世界が分かっているか、自分が愛だとどの程度信じているか、参考になると思います。どうぞ、アップ、アップと高めていってください。「私は愛です。」と思ってやり続けてください。

46) ゆっくりしいやと言いたいところですが、千載一遇のチャンス。チャンスをものにしてほしいと思っています。種水のレベルが上がってくると、現象のとらえ方が変わってきます。受け容れられるようになってきます。ものの見方、考え方、感じ方が変わってくるということが分かってきます。

47) あなたの心の針はどこに向いているか。田池留吉ですか。愛ですか。それとも・・・。良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が出てくると思っている人が多いですが、さて、良いこととは何だと思っていますか。そして、悪いこととは。
このことは少し違っています。あなたが使っている思いが正しいかどうかです。では、使っている思いが正しいとはどういうことでしょうか。結局は波動ですね。波動はあなたの心の状態をはっきりと表示していきます。

48) この学びについて振り返ってみましょう。
   1)動機は。誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。今もまだ他力でやっていませんか。
   2)田池留吉をどう思っていますか。教祖、先生、それとも・・・。
   3)あなたは愛ですと伝えていますが、信じていますか。では、愛をどのように理解していますか。愛の存在をどのように確認していますか。

49) 愛の水道水、愛の水素水を毎日飲んでいますか。各水に対して、どのような思いで飲んでいますか。

50) 種水を常に身につけていますか。種水のレベル判定は如何ですか。レベルアップに努めていますか。現在は6以上ですか。

51) 種水のレベルアップを常にともにやっている友達はいますか。それとも独りぼっちですか。友達とともに成長していくようにしましょう。

52)
 お母さんを大事にしていますか。お母さんを喜ばせるようなレベルアップの勉強をしていきましょう。お母さんとともに愛に帰る生活を楽しんでいきましょう。お父さんも、夫も、妻も忘れないように。そして、友達も。お互いに心の中にある喜びを大きく育てていくような学びをしていきましょう。

53) 常にレベルアップを。説法はいいんです。真実を、愛を伝えていきましょう。笑顔を忘れた老人に、独りぼっちの老人に「あなたは愛ですよ。みんなひとつですよ。」と伝えていきましょう。愛を引き出し育てていくように。そして、笑顔を取り戻すように。ともに、ともに真実の道を進む喜びを。
年寄りの最大のプレゼントは愛です。喜びです。温もりです。最後までともに、正しい瞑想を心掛けていきましょう。

54) ひとつとして愛を流していないものはありません。すべて愛。愛の波動を伝えています。だから、すべてのもの、人、現象から気付いてください。あなたの心の中に愛が今も眠っていることを。暗い思いはもういいんです。明るい心、本来の心の復活で、一歩一歩愛を確認、信じて最後まで生きていきましょう。人と楽しんで楽しんで、ありがとうで終わりにしましょう。

55) 万象万物はひとつ。愛です。ともに愛へ帰りましょう。あなたの人生も私の人生も、究極は同じです。同じが嫌ですか。でも同じです。苦しむのは止めにしましょう。人生は喜びです。温もりです。安らぎです。戦うのは人生ではありません。ともに、連れもって愛に帰る道が本道です。ひとつです。

56) 私は優しい人間になりたい。あなたの心の針は田池留吉にしっかりと向いていますか。あなたは、ある日突然、冷たい人間になりませんか。冷酷、無慈悲。
私は強い人間になりたい。あなたは、常に田池留吉を思い、ひとつになっていますか。あなたは、ある日突然、ポキっと折れたりしませんか。挫折、失意、自殺。
本当の優しさ、強さとは、もう分かっていますね。

57) 適当な言葉が見つかりません。肉の思いのない思いを純粋と申しておきます。純粋な方しか、田池留吉に自分の心の針を合わせることは難しいです。ただ単に、田池先生は大好き、偉大な方だと思っている、どこまでもついていきますというだけでは純粋と言えません。
自分の心の中に、少しでも神、仏、教祖を掴んでいる人は不純。田池留吉を知ることは、不可能に近いです。もちろん、聖者とか賢者とかも同じです。全く次元が違います。ホームページやセミナーや反省やメッセージとおっしゃっても、純粋でなければ、心の針は田池留吉に合いません。種水のレベルで言えば、10超ということになります。しかし、10超でもという思いもあります。しかしです。田池留吉は、あなたの心の中にも、私の心の中にも厳然として存在していると思っています。
田池留吉を見捨て去った、忘れ去った肉の思いでは、今世は、田池留吉を知ることは、とても難しいことだと思います。
私は、純粋に近い状態の時に、自分に伝わってくる思いには、ハイと従ってきました。決断と断行と全託できました。それが今日の私に私を変えてきました。だから、私は、私を、田池留吉を信じて、信じて今日まできました。来世は、250年後は、アルバートという肉体をいただき、純粋な多くの人々との出会いを得て、次元移行を完遂してまいる思いです。アルバート、田池留吉の世界をもっと、もっと分かっていくと思っています。
皆さん方も、一応、250年後の出会いと次元移行を目指して、日夜精進していきませんか。大変厳しいですが、喜び、喜びの道です。

58) 第1回目の手術が終わって、1週間が経ちました。その間に、色々のことを学ぶことができました。肉眼で。脳で。
みんな何も分かっていないことも。分からない今も、段々暗く独りぼっちで冷たく重苦しい世界で固まっていることも分からず、救いを求めています。現在、肉体を持っている人々も、もうとっくに離れてしまっている人々も、ただただ帰るところが分からず彷徨っています。
もう肉のことはどうでもよいのではないですか。高学歴、高収入、高級車、身を立て名を上げることも、どうでもよいのではないですか。自分の死に真向かいになって、どう生きるべきか。誠実に真剣に自分の生を見つめ直していきましょう。

59) イエスも仏陀も小さい、小さい。空海も親鸞、日蓮、法然といった歴史上に名を残している名僧、高僧と言われている人もみんな、小さい、小さい。
本来の姿はみんな、もっと、もっと大きい。愛、ひとつです。さあ、みんな離して、もっと、もっと大きくなっていきましょう。

60) 自分の心の針が田池留吉に向いているか。心の針が合っているか。迷ったときは、田池留吉を心からしっかりと呼び続けるようにしましょう。継続と積み重ねが大事です。あなたの心の何かが変わってきます。そのことを少しでも喜んでいくようにしましょう。あなたの心の中にある喜びが段々と大きくなってきますでしょう。
心のふるさとに帰っていきましょう。愛へ帰る喜び、愛を思う喜びを、今世、実感していきましょう。
それにしても、現在のあなたは甘過ぎませんか。偉過ぎませんか。意識の転回にこれ努めていきませんか。首を長く長くして待っています。決断と断行でいきましょう。

61) 心が外へ向いている時は、肉のことばかり。心を内へ向けるように心掛けましょう。だから、正しい瞑想。一にも、二にもと励んでください。頭脳では、真実は見えてきません。頭は程々に。心で感じて、己を知る日々を過ごすようにしましょう。。単純、明快、矛盾のない生活を。

62) 今世の学びの成果を来世の学びに繋げていってください。そして、300年後の次元移行に繋いでいってください。それまでに超大変な体験をなさると思いますが、心の針の向け先をしっかりとさせて、一歩一歩前へ前へ学んでいってください。人生とはそういうものです。あなたは意識です。愛です。よろしいでしょうか。

63) 愛の世界は人間の頭脳では、とてもとても計り知れないもの。まさに無限大、永遠、形はなし。何もない。しかし、すべてをと思えます。私は、これからもずっと信じて信じて、皆さん方とともに、ともに進んでいきたいと思っています。10超の段階でもという世界です。未来永劫に、永遠の今に正直に、存在していきたいと思っています。

64) 人間は、まだまだ甘い。まだまだ偉過ぎます。だから、肉の次元の幸せを、自分を誤魔化し、誤魔化しながら追い求めているのではないでしょうか。儚いことです。朝露の如し。真実の道へ軌道修正して、正道をひたすらに進んでいきませんか。自分を信じて生きていきましょう。自分をですよ。神や仏や金ではありませんよ。

65) あなたは、いや人間達は自分を小さくとらえています。意識です。肉ではありません。無限、永遠の存在。神、仏やといったものは小さい、小さい。
ホームページを読んでいますか。本を読んでいますか。正しい瞑想を実践していますか。この学びを自分の都合のよいように考えてやっていませんか。
種水の判定を必ず受けてください。独りよがりは禁物。私も判定に参加して、皆さんの努力に応えていきたいと思っています。勇気を出して、判定会に。有馬、橿原のセミナーでいっしょに学んでいきましょう。

66) 死後の世界、影も形もありません。もちろん、極楽、地獄といった空間、場所があるわけではありません。あるのは、自分の思いの世界だけ。ところで、死後、あなたにとって一番大事なことは何ですか。それは、田池留吉に自分の心の針を合わせ、田池留吉を思い続け、呼び続けることです。あとは?。
ところで、自分の肉の思いは明るいですか。暗いですか。それはどうしてでしょうか。素直で優しく喜んで、毎日を生きていきましょう。それには?。

67) 自己供養。自己を供養するとは、どういうことでしょうか。まず、死後の自分の世界を知ることです。その世界は、明るいか、暗いかをはっきりとさせることが大事です。では、暗い、冷たい、寂しい、重い世界はどんな世界、思いの世界でしょうか。肉の思い、肉を本物とする思いは暗いです。苦界です。
では、明るい世界、思いの世界とは、どんな世界、思いの世界でしょうか。自分が使ってきた、使っている思いをしっかり検証してください。でないと、正しい自己供養はできません。まず、自分の死後の世界を間違いなく知ることが、学びを進めていくうえで、大変重要なことです。

68) 学びに参加されている方で田池留吉はすごいと言う方は少なくありません。私自身もそう思っています。信じています。しかし、あなたもです。ひとつとも言っています。問題は内容です。その内容如何によっては、大変な違い、光と闇ほどの違いがあります。よく自分の心、思いを見てください。心の針は田池留吉に本当に向いているでしょうか。闇の田池留吉の声を聞いているのではないでしょうか。波動に偽りはありません。あなたの種水の判定はいかがでしょうか。

69) これからは、Sさんを中心にした輪が進化していきます。もちろん、Xさん、Yさん、Zさん、Pさん、Qさん、Rさん・・・の輪もできてくるでしょう。
そして、Sさんの輪に同化して、たとえば、Sさん、Xさん、Yさん・・・などが中心となって輪がさらに進化していくでしょう。
全く別の輪を大きくしていくもの、消えてなくなるもの、離れていくもの、色々の輪ができてくるでしょうが、しっかりと何が本物かを見極めていかないと、大変困ったことになるでしょう。常に自分の心の針が本当の田池留吉に向いているかどうか検証しながら、学びを進めていきましょう。

70) 己の頭脳や環境を誇る人は、意識の転回の内容をうまく説明ができても、本当に理解できているかというと、なかなか難しいようです。
己を肉とする思いや、五官でしか理解できないものしか分からないようです。一にも二にも正しい瞑想でしか、真実に到達する道はありません。そうです。1です。1ができているかどうかです。素直に真っ直ぐに心の向け先を管理してください。
意識の流れ
UTAブック
NPO法人UTAの輪